パンケーキ食べて、インスタに投稿してもモテない理由

「モテない」-女の子が自分自身のことを「モテない」と認めるのはなかなか難しいこと。私自身、自分が「モテない部類の人間である」と自覚しつつも、どうしても認めたくなくて20~25歳くらいまではもがき苦しみました。いくら時間とお金を費やしたのか。好きな人が色白好きだからってことだけで集めまくった美白美容液、「大人の女」を目指して買ったMiuMiuの靴、恋愛運を上げるために総取替えした下着たち…考えただけでも怖くなるくらい。結局、「モテる」という願いは叶いませんでしたが、かわりに「なんで自分がモテなかったのか」その原因が分かりました。

(1)SNS上で無理にリア充・キラキラ女子を装わない

モテる女の子たちがこぞって活用しているのがインスタグラム。彼女たちのインスタには充実した日々の写真がいっぱい投稿されています。

「今日はAカフェでBちゃんとランチ!太ると思いつつもパンケーキをシェアしちゃった!」

「カフェ」「パンケーキ」「シェア」…もうこれらのワードはモテる女の子たちが使わない日はないんじゃないかってくらい、よく見かけますね。じゃあ、自分も真似をしたら、リア充の仲間入りになれるのか。それは否です。ちょっとやそっと、リア充気取っているくらいだと、ナチュラルボーンリア充へは、到底なりきれません。絶対、装っていることがばれてしまいます。装っているからその分、パワーを使うんですよ。そうなるとどうなるか分かりますか?疲れるんです!どんなに頑張っても、ふとした瞬間に真顔になってしまう、目が死んでしまう…心からの笑顔を作っているのに、なんだか作り笑顔っぽい。こういうところから、バレていきます。(ちなみに私の写真を撮られるときの口角の不自然さは友人みんなが同意してくれます)
基本的に、モテる子は背伸びをしていない子。等身大の自分自身を受け入れて、毎日を楽しんでいる子です。なので、周りにあわせてリア充を装うためにカフェに行ったり、パンケーキ食べなくても良いんです。自分の好きなことを目一杯楽しんでいる方が魅力的なのです。

 

(2)ファッション誌を鵜呑みにしない。シンプルイズベストな場合も。

今年流行のタイトスカート、ボタニカル柄、ローファー…ファッション誌を開くと、「これがトレンド」「これがモテ子のコーデ」というように、型にはまったことが書いてあることが多いですよね。前述の通り、モテる秘訣は「自然体」。無理に流行に流されなくても良いんです。男性は、一部のオシャレ感度が高い人を除いては、女性の流行に対して疎い人がほとんど。そんな男性たちからしてみたら、「流行っている服」よりも「その人自身に似合っている服」を着ているほうが、よっぽど好感を得られます。
かつて、流行っているからとJILLSTUARTの丸襟Aライン、ギンガムチェックのワンピースをいそいそと着込んでデートへいったことがあります。
ちなみに私は、若干背が高く、肩幅ががっちりしている体型。顔立ちもどちらかというと男顔です。もう、ご想像の通りだと思うのですが、デート相手からは大大不評でした。忘れもしない…。大好きな彼は開口一番、「幼稚園児を目指しているの?」と、苦笑いしていました。

 

(3)自分に素直に!自分に対してポジティブになる

「自然体」でいるために一番重要なこと。それは「自分に対してポジティブ」でいることだと思います。自分自身にネガティブになってしまうと、無理に相手に合わせてしまったり、相手の反応が悪いと無駄に不安になってしまったり…。悪循環になってしまいますよね。コンプレックスを感じることは皆、誰でもあること。大切なのはそれにとらわれずに、チャームポイントにしてしまうことです。
どうしても自分に自信が持てない…。そんな人にオススメなのが毎日、小さな成功体験をつくること!一日、がんばったことやできるようになったことを、どんな些細なことでもいいので、自分の中でその体験を思い返すのが大切。その繰り返しが、自分自身に肯定的な気持ちへとつながっていきます。

 

無理にリア充のふりをしなくても、自分が持っている魅力を最大限伸ばしていくことが大切だと思います。当たり前の話ですが、自分が他の誰かの真似をしても、本人にはなりきれないのと同じように、他の誰かも、自分にはなれないのです。だから自分だけの魅力が絶対あるはずですし、それをわかってくれる彼氏も絶対、地球上のどこかにいるはず!

(文:松茸茉莉)

omiai

今、あなたにオススメ
PAGE TOP