ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
チェリーについて

園子温映画に9本出演! “個性派カメレオン俳優”深水元基インタビュー

園子温監督の最新作『映画 みんな!エスパーだよ!』でテレポーテーション能力を持つエスパー高校生、榎本洋介を演じた深水元基さん。
海外の映画作品から地上波のテレビドラマまで呼ばれ続けるイケメン個性派俳優だ。

そんな彼はなんと、園子温監督映画に出演するのは本作で9作目となる。
いままでは園作品でも『恋の罪』ではAV男優、『新宿スワン』ではスカウト会社の幹部など、ワルいイケメンを演じることが多かった。
今回は色気もカッコ良さもない、変態で童貞の高校生役。演技の幅がありすぎる深水さんに園子温監督の現場やこれまでのキャリアについて伺った。

園子温監督の現場はトリップ状態になる

――これまで『HAZARD』をはじめ、園子温監督作品に多く参加されている深水さんから見て、今回の現場は特殊だったりしましたか?

「女の人が異常にいっぱい出てきたりして、現場のシチュエーション的には特殊でした。でも現場の空気は昔からずっと変わらない、園監督の空気ですね」

――深水さんは色んな監督とお仕事をされていますが、その中でも、特に園さんとフィットするポイントがあったりしますか?

「やはり独特ですね。園さんの現場に入ると、トランス状態に入れるんです。
普通は段取りやって、テストがあって本番なんですけど、園さんはテストなしで、段取りやったらもう本番。ライブ感があるというか、撮るスピードが早いんですよね。
芝居をしている時は、ずっとワーって頭を動かしてるので、終わった後にはいつもボーっとしちゃいます。
振り返って「俺は今日1日なにやっていたんだろう……」っていうくらいのトランス状態になることが多くて、一種の快感かもしれないです。この快感を味わえる現場はなかなかないですね」

――本作で演じた変態とか、『新宿スワン』で演じた不良って、普通の人生を生きていたらなかなか自分がその立場にならなそうですよね。自分とかけ離れた役の場合はどのように役作りをされるんですか?

「素の自分と違うほうがやりやすいですね。
自分と異なるタイプのほうが、客観的に見られていると思います。
実際にそのタイプの人の、どういう行動が変に見えていたかを思い出して再現できるので」

fukami5

12年前の深水さんは根拠のない自信家だった!?

――実は当サイト、ソーシャルトレンドニュースは23歳をターゲットにしておりまして……。読者のために深水さんの23歳前後の時のお話を聞かせていただきたいです。

ちなみに12年前だと2003年なので、深水さん的には『タイガー&ドラゴン』の少し前くらいかと思います。
「そうですね。『タイガー&ドラゴン』が24、5だったので。役者デビューが20歳だったので3年目、4年目くらいですもんね」

――それはこのまま俳優業がうまくいくのではないかという展望ですか?

「うーん。何もわかってないのにわかっていると思いこんでいましたね。芝居にしても、人との接し方にしても。これをやれば間違いないだろうっていう根拠のない自信があったんですよね。役者としてもうまくいっているとは思わなかったですけど」

8

――どこかでその自信が崩された瞬間があったんですか?

「はい。その後いろんな人に出会ったことで、色々知っていったんですよね。
出来上がった作品を見直してみたりすると『ひでぇもんだな』って今ではやっぱり思います」

――具体的にどのタイミングで打ち砕かれたんですか?

「『クローズZERO』をやっている頃は特にひどかったなって思います。
打ち砕かれたのは徐々に……ですね。
自分の芝居が下手だということに気づいたんです。できていたつもりで、全然伝わってないことに焦りました」

――他人に言われるというよりは自分で気づかれたんですか?

「その時も人に注意されたとは思うんですけど。何も自分に入ってこなかったですね」

――その頃、将来のイメージとしてはこのまま役者を続けるおつもりだったんですか?

「はい。もう何も他のことは考えてなかったですね。ずっと目の前のことばかり考えてました。今もそうですけど。そこは変わらないですね」

――現在、なりたい俳優像があれば教えてください!

「なりたい姿を考えることはありますけど。今後どういう作品に出会えるか、どういう人に会えるかはわからないので決めていません。その時に必要とされる方向、求められている場所に行きたいですね」

まさにカメレオンのように、どんな背景にも染まる一方、芯となる強烈な個性で誰にも真似できない芝居を作りだす俳優・深水元基。
彼が演じる“いまだ誰も見たことがないキャラクター”が今後楽しみだ。

(文:小峰克彦)

10

■関連リンク
「映画 みんな!エスパーだよ!」
原作:若杉公徳「みんな!エスパーだよ!」(講談社『ヤンマガKCスペシャル』所載) 
監督:園子温『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』『新宿スワン』 
出演:染谷将太 池田エライザ 真野恵里菜 マキタスポーツ 深水元基 高橋メアリージュン 安田顕
配給:ギャガ  公式サイトURL:http://esper-movie.gaga.ne.jp/
©若杉公徳/講談社 ©2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

今、あなたにオススメ
ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
PAGE TOP