【2015夏イベントと節約トラベル術】デジタル花火、伝統踊り…夏休み計画はもう始動!

01

GWが終わったばかりではありますが、そうなると気になってくるのは夏休みの予定。
5月の連休は直前まで計画を立てられずにバタバタ、旅費も高くなってしまって、なんだか満喫しきれなかった……。なんて経験をした人もいるのではないでしょうか?
夏休みこそは早めの計画をたててリベンジしたいですよね。

スマートトラベルは「早期割引」で実現すべし!

「さまざまなサービスを利用して、賢く、自分らしく、お得に旅行をする」というのは“スマートトラベル”とも呼ばれ、2015年の旅行トレンドとして注目されています。
旅行といえば、やっぱり大きな出費になるのが“交通費”。
そこで賢い旅行術の1つとしては、“飛行機の早期予約”を活用することです。代表的なものだと、ANAの“旅割”があります。しかも、ANAは7、8月の運賃を値下げしたことを発表しました。これは夏休みの旅行を計画中の人には朗報ですね。

今から予約!旅割で行くおすすめ夏休みイベント

とはいえ、まだ夏休みまでは時間もあるし、いつにしようか決めにくい……。
そんな人は、もう日程が決まっているイベントから旅行を組み立てるのも1つの手。
そこで夏だからこそ体験できる、「日本全国のアツすぎるイベント」を3つ厳選してみました!

デジタル×花火のド迫力ショー!“北海道真駒内花火大会”

開催日
7月19日(日)

札幌市で開催される真駒内花火大会は、今年で5回目を迎える比較的新しいイベント。
ですが、花火だけでなく、音楽や照明をミックスしたド派手な演出で年々人気が高まっています。昨年はチケットを買えなかった多くのお客さんが、「一目見たい」と会場外まで集まったとか……!
昨年の様子を撮影した動画がYouTubeで多数アップされていますが、まさに北海道そのものと言えるような、圧巻のスケール感です。

(作成者:zzzhide99)

さらに今年はなんと、日本が誇るデジタル演出の第一人者である真鍋大度氏がオープニング演出に参加。テクノポップユニット『Perfume』の演出やプロモーションを手がけていることでも有名な真鍋氏がどんなショーを繰り広げるのか、花火ファンならずとも期待が高まります。
日本トップクラスの花火師が奇跡のコラボレーション花火を披露するという、全国初の試みも実施するとのことです。

交通費を浮かせてスマートトラベル!~東京⇒札幌~

旅割45を使うと・・・
東京⇒札幌 が
【11,500円~27,500円(6月1日~7月31日)】

※記載運賃は、5月13日(水)時点の旅割の運賃額です。

お得に行ってもっと味わいたい“北海道の+α”!

カラッと気持ちいい青空の下で、ビールと堪能する「ジンギスカン」

どこの居酒屋でもハイレベル!この時期に旬を迎える「ウニとイカ」

東京ドーム約4.6個分の百合畑……7月中旬が最も見頃「百合が原公園」

 

笑いと熱気の大パレード!宮崎の“日向ひょっとこ夏祭り”

02

開催日
7月31日(金) 前夜祭
8月1日 (土) 本祭り

“ひょっとこ”自体は全国各地に伝説があり、関連する祭りも様々な地域で行われていますが、中でも最も有名なのが宮崎県日向市のひょっとこ祭り。赤い着物に白いフンドシをつけ、様々なお面と手ぬぐいをかぶった2000人近い踊り手が、市内を練り歩く……という、なんともユーモア溢れる光景! 踊り手は宮崎県内に限らず北海道から鹿児島まで、日本全国から“ひょっとこ愛好家”が集まるそうです。毎年数万の観客が訪れる、笑いと熱気に包まれるイベントです。

旅割で行くと、どれだけお得?~東京⇒宮崎~

旅割45を使うと・・・
東京⇒宮崎が
【12,400円~24,900円 (6月1日~7月31日)】
【13,300円~26,500円 (8月1日~8月31日)】

※記載運賃は、5月13日(水)時点の旅割の運賃額です。

お得に行ってもっと味わいたい“宮崎の+α”!

プロ野球・巨人軍が必勝祈願でも訪れる、“鬼の洗濯岩”に囲まれた「青島神社」

海に浮かぶ「叶」の文字……宮崎屈指の恋愛パワースポット「願いが叶うクルスの海」

宮崎の夏の象徴といえばこれ! 濃厚な甘みが驚きの「完熟マンゴー」

 

今も昔も、みんなで踊って盛り上がれる!“沖縄全島エイサーまつり”

03

開催日
9月4日(金)、5日(土)、6日(日)

エイサーといえば、歌や囃子にのせて踊る沖縄や奄美大島の伝統芸能。各地から選抜された青年会などの団体が集結し、いまや沖縄の一大観光イベントとなっています。
近年ではエイサーの型を取り入れつつ、音楽はポップスを使用したり、衣装も独創的だったりと、現代的な“創作太鼓”のグループも増え、沖縄の夏を一層盛り上げています。
昨年はフィナーレにレーザーと打ち上げ花火を使った迫力のショーも人気でした。今年はどんなイベントが行われるのか、詳細が楽しみです。

旅割で行くと、どれだけお得?~東京⇒沖縄~

旅割75 を使うと・・・
東京⇒沖縄が
【13,400円~24,400円(9月1日~10月24日)】

※記載運賃は、5月13日(水)時点の旅割の運賃額です。

お得に行ってもっと味わいたい“沖縄の+α”!

亜熱帯の森を探険する「マングローブカヤック」

神秘的すぎて日本とは思えない……真栄田岬の「青の洞窟」

時間を忘れて力をチャージできる古のパワースポット「ガンガラーの谷」

ということで、今回はこの夏行っておきたい、「日本全国のアツすぎるイベント」をご紹介しました。
しかし人気のイベントがある日は、当然航空券も早く売り切れてしまいます。今のうちに予約するのが吉!
行く準備さえ整えてしまえば、きっと忘れられない最高の夏の思い出が手に入るはずです。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■取材協力/関連リンク
ANA/旅割 ANA国内線

今、あなたにオススメ
PAGE TOP