映画『キャロル』のケイト・ブランシェットから見る上品ゴージャスファッション

映画『キャロル』のケイト・ブランシェットのファッションがとにかく上品ゴージャスなのです。

「ゴージャス」というと、日本ではK姉妹さんたちを思い出してしまいがちですが、この映画の中でキャロルを演じるケイト・ブランシェットは、K姉妹さんたちとはまた違った種類の圧倒的美貌があり、とにかく迫力満点なのです。

物語の中では、若い女子との禁断の愛が描かれているのですが、たしかに、ケイトのファッションと美貌には「宝塚の男役」的ニュアンスも入っています。

女子学生が年上の上級生に憧れるときの要素として持っている「上品さ」「優雅さ」「知的さ」「華やかさ」とともに、肝の据わった「強さ」もあるのですが、「繊細さ」もあるというある種少女漫画的な世界感も『キャロル』にはあると思います。

映画自体はしんみりとしたストーリー展開なのですが、そこにファッションの華やかさがあるからこそ、少女漫画的な汚れを知らない美しい世界が成り立っているのかもしれません。

これが、キャロルが地味なファッションをしていてはヒロインとしてもストーリーとしても美しくなかっただろうなとまで思わせてしまうファッションの力がこの映画にはあります。

そんな上品でゴージャスなファッションが観られる映画『キャロル』は、現在上映中です。

(文:柴崎マイ)

■関連リンク
映画『キャロル』公式サイト
キャスト:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー
監督:トッド・ヘインズ
提供:ファントム・フイルム/KADOKAWA/朝日新聞社
© NUMBER 9 FILMS(CAROL) LIMITED ⁄ CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHT RESERVED

今、あなたにオススメ
PAGE TOP