女性の50%以上が悩まされる謎のイライラ……原因と対処法 知るだけで変わる未来

prefemin01

毎月訪れる、「わたしらしくない瞬間」。
とにかくイライラしてしょうがない。いくら寝ても眠くてダルい。肌荒れやにきびが気になる……などなど。
女性であれば、毎月何かしら原因不明の不調に悩ませられているのではないでしょうか。

筆者もそうです。いくら食べても食欲が止まらない時期が定期的に訪れ、悩んでいました。それが「PMS」の症状だと知ったのは、つい最近のこと。
そしてこの症状が、意外と世の中に知られていないという事実。もしくは知っていても対処法がわからない、という女性が多いようです。

そこで、PMSとは何なのか? それを知り、改善することで、快適な「自分らしい」生活が送れるようになるということを紹介したいと思います。

女性の50%以上が毎月悩まされる「PMS」って?

PMSとは、月経前症候群のことです。月経(生理)の3〜10日位前から起こるキモチやカラダの不調で、月経(生理)が来ると症状が弱まり、やがて消えていきます。

ゼリア新薬工業株式会社が行った調査によると、「月経前に“イライラ”を感じる人」は全体の51.3%にものぼるのです。

prefemin04

(ゼリア新薬工業株式会社「PMSと人間関係に関する意識調査」より)

さらに「月経前にパートナーとのケンカが増える人」は、なんと約6割! 中にはそれが原因で破局に至った人もいるそう。しかも、多くの女性がそのイライラは本意ではなく、後々自己嫌悪に陥ってしまうというのです。
人によっても、その月によっても大きく違いがあるようですが、PMSの不快な症状は、なんと200種類以上とも言われています。

全ての女性に見てほしい!「自分のせいじゃない」と教えてくれる動画

ところがこれだけ多くの女性が毎月悩まされているのにも関わらず、PMSはまだまだ認知度が低いのが現状。
そこで、PMSに悩む女性が多いということ。そしてそれは決して自分のせいではないということ。それをきちんと理解することが、毎日を自分らしく過ごすためには必要だということ。そんなことを教えてくれる、全ての女性に見てほしい動画を紹介します。

こちらはゼリア新薬工業株式会社がPMSを広く知らせるために制作した動画です。

情緒不安定。眠い。八つ当たり。
PMSを知らなければ、周りからは「そんなの自分でコントロールしてよ」と思われてしまいますし、自分でも「わたしが悪いんだ」と追い詰めてしまうことでしょう。でもこれは、女性であれば仕方のないことなんです。それを肯定されるだけでも、心はスッと軽くなるはず。
この動画は女性にはもちろん、PMSを知らない男性にも見てほしいと、切に願います。

PMSには治療薬がある

PMSと上手く付き合う上で大切なのは、まずはそれを知ること。その次に症状を緩和するためには、日本で唯一のPMS治療薬『プレフェミン®』が、薬剤師のいる薬局で購入することができます。

prefemin02

プレフェミン®は、西洋では伝統的に婦人科疾患の治療に使用されている西洋ハーブ「チェストベリー」を有効成分としたPMS治療薬。

prefemin03

国内における臨床試験においては、プレフェミン®の継続服用で約90%の女性の症状の緩和が確認されています。(症状の緩和=症状の程度が50%以上軽減)

我慢よりも改善を この先の自分のために

PMSの認知度の低さは問題ですが、自覚している女性でも「特に何も対処していない」という人が大多数のようです。
「つらいけど、我慢してればそのうち消える。だから耐えよう」。その気持ちもよくわかります。
でもこれからまだまだ何年、何十年も付き合っていかなければならない「月経」と「PMS」。どうせなら我慢するのではなく、少しでも症状を改善するために工夫してみたほうが、間違いなく幸せな未来へ繋がるはずです。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
ゼリア新薬工業株式会社/PMS治療薬 プレフェミン®

今、あなたにオススメ
PAGE TOP