「めんどくさいから殺していい?」森田剛主演『ヒメアノ~ル』過激すぎてR15指定!

himeanole

『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』の人気漫画家・古谷実のベストセラーコミック『ヒメアノ〜ル』が映画化される。主演を務めるのは、本作が映画初主演となる森田剛。監督は、『銀の匙 Silver Spoon』で知られる吉田恵輔という布陣だ。他にも濱田岳、佐津川愛美らが出演者として脇を固める。そこに幅広い演技でジャンルを問わず活動し、実績も持つ、ムロツヨシの追加キャストも発表された。
「めんどくさいから殺していい?」という衝撃的なコピーが付く本作。このたび【R15+】指定映画となることが発表され、過激と思われるその内容に、俄然注目が高まる。また、公開日が2016年5月28日であることも決定した。

森田剛・初主演映画で凶悪殺人犯の難役をこなす

原作は、世の不条理、屈折した感情、恋愛、友情、ポップなギャグなど、古谷実作品が持つ独特な要素を含みながら、過激な内容にファンのあいだでも物議を醸し、実写化不可能と言われた問題作かつ伝説的コミック。
主演の森田剛は、映画初主演にして凶悪な連続殺人犯という難役を演じる。とはいえ、舞台『鉈切り丸』で悪事の限りをつくす悲劇の悪漢を演じるなど、すでに名だたる名演出家たちの舞台作品で、質の高いハードな芝居を重ねてきている。そうして演技の幅を広げてきた森田が、コミカルな日常と、無機質な狂気が交錯する本作の中でも、圧倒的な表現力で躍動。凶悪殺人犯・森田正一の逡巡なき暴力描写をリアルに演じきったと評判だ。

緊迫の99分に耐えられない者も続出?

【R15+】指定作品となることが決定した本作は、挑戦的な映像表現が故に、先んじて行われた関係者試写では、途中退席者がでるほどだったという。吉田恵輔監督の前作『銀の匙』は農業高校の青春をユーモラスに描いた作品だっただけに、本作はまさに新境地と言えそうだ。

物語は、ビルの清掃会社でパートタイマーとして働く岡田と、同僚の安藤の恋愛に悩むありふれた日常を描きつつ、のちに岡田の恋人となるユカをつけ狙う、連続殺人犯(森田剛)の止まらない凶行とその心の闇が同時進行で描かれる。
平凡な男・岡田進に、実力派俳優の筆頭・濱田岳。森田演じる“森田正一”に狙われるヒロイン・ユカを佐津川愛美が演じる。そして岡田の同僚で、ユカに恋心を抱く一途な男・安藤勇次をムロツヨシが演じることが発表された。芸達者なムロツヨシが演じる、童貞でキケンな男……これはぜひとも注目したい。

『ヒメアノ~ル』は、2016年5月28日よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国公開。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

【『ヒメアノ~ル』作品概要】
出演/森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ 駒木根隆介 山田真歩 大竹まこと
原作:古谷実『ヒメアノ~ル』(ヤングマガジンKC所載) 
監督・脚本:吉田恵輔 音楽:野村卓史
製作:日活 ハピネット ジェイ・ストーム  
制作プロダクション:ジャンゴフィルム  
配給:日活  

今、あなたにオススメ
PAGE TOP