インスタグラムで積極営業「#サロモ」でモデルになりたがる女たち

世の「オシャレ番長」たちがその番長度合いを示す場として名高いInstagram。
ハッシュタグ一つで世界中のオシャレさんたちと繋がれるインスタは非常に便利!
ただ最近インスタをやっていると、ふと気になる文字が。
それは「#サロモ」の文字。(サロモ:サロンモデルの略称。美容院等の宣伝用のカットモデルのこと)
HOT PE○PER BEAUTYの1ページかのような写真に「#サロモ」のハッシュタグ。
以前から「被写体モデル」(プロのモデルではなく、アマチュアカメラマンの練習台として活動する一般女子たち)「悪徳カメラマン」について調査をしている筆者。これは何やら調査し甲斐がありそうな予感……。

ということで今回は、インスタグラムで急増している「#サロモ」について調査したいと思います!

そもそも「サロモ」って……?

「サロモ」とは、「美容院等のカットモデル」をしている女の子のこと。最近では、雑誌等に載っている一般人モデルの「読モ」よりも、この「サロモ」の方が手軽になれて、かつ、無料でオシャレにしてもらえるということで人気なようです。

インスタグラムは“営業の場”!?


次に、実際にインスタ内で「#サロモ」を行っている女子たちに「なぜインスタで『#サロモ』を行っているのか」について話を聞いてみると……。

「インスタは一種の『写真集』みたいなもので、サロモをやったときの写真も『作品』として載せています。あとは、そのサロンの宣伝にもなるかなって♡ 私の写真からお客さんが増えれば嬉しいし、またお仕事を貰えるかもしれないので載せています」(F大学2年・20歳)

「サロモを探している美容師さんって結構いるんですよ。Twitterでも探している人はいるんですけど、なんだか胡散臭くて……。インスタの方がオシャレさんが多いし、美容師さんも信頼できるかなってことで、『#サロモ』を載せてお仕事がもらえるように営業しています♪」(C大学4年・22歳)

「Twitterにサロモの写真を載せるのってちょっと恥ずかしいんです。地元の友達とも繋がっているし……。でもインスタは『写真を載せる場』だからその恥ずかしさも拭えるし、Twitterで繋がっていればインスタでは見て欲しくない子とは繋がらなければいいので楽です。だからインスタで美容師さんを探すようにしています」(A大学4年・22歳)

どうやら「#サロモ」と投稿している彼女たちは、インスタグラムを「営業の場」として使っているようです……。
確かに「世界中のオシャレ番長」と繋がれるインスタグラムだからこそ出来る技かもしれませんね……。

営業するなら「Twitter<インスタグラム」

彼女たちの話を聞きながら更に気付いたのは、「Twitterよりもインスタグラムの方が信頼が出来ると判断している」ということ。

正直インスタ初心者の筆者にはあまり共感出来ない話なのですが、確かにTwitterに比べてインスタグラムの方がオシャレな感じがするし、サロンモデルを探している美容師さんも、Twitterで繋がるよりもインスタで繋がった人の方がオシャレに仕上げてくれそうですよね(笑)。

ただ、中にはこんな意見も……。

「インスタの方がオシャレで若い人が多いイメージ。でも、Twitterと違ってリプとかリツイートとか普段の感じが見えにくいので、その人が本当はどんな人なのかっていう部分が分かりにくいなとは思います。知らない人と関わる訳だからある程度その人がどんな人なのかは知っておきたいので、インスタで繋がった人でもTwitterを聞いたりして判断するようにしています」(H大学4年・22歳)

なるほど。確かにインスタはオシャレには特化していますが、その分その「人となり」が見えにくいですよね。

こうして見るに、イマドキのインスタ事情は、「ただ写真を載せる場」としての機能の他に「その写真を見て自分を撮ってくれるカメラマン(美容師さん)を探す営業の場」としての機能も果たしているようです。

ですが、そんな彼女たちを見ていて思ってしまいました。
あと数年後には嫌でも社会に出て働かなくてはいけないのに……。
働く前から営業だなんて……。
ESに「学生時代サロモとしてインスタで営業していたので、営業力には自信があります!」等と書ける日も近いかもしれませんね……。

(文:田中七海)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP