一夜限りの“レアな”ピスタチオが誕生!映画『X-ミッション』イベントで極限体験!?

アクションも、ミッションも、すべてが極限。

史上初の試みとなる、世界トップアスリートが前代未聞の“ノーCG”で繰り広げる映画『X-ミッション』。

世界4大陸11か国の秘境、絶景を舞台に、リアルスタントを駆使した本作は“10年に1度のアクション大作”との呼び声高い、今春大注目の作品だ。

2月20日の公開を前に先日、劇場公開直前イベントが実施された。

一夜限りのピスタチオ誕生!

「本日は、ピスタチオのお2人、筧美和子さんにお越しいただきました!」というMCの呼びかけで舞台に登場したゲスト3人。

会場には拍手が巻き起こるが、そこでなんとも妙な空気が流れ始める。

あれ、なんかピスタチオの様子がおかしくないか……?

ざわざわとし始める来場客を歯牙にもかけず、顔にXマークを描いたピスタチオが、X(エックス)にかけた持ちネタの白目コントを披露。

ところが、軽快なテンポで繰り広げられるはずの2人の漫才がこの日はキレも悪く、息もバラバラ。

やっぱなんかおかしい! てか片方ピスタチオじゃなくない!?

なんとツッコミ担当の小澤に扮していたのは、事務所の先輩でもあるなだぎ武だったのだ。なぁんてこった。

pis01

なだぎは、「小澤さんがですね、インフルエンザになってしまい、“急遽、なだぎ武でいこう!”となったんですよね。小澤くんみたいなメイク、髪型、服装をしてみたら、意外と似てるんですよ!」と説明。なんとも予想外の真相に、会場は笑いに包まれた。

続けて、“エクストリームな美ボディをお持ちな方”と紹介された筧。
「全然、そんなことないですよ!まだまだです!」と謙遜すると、なだぎがすかさず「筧さんが美ボディじゃなかったら、ハリセンボンの春菜はどうなるんですか!」とごもっともなツッコミを見せ、笑いを誘った。

ピスタチオの月収がついに明かされる!?

本作の感想を聞かれたピスタチオ伊地知は、「相方と一緒に見たんですけど、相方は僕の驚く声に反応していましたね。見終わった後は手にすごく汗をかいていて、“何かスポーツしたっけ!?”と思ってしまうほどで、白目になっちゃいましたよ!」と興奮交じりにコメントし、なだぎは、「ノーCGだなんて信じられない!誰もノーCGだなんて信じないと思うので、もっとノーCGを前面に出した方がいい!」と熱弁。

筧は、「ハラハラドキドキの連続でアドレナリンが出まくりです!ノーCGだなんていまだに信じられません!ムキムキのイケメンもたくさん出ていて女性も楽しめる作品ですよ。」と女性ならではの視点で見所を語った。

続いて、劇中で札束が空中に舞うシーンがあることから、それぞれのガチな収入の話に。
元No.1ホスト時代、月収が400万もあったという伊地知は「ホストの頃より芸人で稼ごうと思ったんですが、絶対無理。諦めました……」と言い渋るが、先日トレンディエンジェルが月収を明かしたことを引き合いに出され、最後は観念。
「彼らの何十分の一です」と暴露した。

芸歴26年を迎えるなだぎは「え、僕ですか。そうですね~全盛期と今を身体で」と足を上げ、月収を足の高さで表現。その高低差からMCに「逆にリアル感が出てますね」とキツいツッコミを受ける一幕を見せた。

BMXが頭上を舞う極限体験!

