さむーい冬の朝を温める新習慣?「アーモンドミルク」で作る朝の美活レシピ3選

amilk01

今、ヘルシー志向の女性たちに大人気の「アーモンドミルク」。
香ばしい香りでほんのり甘いのに、牛乳の約1/3のカロリーというから驚きです。
でも、毎日飲み続けるのはちょっと飽きそう……と思っている人も、中にはいるのではないでしょうか?

amilk02

いいえ、実はアーモンドミルクにはいろんな使い方があるんです。知らずにいるのは、もったいない!

そこで、ヘルシーに、美味しい食生活を楽しみたいという女性にぜひ実践してほしい、「アーモンドミルクを使った朝にピッタリなレシピ」を紹介したいと思います。

さむーい冬の朝に食べたい♡アーモンドミルクレシピ3選

アーモンドミルクの中でも定番の商品といえば、「アーモンド・ブリーズ」。

amilk03

飲み切りの200mlタイプもいいですが、毎日飲んだり料理に使ったりするなら、1Lタイプもおすすめです。

公式サイト内の「HOW アー乳?キッチン」では、メインディッシュからスイーツまで、幅広いレシピが紹介されています。
今回はその中から、さむーい冬の朝に食べたいレシピを3つピックアップ!

【1】生姜でポカポカ アップルジンジャーホットスムージー

amilk04

アーモンド・ブリーズ、りんご、にんじん、すりおろし生姜、メープルシロップをミキサーにかけた後、小鍋で人肌程度まで温め、シナモンをお好みで加えれば完成。

寒くてギリギリまで寝ていたい冬なら、前日の夜にミキサーをかけたものを冷蔵庫に入れておいて、朝にレンジでチンして飲むのもおすすめ。とにかく冷えが大敵!な女性にとって心強い朝食レシピです。

【2】アーモンドミルクでフレンチトースト

amilk05

こちらは休日の、のんびり過ごしたい朝におすすめ。
作り方は一般的なフレンチトーストと一緒ですが、ポイントは牛乳をアーモンド・ブリーズに置き換えていることと、白砂糖ではなく、きび砂糖を使っていること。
きび砂糖は白砂糖に比べて甘みが弱いと言われますが、ミネラルが豊富なのが特長。アーモンド・ブリーズは牛乳よりもほのかな甘みがあるので、きび砂糖でも充分なんです。甘いのに健康的という、これまた女子の強い味方!

【3】アーモンド・ブリーズのヘルシーコンソメ鍋

amilk06

最後に、冬は毎日でも食べたいくらいの、あったか鍋メニューがこちら!
コンソメをベースに、鶏肉や白菜などを煮込み、そこにアーモンド・ブリーズを加え、ホタテやかぶと一緒にさらに煮込みます。クラムチャウダーのようなほんのり甘い洋風鍋で、ホッと優しい気持ちに。
夕飯にはもちろん、少し残しておいて、翌朝にサッと火にかけて食べるのもおすすめ。朝からポカポカと力が沸くレシピです。

もちろんそのまま飲む日や、シリアルやグラノーラにかけて食べる日があってもいいと思います。アーモンドミルクのアレンジは、毎日でも楽しめるくらいに無限大!

amilk07

美しい1日は、美味しい朝食から。
ほんのり甘くて、心も温まるようなアーモンドミルクレシピを楽しめれば、さむーい冬の朝も、キレイになるための大切な時間になるはずです。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
ブルーダイヤモンド アーモンド グロワーズ 日本支社/アーモンド・ブリーズ

クーポンページ

今、あなたにオススメ
PAGE TOP