Twitterで大人気、あの「猫漫画」がついに書籍化!猫の愛らしさはやっぱり異常

「『このマンガがすごい!』大賞」、「全国書店員が選んだおすすめコミック」など、毎年数多くのマンガ賞が発表されている。これを参考に購入するという経験をした人は多いだろう。
その中に、情報誌『ダ・ヴィンチ』とniconicoが昨年から開催している「次にくるマンガ大賞」もある。そしてこのたび、第1回「本にして欲しいWEBマンガ部門」で第2位を受賞した『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』が10月31日(土)に発売されることになった。

Twitterで今、一番熱い視線をあびる「猫漫画」がついに書籍化!

sub1

『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』は、著者の鴻池さんが自身の漫画日記サイト「ウッドブック」やTwitterで公開した作品から、猫のぽんたに関するものを集めたコミックエッセイ。Twitter上でぽんた関連漫画の平均リツイート数が1万を超えるなど、気まぐれな猫・ぽんたに振り回される日常が猫好きを中心に共感を呼び、人気を博している。

“ぽんた”の幼少期エピソードも描き下ろし初公開!

そして今回、WEBには公開されていない、ぽんたを飼い始めた頃の描き下ろしエピソードを50ページ追加し、待望の単行本化されることとなった。

sub2

自由きままな猫のぽんたと、そいつに振り回されっぱなしの作者・剛が日夜、繰り広げる狂騒劇。
発売に先駆けて、マンガの中身が少しだけ公開されている。

sub3

sub4

アニメイト、Amazon、COMIC ZIN、三省堂書店、TSUTAYAブックス、有隣堂で購入すると、特典として先着でポストカードやコメントペーパーが付くそうだ。

当ソーシャルトレンドニュース編集部も猫好きのメンバーが多く、中には以前よりこの作品を愛読していた者も。日々SNSを見ていても、かわいらしい猫の画像や動画がシェアされていることが頻繁にある。猫というのは、なぜこんなにもわたしたちを虜にしてしまうのか……。犬ほど懐いてくれないし、お気に入りのクッションをボロボロにされるなんてことも日常茶飯事。それでもどうしても憎めない! 同じく猫を飼っている人なら「わかる~!」と大きく頷くことばかりだし、猫を飼っていない人が読めば「飼いたい、飼いたい、飼いたい!!」と、強い欲求に駆られてしまうこと必至。
キュウっと心の中を鷲掴みにされるような、そんな癒やしを欲している人にオススメの作品だ。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』
著:鴻池剛
発売日:2015年10月31日
定価:本体1,000円+税
発行:株式会社KADOKAWA
ISBN:9784047305434

今、あなたにオススメ
PAGE TOP