また、エクストリーム経験について聞かれた筧は、「先日プーケットでトラに触れるところに行ったんですが、2メートルくらいある大きいトラを選んでしまった。トラのおしりに手を置いて写真を撮りましたが、横を見たら包帯グルグル巻きの飼育員さんがいて、やばい!と思いました」と秘話を披露。

なだぎは、「カナダの北極圏でロケをしたんです。マイナス30度が当たり前で体感温度はマイナス40度、海が凍ってしまうような場所でスノーボードを2時間するという企画。若手芸人ばりに身体を張ったのですが、あまりに寒過ぎてすぐにやめてしまいました」と壮絶なエピソードを明かし、会場を驚かせた。

そして本イベントのメインである、ピスタチオ伊地知のエクストリーム体験コーナーへ。

若手芸人ながら今まで身体を張ったことがないという伊地知の希望を叶え、極限(エクストリーム)状態に耐えながらガチなリアクションをするミッションに挑戦することになった。

そこへ、自転車競技でエクストリームスポーツの一つであるBMXフラットランドのイケメンプロライダー、池田貴広が登場。

“池田さんに、寝ている伊地知さんの上をBMXで飛び越える人間離れしたパフォーマンスをしてもらうんです”とミッション内容を説明され、「どういうことですか!?」と慌てる伊地知。さらに“せっかくなので”という理由で巻き添えとなり、固まるなだぎ。何度も位置や角度を確認する2人から不安が伝わってくる。

「今日は助走が短いので成功するかわかりませんが……やってみたいと思います!」と不安を煽る池田の発言も相まり、会場に緊張が漂う。
そんな中池田は颯爽とBMXにまたがり、助走を開始。
ところが、これでもかという程にくっつき表情をこわばらせる2人の顔面ギリギリで、BMXが急停止したのだ。

なだぎは飛び起き「おい!池田!助走の練習をするならそう言ってよ!」と半ギレ。
伊地知も「本当にやめてよ!イケメンでムカつくし!」と怒りを露わにしていた。

気を取り直して2回目のジャンプに突入。「うぉおおおおお!!!」と恐怖で叫ぶ伊地知となだぎ。

pis02

BMXは横たわる2人の上を舞い、見事ミッションは成功した。
「ちょっと僕の靴踏まれたし!」と訴えるなだぎだったが、来場客は大喜び。

見事危険なパフォーマンスを披露した池田と2人に対し、会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

伊地知&なだぎの超レアな一夜限りの白目コント、世界で活躍する池田のエクストリームな生パフォーマンスなど、劇場公開直前イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

プロのエクストリームパフォーマーである池田が「世界トップアスリートたちのアクションと絶景を一気に見せられて大興奮しました。映画を観終わった後、息が上がっている程でした!」と絶賛したリアルスタントアクション大作、『X-ミッション』は2月20日(土)公開。

人間の限界を超えたミッションを見逃すな。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

【作品詳細】

【ストーリー】
若きFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)に、超一流アスリートチームに潜入せよとのミッションが下される。
エクストリーム・スポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が率いるこの集団には、重大な疑惑がかけられていた。
その天才的なスポーツ・スキルを駆使し、前代未聞の方法で次々と犯罪に手を染めているというのだ。
自らも元アスリートであるユタは、ボーディに度胸と才能を認められ、チームに招き入れられる。
命を危険に晒しながら共に行動するうちに、ユタはボーディの究極の信念に心が奪われていく。
果たして、ユタはFBI捜査官として決定的な証拠を掴み、彼らを捕えることができるのか?
そして明かされる、彼らの本当の目的とは──!?

『X-ミッション』(原題:POINT BREAK/全米公開:2015年12月25日)

■監督・撮影:エリクソン・コア(『ワイルド・スピード』撮影)
■脚本:カート・ウィマー『完全なる報復』『ソルト』
■原案:POINT BREAK
■出演:エドガー・ラミレス『ボーン・アルティメイタム』、ルーク・ブレイシー『スパイ・レジェンド』、テリーサ・パーマー『ウォーム・ボディーズ』、デルロイ・リンドー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』、レイ・ウィンストン『ノア 約束の舟』
■配給:ワーナー・ブラザース映画
■コピーライト:(c) 2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
114分 PG-12
■公式サイト:www.xmission.jp

今、あなたにオススメ
PAGE TOP