「出来婚はもう古い!」子供を産む年齢から逆算して人生設計を立てる女子大生たち

「え~先のことなんてわからなぁい♡今が楽しければそれでいいじゃん♡」
なーんて言いながらアヒル口に両手を添えている女子たち、とっても可愛いですね。

先日母親の前で「可愛い?ねえ可愛い?」と言いながらアヒル口をしたら、無言できゅうりを突っ込まれました。が、それは置いておいて……。

どうやら最近の女子たちが放っているその言葉、真に受けてはいけないようです……。

イマドキ女子たちに話を聞いてみると、

なんと彼女たちは素知らぬ顔をしながらも、結婚や出産などの様々な人生のタイミングなどを予め計算し、かなり綿密に自身の人生設計をしているようです。

というわけで今回は「人生設計女子」と題して、イマドキ女子たちが考えているリアルな人生設計、そしてそれを実際に実現させている女子たちを調査したいと思います!

「出来ちゃった結婚」なんてもう古いです♡子作りはちゃーんと逆算してます、私たち♡

b

イマドキの「人生設計女子」たちに話を聞くと、どうやら彼女たちに共通しているのは結婚のタイミングや子供を産むタイミング、更には家を建てる場所や環境に至るまで今後の人生設計をかなり綿密に設定しているということでした。

特に驚いたのが「子供を産む年齢」。恐らく大人の皆さまは私たち女子大生に対して「どうせ女子大生なんて何も考えないですぐに子供作って出来婚とかするんだろう」ぐらいに思っていることと思いますが(完全に偏見です、大人の皆さますみません)、イマドキの女子たちは産む子供の人数をきちんと計算し、そこから産める年齢を逆算し、最終的に結婚する年齢までをも早いうちから決めているのです!

そんな女子たちに話を聞いてみると、「最低でも2人は欲しいから25歳で1人、29歳で2人目を産むと決めている」(K大学3年・21歳)

「子供は26歳で産んで、2歳ぐらいから保育園に入れたいから育休制度がしっかりした会社を選びたい」(S大学4年・22歳)という答えが返ってきました。

花柄があしらわれたヒラヒラのワンピースに身を包み、揃いも揃って「パンケーキとワタシ♡」みたいな写真をインスタに上げて何も考えていないような顔をしている彼女たちも、実はかなりきちんとした人生設計をしているようです……。

子供を産んでも学べるぞ♡子育てしながら大学通ってます、私たち♡

c

そうは言ってもやはり結婚、子育ては大学を卒業して2~3年後、そこから寿退社……というのが「人生設計女子」たちから返ってきた多くの答えでした。ですが、「人生設計女子」の中にはなんと大学在学中に結婚・出産をしたという女子大生も!

しかも彼女たちはこの在学中の出産もきちんと計算し、自身の人生設計上のタイミングとして行っていたのです! 聞いてみると、「相手の男性がかなり年上なので産みたい子供の人数や子育てにかかる費用を考えるとこのタイミングかなって思って……」(T大学3年・22歳)

「自分の将来のことを考えると大学はきちんと通いたいし、でも両親のことを考えるとなるべく早く孫の顔を見せてあげなきゃと思って……」(D大学2年・22歳)という答えが返ってきました。

この記事を書きながら自分の卒業単位を計算し、絶望の淵に立たされている私とは違い、本当にきちんと自身の将来、そして自分のみならず周りのことも考えながら生きていることが分かります。

このように、イマドキの女子大生たちは、大人たちが考えている以上に将来のこと、自分のこと、そして家族のことを考え、そこから計算し「人生設計女子」として生きているようです。

先日この「人生設計女子」の話をしたところ、「子供を産むタイミングや結婚のタイミングを計算されると引く」という男性の意見を聞きましたが、うるうるとした瞳で上目使いをかまし、軽いボディタッチを繰り出しながら「あなたとの今が楽しいから先のことを考えるのが怖いの……っ!! 今がずーっと続けばいいのに……♡」なーんて言いながらもきちんと計算し、まるで何も考えていないようなフリをするのが上手な女の子ほどモテるような気がします。そして男性陣もきっと知らず知らずのうちにそういった女の子たちにハマっているような……。

そしてきっとそれも「人生設計女子」たちからしたら、自分の人生設計の一部なのかもしれませんね……。

(文:田中七海)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP