“実は日本生まれの炭酸水”ウィルキンソンに新味が登場!さっそく試してみた!

icatch

最近では俳優の斎藤工さんが美女と刺激的なドライブをしているCMが有名な飲料ブランド『ウィルキンソン』。

1

2

今では美容や健康のために人気が高まっている「炭酸水を直接飲用する」スタイルは2010年のウィルキンソンのペットボトルでの展開により広く普及したそう。
実は現在、炭酸水の売上No.1の人気商品なんです。
『ウィルキンソン タンサン』のファンの方の中には、そのまま飲んだ時の刺激強めの強炭酸が好きな方や「お酒を割る時の炭酸水はウィルキンソンじゃなきゃ嫌だ」とこだわる方も多いのではないでしょうか。
最近、ミネラルウォーターや炭酸水にフレーバーがついた飲料が多くありますが、ウィルキンソンも新味を今年の10月に発売したそう。

噂の『ウィルキンソン タンサン オレンジ』を飲んでみた!

気になるお味の方は、販売元のアサヒ飲料が調べた「今後飲んでみたい炭酸水のフレーバー」ランキング2位のオレンジ。
「市場にないフレーバーを提案したい」という想いが開発背景にはあったそう。
たしかに言われてみると、オレンジ風味の炭酸水はあまり見たことがありません。
この『ウィルキンソン タンサン オレンジ』はイオングループ先行発売商品とのことなので、早速、近所のミニストップにて購入!
週に5日は炭酸を飲んでいる筆者が飲んでみました。

3

飲んでみた感想は、とにかく爽やか。お風呂上がりや寝る前の水分補給にも問題ないくらい、飲んだ後の口の中がさっぱりしていました。
それでいてくどくない程度にしっかりオレンジを感じて美味しいです。
一方で強い炭酸に押されるようにオレンジフレーバーが薫る点は大人の炭酸水といった感じ。仕事や受験勉強の合間の集中力を高めたい時にもオススメです。

無果汁で無糖なこともあり、歯を磨いたあとなど、場面を問わず飲める点や、フレーバーを香りだけでなく味でも感じられる点が炭酸ファンとしてもかなりうれしいポイント。
新味の『ウィルキンソン タンサン オレンジ』が気になる方はお近くのミニストップに急ぐべし!

実は日本で生まれた『ウィルキンソン タンサン』

4

そんな『ウィルキンソン タンサン』ですが、実は日本で生まれた炭酸水なんです。
1889年ころ、英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンが狩猟に行った兵庫県・宝塚の山中で炭酸鉱泉を発見します。イギリスに送り分析したところ、世界でも有数の名鉱泉であることが判明。そこでウィルキンソンは生国から最新の設備を取り寄せ、1890年にこの炭酸水の瓶詰めの販売を開始したそう。14年後の1904年には国内はもとより海外27カ所で販売されるようになったんだとか。

100年以上もの歴史がある、名実ともに“大人な”炭酸水がチャレンジした大人のための果実フレーバー。
仕事の息抜きやお風呂上がりの水分補給に一度試してみては!

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
アサヒ飲料/ウィルキンソン WILKINSON

今、あなたにオススメ
PAGE TOP