クドカン最新作の完成披露試写会で桐谷健太がauCMソングを披露!?

1月13日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の完成披露試写会が開催された。
セレモニーと舞台挨拶にはキャストの長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、監督の宮藤官九郎が出席。
本作は修学旅行中、不慮の事故で命を落とした高校生の大助(神木隆之介)が大好きな同級生・ひろ美ちゃん(森川葵)にもう一度会うために、地獄で出会った赤鬼・キラーK(長瀬智也)の“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けて奮闘する地獄エンタテインメントだ。
この日、一般の観客に向けては、初めての披露の場となったこともあり、会場はおおいに盛り上がった。

桐谷健太、舞台挨拶でまさかの“auのCMソング”披露!?

キャスト、監督は、まずTOHOシネマズ 六本木ヒルズ前でのセレモニーに登場。
レッドカーペット上でファンとハイタッチするなど交流を楽しんだ後、劇場内でも舞台挨拶に出席した。

登場後に最初の一言挨拶がはじまり、神木は「撮影している時から早くみなさんに観ていただきたいなーと思っていました」とこの日を待ちわびていたことを告白。

森川は「この映画が公開されたら、みんな地獄に行きたいと思っちゃうんじゃないかってちょっと心配です」とかわいすぎる冗談をとばした。

桐谷は「この映画は、小さい悩みはふっ飛ばしてくれます! まわりに落ち込んでいる奴がいたら連れてってあげてください! 観終わった後、きゃっきゃっと元気になっているはずです」と宣伝。

ここで突然長瀬が、auのCMソング『海の声』を口ずさみ始め、桐谷がとっさに続きを熱唱する場面も!
しかしその歌声を聴いた長瀬は「そこまで感情乗せないでいいよ」とあしらい、まさに“鬼”のような対応に、会場は爆笑に包まれた。

桐谷健太「ポップコーンが美味しい映画」

司会者から「本作を最初に観た感想は?」という質問がなげかけられると、長瀬は「『この役、僕じゃなかったらヤキモチ妬いてました』と監督に言っちゃうくらいキラーKは愛せたキャラクターでした」と発言。

桐谷は「映画って、登場人物に感情移入したり、自分の生きる世界を再確認したり、劇場を出た後の余韻に浸るのが醍醐味だと思うのですが、この作品にはすべて詰まっています!」と宣言した上で、「ポップコーンが絶対美味い映画だと思います。音がでかいので、周囲を気にせず食べられます」と説得力のある宣伝文句を披露した。

森川は「観ている間、ジェットコースターに乗っているような気持ちになって楽しかったです。私が参加した現世と、みなさんがはっちゃけている地獄の雰囲気があまりに違いすぎて、あれ? 私本当にこの映画に出ていたのかな?って思いました(笑)」と“現世サイド”であることの寂しさをのぞかせた。

神木隆之介が「一日中吊るされてた」地獄の撮影現場エピソードを披露

続いて「撮影中、地獄だったことは?」という質問が。
長瀬は「地獄のシーンの撮影は、ちょうど夏に入るくらいの時期だったのですが、空調も止めてた上にほこりもすごいし、照明の熱や特殊メイクがとにかく暑くて……ここが地獄かと思いました」と苦労したエピソードを披露。

神木は「この映画で唯一、全部の拷問を受けたのは僕だけなんですよ。燃やされたり、剣山に落ちたり……」それを受けて監督は「気が付いたら一日中吊るされていましたからね、神木くん、本当に元気なんですよ」と鬼の発言をし、笑いを誘う。

現世シーンの撮影が多かった尾野は「アシカと延々格闘するシーンが地獄だったかもしれません。スタッフの方に、ここにアシカいるんでって言われて、黄色いボールおかれました(笑)」と発言。本作ならではの撮影エピソードを披露した。

クドカンが地獄に落ちることになった行いとは……

次に、「今までした行いの中でこれは地獄に落ちるなと思うことは?」という質問には、清野さんが恥ずかしそうに「友達の誕生日をすっかり忘れていて、会った時にプレゼントを買ってないのに『持ってくるのを忘れちゃった!』って嘘をついてしまったことですね」と発言。

それを聞いて監督は「みうらじゅんさんから聞いたんですけど、嘘(狂言・妄言)は地獄では罪が重い方みたいですよ。ちなみに、みうらさんのシーンを『これ面白いですねー、使います』と撮影時に言ったのにばっさりカットしたので、僕も地獄に落ちると思います」と自分の悪行?を告白した。

森川葵「宮藤監督の作品で今度地獄に落として欲しい」

最後に「地獄と天国どちらに行きたいですか?」という質問が司会者から出ると、森川は「リアルでは地獄へ行きたくないですけど、宮藤監督の作品で今度地獄に落としてほしいです」と発言し、役者魂を感じさせた。

ほとんどのキャストが本作にちなんで“地獄”と答え、“地獄”に票が集まる一方で桐谷は「僕は天国ですね」と宣言。「劇中にかかる『天国』という曲の歌詞に“あなたがいれば地獄も天国。あなたがいなければ天国も地獄”という一節があるのですが、このメンバー、みんながいればどこでも天国です」と最後に感動の一言を披露。

クドカンが一般客にプレッシャーをかける!?

監督は「最初に地獄の映画を作りたいと言った時には、周囲は聞こえないフリをする人が多かったのですが(笑)、言い続けた結果、こうして完成までたどり着けました。

“一般の皆さん”といいつつ、観てしまった以上、関係者ですからね!“関係者地獄”ですから、ぜひ口コミのほどよろしくお願いします。

皆さんが全員Twitterとかやってるの知ってますから!(笑)僕、意外とチェックしますので、よろしくお願いいたします」と本作を愛してやまない発言に、会場は温かい空気と笑い声につつまれた。
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は2月6日(土)より全国ロードショー。

IMG_1423

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■作品情報

<STORY>
フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった 空と炎、髑髏(どくろ)が転がり人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ?! まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄 図(ヘルズ)を率いる<赤鬼>のキラーK。彼の“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた大助の地獄めぐりが幕を明ける―!!

監督・脚本:宮藤官九郎
出演:長瀬智也 神木隆之介
尾野真千子 森川葵
桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清
古田新太
宮沢りえ
製作:アスミック・エース 東宝 ジェイ・ストーム パルコ アミューズ 大人計画 KDDI GYAO
制作プロダクション:アスミック・エース
配給:東宝=アスミック・エース
© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

■公式サイト:TooYoungToDie.jp
■公式Twitter : @TYTDmovie
■公式FB : https://www.facebook.com/TYTDmovie

今、あなたにオススメ
PAGE TOP