カルト的人気漫画の実写映画化、鍵となる「心を持つ機械」役に杉田智和は納得の配役

litchi05

漫画家・古屋兎丸による、カルト的人気を誇るロングセラーコミック『ライチ☆光クラブ』が満を持しての映画化。主演には野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗といった人気急上昇中の若手注目俳優が並ぶ。
そしてこのたび、少年たちが作り上げた機械“ライチ”のビジュアルが初公開され、その声を人気声優の杉田智和が務めることがわかった。

若手の美形俳優陣が揃いぶみ

litchi02

光クラブの創設者であり、リーダーの“タミヤ”を演じるのは、フジテレビ系・前クール月9ドラマ『恋仲』での演技が高評価を受け、今後も実写版『ちはやふる』などの公開が控える2015年ブレイク俳優・野村周平。

圧倒的カリスマ性で少年たちを独裁的に支配する“ゼラ”役は、フジテレビ系ドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』の入江直樹役で一気に注目を集め、日本だけでなくアジア圏に絶大な人気を誇る古川雄輝が務める。
“ゼラ”に心酔するあまり、ミステリアスで狂気じみた行動をとる“ジャイボ”役は、モデルとしても活動する間宮祥太朗が。

litchi04

そして“絶対的美少女”として少年たちから崇められる“カノン”役には、ポカリスエットのCMで話題になった中条あやみが抜擢された。

物語の鍵を握る難役にトップ声優・杉田智和が挑戦

これだけでも充分興味深いキャスティングだが、もう1人、キーとなる重要なキャラクターのキャストは判明していなかった。そう、9人の少年たちが「大人のいない世界」のため作り上げた、思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”だ。

litchi00

“ライチ”に関しては、実写化が決まってから最も再現が難しいのではないだろうかと懸念していた。ロボットと言っても、現代のそれとは少し違う。どこかアナログな雰囲気をまといながらも、洗練されたビジュアルでなければならない。声に関しても、「機械らしい無機質さ」と「人間のように思考する深み」を両立しなければならない。
“ライチ”の再現がチープになってしまえば、映画全体の評価に関わってしまう。それほど超重要なポジションだ。

“声”で命を吹きこんだトップ声優・杉田智和

そんな難しい役どころを、“声”で表現するのは、杉田智和。アニメに関心のある人間であれば、その名を知らない人はいないという程の有名声優だ。アニメ『銀魂』(TX)の坂田銀時役、『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役などで知られる。その実力はすでに認められているところではあるが、今回の“ライチ”についても「微妙なニュアンスに完璧に応えてくれた」と監督に評されている。
機械である“ライチ”の微妙な心の変化が物語の鍵になることは間違いないので、ぜひとも注目したい。

完璧な“ビジュアル”を再現した天才造形家・百武朋

そして“ビジュアル”の再現を担当したのは、特殊メイク、特殊造形、キャラクターデザイナーの百武朋。主な参加作品に、『CASSHERN』(04)、『20世紀少年』三部作(08-09/ともだちマスク制作)、『寄生獣』二部作(14、15/キャラクターデザイン)、樋口真嗣監督『進撃の巨人』二部作(15/特殊メイク)などがある。
百武の起用について、原作者の古屋兎丸は下記のようにコメントを寄せている。
「天才造形家、百武朋さんは映画化が決まる前からライチを作りたいと立候補してくださっていて、今回の企画がスタートしてからは情熱を込めて製作に打ち込んでくれました。
こんなにも機械の冷たさと人間味を併せ持つライチは彼じゃなければ作れなかったと思います」

“ライチ”は少年たちの願望を具現化した存在であり、可愛いらしい一面をもちながら、恐怖の対象であり、愛憎の対象でもある。中条あやみの演じる“カノン”との甘く切ない恋のようなやりとりにも期待したい。
『ライチ☆光クラブ』は、2016年2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー。

litchi01

主演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音
監督:内藤瑛亮
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮
原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)
配給・宣伝:日活  制作:マーブルフィルム
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
公式HP: www.litchi-movie.com

(文:佐藤由紀奈)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP