映画『恋のときめき乱気流』ヒロインに学べ!男子ひとめぼれの「ワンピーススタイル」

5月イラスト柴崎マイ

映画の中のヒロインには、恋のお手本になるコツがいっぱい♥

今回は、「恋のときめき乱気流」のヒロインで、リュディビーヌ・サニエ演じる「ジュリー」から、キュートな「愛されファッション」のコーデやモテポイントをお届けします!

アーティストのジュリーはニューヨークで彫刻の個展を終え、パリに帰国する飛行機の中で、なんと「元カレ」と隣の席に。そこから、3年前のパリでの2人の恋愛シーンの数々が、飛行機の中で回想されていくという展開になっています。

このラブコメディの中で、繰り広げられるジュリーのファッションが、まさに「王道愛されファッション」なのです!

一目惚れされるシーンでは、清楚なミニ丈ワンピ、2人が恋に落ちることになるルーブル美術館内でのランチの時は、リトルブラックドレス。お家デートでは太ももスレスレのミニ丈ビッグニット、夜のジャズコンサートデートでは真っ赤なドレス・・・といった具合に。

 

王道とは言え、さすがパリが舞台の映画、おしゃれで小粋な着こなし。日本人の私たちにも似合う、真似したい要素たっぷりのスタイル満載なのです。

ヘアスタイルも、飛行機の中で再会してしまった最初の時は、きちんとまとめあげたアップスタイルだったのが、元カレとなんだかんだと言い合いをしていくうち、打ち解けていく度合いと共にまとめ髪がほどけていく・・・というニクい演出です。

「元カレ」はいつも大勢のガールフレンドに囲まれてきたモテ男子。そして現在のジュリーのフィアンセは、元カレとは対照的の、真面目で優しくて誠実なカレ。パリに着くまでにジュリーと元カレとフィアンセの関係はどう変わっていくのか?

おしゃれな愛されファッションをして、恋するためにお出かけしたくなる映画です♥

 

今、あなたにオススメ
PAGE TOP