映画『ちはやふる』公開日決定!末次由紀描き下ろし3ショットが切なくて泣ける

chihayafuru01

広瀬すず主演で二部作連続公開されることが決まっている映画『ちはやふる』の公開日がこのたび決定した。
『ちはやふる -上の句-』が2016年3月19日(土)に公開、『ちはやふる -下の句-』が2016年4月29日(金・祝)に公開となる。

また、12月12日(土)より全国の映画館で、本作の劇場前売券が発売開始。映画館で前売券を買うと、全国合計2万名限定に、映画館限定A4クリアファイルがプレゼントされるという。映画館でしか手に入らない貴重な一品だ。

原作ではありえない3ショットにファン歓喜

このクリアファイルのために、原作者・末次由紀先生が描き下ろしたイラスト。千早がポップコーンを、太一がドリンクを、新が映画のチラシを手にしている。

この3ショット、原作を読んでいるファンならば、胸にじんとくるものがあるのではないだろうか。“ありえない”シーンだからだ。なぜ“ありえない”のか、詳しくは発売中の原作コミックで確認いただければと思うが、下記の相関図を見てもわかるように、高校生になった三人は、いわゆる“三角関係”なのだ。

chihayafuru02

新は千早が好きで、太一も千早が好き。当の千早は、子どもの頃から新を尊敬し、新を目指してかるたを始めた。しかし太一は、高校生になった千早とかるた部を作り、仲間として日々支えてくれた。どちらも大切だけれど……というまさしく典型的な三角関係。
原作ではちょうど、その関係のバランスに変化が訪れ、千早に「恋愛」の決断が迫られてきているタイミングでもある。
そんな状況なだけに、この3人の映画館ショットは……ありえない! ありえないけれど、見られて嬉しい! そんな気持ちを抱くファンは多いのではないだろうか。

映画では、広瀬すず、野村周平、真剣佑がそれぞれ演じる、千早と太一と新の甘酸っぱい恋模様にも注目したい。

まだまだあるぞ!映画『ちはやふる』の期待ポイント

メインキャストの3人はもちろんだが、周りのキャストにも大きな期待が持てる。
まずは最強のかるたクイーン・若宮詩暢役を演じる、松岡茉優。

matsuoka

最近はバラエティ番組でもひっぱりだこな彼女。弱冠20歳ではあるのだが、喋りや振舞いは妙におばさんくさい。だがそこが、とても愛嬌を感じられていい。見ていて「おもしろそうな人」という印象を受けるのだ。
若宮詩暢というキャラクターも、少し近い要素がある。童顔なのにおばさんくさい松岡さんだが、詩暢はざっくり表すなら「美しく大人っぽい見た目に反して、子どもっぽいところがある変人」といったところだろうか。そんな詩暢が持つ迫力や違和感を、松岡さんがどう演じるか楽しみである。

もう1人、須藤暁人を演じる清水尋也にも注目だ。

shimizu

「須藤のSはドSのS」と言われるほどで、常に目が開いていないような笑顔で、相手をいたぶる。しかし場合によっては千早にアドバイスすることもあり、千早たちの2つ年上ということもあってか、妙に魅力のあるキャラクターなのだ。演じる清水尋也にも、不思議な色気を感じることがある。まだ16歳と若いが、野村周平(22歳)や真剣佑(19歳)らを凌駕するような“上から目線”が見られるのを期待している。

映画『ちはやふる -上の句-』は2016年3月19日(土)、『ちはやふる -下の句-』は2016年4月29日(金・祝)に二部作連続公開予定。

『ちはやふる -上の句・下の句-』
原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
監督・脚本:小泉徳宏
音楽:横山克
出演:広瀬すず 野村周平 真剣佑
上白石萌音 矢本悠馬 森永悠希 清水尋也/松岡茉優
松田美由紀 國村隼
©2016映画「ちはやふる」製作委員会  ©末次由紀/講談社

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP