彼氏へのプレゼントを男友達と選ぶ女子ってなんなの!?現役男子大学生がモノ申す

この時期になると、どこへ行っても枕詞の如く「クリスマスどう過ごすの?」と問われる。

「それしか話題がないんだろうか」と少々うんざり気味ではあるが、もっとうんざりするのは
「彼氏へのクリスマスプレゼントに何あげたらいいか分かんなくて、だから買い物に付き合って欲しい」と頼んでくる女子だ。

はあい?はあああああいぃ!?

待て待て待て。何故僕が君の彼ぴっぴへのクリスマスプレゼントを選ばなければならないんだ。少しはその甘々なスイーツ脳で考えを巡らせることはできないのだろうか。
断言する。

彼氏へのプレゼントを男友達と買いに行こうとする女子は、無責任で無自覚な自己中女だ!
言い過ぎだとお考えだろうか。「お前そのくらい協力してあげろよ。器もチ○コも小せぇなファ○キンヘル!!」と、お考えだろうか。

しかし僕は、人並みには思いやりの精神を持って生きているつもりだ。だからこそだ。だからこそ彼氏へのプレゼントを男友達と選ぼうとする女子をここに糾弾させていただきたい!!

以下、僕がここまで感情的になる3つの理由を説明したいと思う。

1. プレゼントを受け取る彼氏の気持ちを考えていない

“彼女が一人で考え抜いて自分に似合うと思ってプレゼントしてくれた5000円のマフラー”。
“彼女の男友達が一緒に買いに行ってチョイスした20000円の腕時計”。
一体どちらが嬉しいだろうか―――。

それは、絶対的に前者なんだ。

後者の“プレゼント”には男友達の考えと気持ちが混じってしまっていることは言うまでもない。他の男が背後にチラついているプレゼントを、愛する人からの贈り物と純粋に受け止めることができようか!
否、できるわけがない。“是、既にプレゼントに非ず”、だ。

プレゼントってのは、贈り手の分身なんだ。他の男が選んだらその男の分身を受け取ることになっちゃうじゃないか。キモイわ!

彼女が自分の考えや思いの結果、選択したモノだから価値を持つんだ。だから「男の人って何が欲しいのか分からない」とかいう理由で他の男と一緒に買いに行くな! 選ばせるな! 彼女が恋人である彼氏のことをどういう風に見ていて、どういう風に考えてくれているのかが知りたいんだ!!

本当に受け取りたいのは彼女の気持ちそのものなんだよっ!!!

2. 選ばされる側の男友達の気持ちを考えていない

視野を広げるために男友達にアドバイスを求めるくらいなら全然構わない。ここで指しているのは、彼氏へのプレゼント選びの買い物を他の男友達と一緒にする女子だ。その買い物に付き合わされている男友達の方からすれば、知らない男へのプレゼントを恋人という立場で選んでいることに他ならない。ましてや相手側の彼氏はそれを彼女が選んでくれたプレゼントだと思って喜ぶだろう。

複雑だわ! 負い目すら感じるわ!!

あと、そのプレゼント選びの最中に女がちょいちょい彼氏との思い出話とか始めちゃうのなんなんだ。反応に困る!
男っていうのはそもそも他人の恋愛話になんかさほど興味ないんだ。つまりのっけからプレゼント選びなんて乗り気じゃないんだ。それなのに追い打ちかけるようなことするな! 死んじゃうぞ!!

3. プレゼントを渡す彼女としての気持ちを考えていない

くどいようだが、プレゼントというモノは贈り手の分身だ。贈り手が受け手のことをどう考え、どう見ているかの表れなんだ。本来そこに世間一般の男の物欲など介在する余地なんてない。

だから彼氏が欲しいものをピンポイントでプレゼントすることに執着しなくてもいいんだ。恋人として、彼氏に身につけて欲しいモノ、使って欲しいものを選んで渡せばいいだけなんだ。

“自分の選んだプレゼントが喜ばれなかったらどうしよう”という不安がある故に、“男が選んだのだから間違いないという自信と確証を得たい”と考える気持ちは分かる。すごく分かる。
しかしそれは、贈り手として、彼女としての自覚と責任を放棄してしまってはいないか!? 喜ばれなかった時の保険として、逃げ道として、他人を利用してはいないか!?

彼氏は数多いる女性の中から彼女を選んでいるんだ。もしその彼女が本気で選んだものにケチをつけるなら、その男の方がクz……。
おっとここで僕の退勤時間が来てしまった。

この続きは12月7日(月)18:30からの、ソーシャルトレンドニュースのニコニコ生放送『霜田明寛の「オトナはわかってくれないね!」』で!

今回の放送では“女子から彼氏のプレゼントを頼まれがち”な今どきの大学生ライターと、“思春期にモテなすぎたために、大人になっても人格が歪んでいる”ソーシャルトレンドニュース編集部員が登場。ミスキャン評論家でありながら“女子大生の手のひらでに転がされがち”な霜田編集長の男子3名で「思わせぶりな女子に苦しめられた」エピソードも交えつつ「正しい恋人へのプレゼントの選び方」を徹底討論! こうご期待!

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

(スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードの上、こちらから)

【番組情報】
番組タイトル:霜田明寛の「オトナはわかってくれないね!」
彼氏へのプレゼントを男友達と選ぶ女子ってなんなの!?現役男子大学生がモノ申す
放送日時:12月7日(月)18:30~

【出演者プロフィール】
◯霜田明寛(しもだ あきひろ)
1985年生まれ。23歳で出版した『パンチラ見せれば通るわよっ! テレビ局就活の極意』が今でもマスコミ就活生の間でバイブルとなっている。その他にも、FRIDAYデジタルでのミスキャン連載やAOLニュースでの「美女友達を作ろう」連載など“日本で最も研究対象に近い”女子大生研究家としても活躍中。9月17日に新刊『面接で泣いていた落ちこぼれ就活生が半年でテレビの女子アナに内定した理由』を発売。
執筆記事:映画『恋人たち』主演に大抜擢/俳優・篠原篤独占インタビュー【撮影編】

◯小峰克彦(こみね かつひこ)
映画ライター。成蹊大学文学部現代社会学科出身。学生時代に『シネマインパクト』の三木聡監督のワークショップに役者として参加。また、山本政志監督『水の声を聞く』などの映画制作現場にスタッフとして加わる。その後、制作側から紹介側へと軸足を移し、ライターとして、映画紹介記事、インタビュー記事などを執筆している。見た目が童貞っぽいという理由だけで出演が決まった。
執筆記事:怪しいおじさんとカラオケ面接…人気アイドル誕生秘話♡ゆるめるモ!映画『女の子よ死体と踊れ』インタビュー後編

◯黒川瑛紀(くろかわえいき)
青山学院大学法学部法学科4年。特技は円周率を100桁言えること。10年間の坊主バスケ部生活の反動で髪が長い。尊敬する人は小林賢太郎。NUMBER GIRLとカップラーメンが好き。ホラーとインゲンが苦手。
執筆記事:選べないよ!!今年度の“JR SKISKI”はゲレンデ美女2人がかりでこっちの身が持たない。

今、あなたにオススメ
PAGE TOP