ジャニーズ屈指の演技派・岡田准一をエアー胴上げするという斜め上イベントが開催

hirapa01

ジャニーズの中でも、1、2を争う演技派俳優として評価されている岡田准一。
2014年はNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務め、その実力は女性ファンだけに留まらず、幅広い世代に知られることに。2015年1月には、ジャニーズ事務所初となる日本アカデミー賞の優秀主演男優賞と優秀助演男優賞を受賞し、2月に同賞の最優秀賞をダブル受賞するという、まさに名実ともにジャニーズ屈指の名俳優となったわけです。

一方で、今年は所属するV6のデビュー20周年に当たることから、グループとしての活動も盛ん。8月に放送された『24時間テレビ38 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)では、後輩のHey!Say!JUMPと共にメインパーソナリティーを務め、歌番組などでも目にする機会が増えている。

俳優とアイドル。その2つの顔の他にも、岡田准一にはもう1つ別の顔があることをご存じだろうか。その顔とは、「超ひらパー兄さん」のことである。

俳優、アイドル、そして「超ひらパー兄さん」

大阪府枚方市出身であることから、同市にある遊園地「ひらかたパーク」のイメージキャラクター「超ひらパー兄さん」に2013年4月より就任。その影響もあり、来園者は増加したが、さらなる高みを目指して、岡田は「園長」という肩書まで与えられた。
2015年3月1日までに年間来園者数が100万人に満たない場合、「超ひらパー兄さん」も「園長」も解任するという条件に対し、見事来場者100万人超えを達成するなど、何気にかなり精力的に「ひらかたパーク」をPRしているのだ。

そんな岡田准一が、故郷・枚方市を巣立ってちょうど20年になることを記念し、『まさかここでやるとは思ってなかったけど、この際、まあいっか展』を開催することが発表された。
岡田准一が枚方を巣立ってからこれまでの20年間の軌跡を辿る年表や写真、超ひらパー兄さんのトレードマークとも言える枚方パーカー衣装。メディアでも話題となった園長の延長コード衣装などが展示されるとのこと。
9月17日(木)からは新グラフィックと新CMも公開。新CMは、2014年にひらかたパークを念願の年間来園者100万人達成へと導いた岡田園長への感謝の気持ちを込め、「超ひらパー兄さん」に就任してからの2年4カ月を振り返る内容となっているという。

岡田准一(本人はいないけど)胴上げという斜め上イベント

そしてこのイベントの目玉とも言える企画が、「エアー胴上げフォトスポット」。「超ひらパー兄さんを胴上げしている風」の写真撮影ができるのだ。さすが関西を代表するテーマパーク……斜め上を行く発想である。
『まさかここでやるとは思ってなかったけど、この際、まあいっか展』は、9月19日(土)~11月29日(日)(※期間中、休園日あり)まで、ひらかたパーク 正面ゲート前特設会場にて、入場無料で開催される。
岡田准一のファンはもちろん、関西に立ち寄る機会のある人であれば、「岡田准一さんが枚方を巣立って20年記念」を祝いに、エアー胴上げを体験してみてはいかがだろうか。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP