エディ・レッドメイン主演『リリーのすべて』 真実のリリーの姿を追う特別映像解禁!

最強タッグが描いたのは、実話に基づく魂のドラマ

3月18日(金)より東宝東和配給にて公開となる、映画『リリーのすべて』。メガホンを取ったのは、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞4部門を受賞し、『レ・ミゼラブル』で世界中を涙させた巨匠トム・フーパー。そして主人公を演じたのは、車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士を演じた『博士と彼女のセオリー』で英米のアカデミー賞を制覇し、若手演技派スターのトップに躍り出たエディ・レッドメイン。今、最も映画ファンの注目と期待を集めるふたりが『レ・ミゼラブル』に続きタッグを組んだ。誕生させたのは、今から80年以上も前に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人リリー・エルベの実話に基づく物語。命の危険を冒してでも自分らしく生きることを望んだ主人公と、その一番の理解者であり続けた妻が織りなす魂の触れ合いのドラマを、心揺さぶる演技と演出で綴りあげた感動作だ。

本年度アカデミー賞では主演男優賞(エディ・レッドメイン)、助演女優賞(アリシア・ヴィキャンデル)をはじめ4部門にノミネート! これまでの賞レースでも高い評価を得ている本作の受賞の行方に期待がかかっている。

真実の人生を歩む決意をしたリリーの強さと美しさに注目

「毎朝…“今日こそ1日中アイナーでいよう”と誓う」と、心と体の違和に悩み苦しむリリーに対し、「あなたは私のすべて、生きていてほしい」と手を取る妻ゲルダ。ゲルダの献身的な愛を受け、本当の自分になる決心を持って前へと進み始めるリリーの勇気にスタッフ・キャストも賞賛を贈り、リリー役を演じたエディ・レッドメインが「リリーは勇気を持って真実の人生を生きたんだ」と語る場面も。強さを持って生きたリリー・エルベという一人の女性の姿に注目だ。

〈ストーリー〉
1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる―――。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■作品詳細
映画『リリーのすべて』公式サイト
2016年3月18日(金)全国公開
配給:東宝東和
レイティング:R15+
監督:トム・フーパー
出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ 他
(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

今、あなたにオススメ
PAGE TOP