生活を豊かにするヒミツは○○時間の改善!今すぐ実践できる3つのコト

panasonic01

気づけば2015年も半分が経過……。
毎日の家事や仕事にいっぱいいっぱいで、日々を楽しむ時間もお財布の余裕もない! というのが、おそらく多くの女性たちが抱える本音でしょう。

節約もしつつ、1日1日を丁寧に。
今回はそんな生活を実現するために必要なこと、そしてそれをすぐに実践する方法について紹介したいと思います。

丁寧な暮らしをするために必要な3つのコト

【1】時間のゆとりを作る

例えばいつもより手の込んだ料理を作るためにも、こだわるための時間は必要です。

【2】家計のゆとりを作る

自分が満足できる空間はとても大切。オシャレなインテリアやアイテムを揃えるには、少しばかり家計にはゆとりが欲しいところ。

【3】心のゆとりを作る

丁寧な暮らしをする上で、ストレスは大敵。そもそもストレスを無くすための暮らし方なので、矛盾しているようですが、ストレスを溜めないように心掛ける必要があるのです。

ではこの3つを実現するために、今すぐできることを考えていきましょう。

改善すべき時間は「食器洗い」。年間約146万円の価値

まずは時間のゆとりを作ること。
そのために、世の女性たちが、特に負担だと感じている時間とは何なのでしょうか?

panasonic02

パナソニックが20~50代の女性70名に行った調査(※)によると、驚くべきことに「食器洗いに費やす時間は1年で約10日間」というデータが出ています。
また、「食器洗いを代わってもらえるとしたら、年間約146万円分の価値がある」とも。

10日間……時間に換算すると24時間×10日間=240時間!
これは自覚するとショッキングな数字ですね。
多くの女性が見直すべきは、「食器洗いの時間」と言えるのではないでしょうか。

1年で2万円以上の節約が実現

そして次に家計のゆとりを作ること。
節約方法には様々なものがありますが、どうせなら時間もお金も併せて節約できたらいいですよね。
例えば先ほどの調査を行ったパナソニックから発売されている、食洗機を使ってみるのはどうでしょうか。

食洗機というと、時間の節約はイメージしやすいですが、金銭面では贅沢品のようなイメージを持たれがちです。でも実は、手洗いよりも節水になり、ひいては節約にもなることを知っていますか?

どれくらいの節約になるの?

panasonic03

毎日2回使った場合、1年間でお風呂約170杯以上の節水になるのだとか。
水道代、ガス代などを計算すると、1年で約22,000円の節約になるというのだから、これは驚きですね!

時間とお金の余裕は、心の余裕へ連動する

そして最後に、心のゆとりを作ること。
丁寧な暮らしをするためにはこれが最も必要であり、そして最も実践するのが難しいかもしれません。なぜなら、心の余裕は、時間とお金の両方に余裕がなければ、なかなか生まれないものですよね。
ところが時間とお金に余裕が生まれると、毎日を“こなす”ことから、“味わう”ための選択ができるようになります。例えば読書の時間をとったり、習い事を始めたり。

panasonic04

そのことが心の余裕となり、そしてさらに生活を良くするための原動力となっていくはずです。

生活を豊かにするための投資を

ということで今回、丁寧な暮らしをするための方法として食洗機を紹介しました。もちろん購入費はかかりますが、長い目でみればこちらの方が節約になるうえ、時間の確保もできます。
1日1日を丁寧に。そんな暮らしを実現するためには、必要な初期投資なのではないでしょうか。
人生はまだまだ長いのですから、先のことを考えながら理想の暮らしを設計してみるのもいいかもしれませんね。

■提供/関連リンク
パナソニック株式会社/食器洗い機 食器乾燥器

※調査時期:2015年6月26日(金)~2015年7月5日(日)
20~50代 女性70名 (食器洗い乾燥機 NP-TR8を使用いただきアンケートに回答)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP