2015年、夏の女子大生が大量出没するスポットとは……

6月に入り、徐々に夏が近づいてきましたね! この季節、街にビーチにオフィスに学校……どんな場所でも華を添えてくれるのは、何を隠そう薄着の女子!
特に大学のキャンパスは、合法的に若い女子の薄着な私服を拝める天国ですよね。そんな健全ボーイズが憧れとする女子大生の心をギュッとつかむべく、今回はソーシャルトレンドニュース編集部きっての美人女子大生ライターAさん(22歳・私大4年)に「夏の女子大生事情」についてイロイロきいてみました!

美人女子大生に聞く!夏の女子大生出没スポット

――去年は女子大生の間でナイトプールが隠れ流行しましたが、今年もナイトプールは流行りそうですか?
「はい。今年も去年の流行の波は消えないと思います。関西ではじめて、ホテルニューオータニ大阪でもプールの夜営業もするみたいですし、より波及するのではないでしょうか」
――他にはどんなところに出かけたいですか?
「やっぱり夏は海とか花火とか……普段行けないところに行きたいですよね♡
女子はイベントが大好きなので♡やっぱり夏フェスとかカラーランで有名になったランイベントとか、解放的な気分で楽しみたいです!」

――みんな開放的な気分になりたいんですね。では、そんな女子たちを落とすには、どんなスポットに連れていくのがよいでしょうか?

「花火がよく見えるレストランに連れて行ってもらえたらテンション上がります! なかなか予約とれないところをさらっと取ってくれたりしたら、きゅんとしちゃいますね」

女子大生が公衆トイレで○○!夏フェス会場で起きた事件

――夏だから起きたエロいハプニングは何かありますか??

「去年、夏フェスのスタッフをやっていた時に、受付の近くに簡易トイレが設置してあったんです。でも、そこに来ていていた大学生〜大学院生くらいの男女二人のお客さんが公衆トイレに一緒に入っていく姿を、バイト仲間が目撃するという事件が起きました。臭くて一人でも入りたくない場所なのに……。さりげなく様子を伺っていたら中から……こ、このあとは私の口からは言えません!」

刺激的すぎる……! こんな乱れた行為とまでは行かなくとも、願わくは夏に女子大生と二人だけの思い出作りたい!

6月3日(水)13時からの、ソーシャルトレンドニュースのニコニコ生放送、霜田明寛の「オトナはわかってくれないね!」では、現役女子大生に、周囲で今年流行りそうなもの、女子が連れて行ってもらいたい場所、さらには本当にあった夏のエロい話などをさらに詳しく話してもらいます。

(スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードの上、こちらから)

【番組情報】

番組タイトル:
霜田明寛の「オトナはわかってくれないね!」

先取り予習!2015夏の女子大生の遊び事情
放送日時:2015年6月3日(水) 13:00~

【出演者プロフィール】
◯霜田明寛(しもだ あきひろ)
1985年生まれ。23歳で出版した『パンチラ見せれば通るわよっ! テレビ局就活の極意』が今でもマスコミ就活生の間でバイブルとなっている。その他にも、FRIDAYデジタルでのミスキャン連載やAOLニュースでの「美女友達を作ろう」連載など“日本で最も研究対象に近い”女子大生研究家としても活躍中。
執筆記事:『紙の月』でも魅せる!“池松壮亮型”文化系ヤリチンが増殖中

◯田中七海(たなか ななみ)
成城大学法学部4年。現在MC、被写体モデルとして活動中。
執筆記事:「朝エッチと夜エッチ」どっちが燃える?イマドキ女子大生が本音を暴露

◯小峰克彦
映画ライター。成蹊大学文学部現代社会学科出身。学生時代に『シネマインパクト』の三木聡監督のワークショップに役者として参加。また、山本政志監督『水の声を聞く』などの映画制作現場にスタッフとして加わる。その後、制作側から紹介側へと軸足を移し、ライターとして、映画紹介記事、インタビュー記事などを執筆している。今回は見た目が童貞っぽいという理由だけで出演が決まった。
執筆記事:調べてみたら5人に1人!急増中「セカンド処女」の実態とは

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■関連記事
女子大生が集まる“夜のプール”!人気のヒミツはSNSに載せるため?

 

 

今、あなたにオススメ
PAGE TOP