酸素バー・充電器付きまで! デパートはトイレで選ぶ!? 男の知らない・豪華女子トイレの世界

デート中、彼女がトイレに行ったきり、なかなか戻ってこない。
「なんで女子はトイレが長いの!?」
そんな疑問を持つ男性は多いのではないだろうか。
その答えは、男性と女性のトイレに対する認識の違いにある。女子大生ライターの特権を利用し、都内の大学に通う男女40人にアンケートを採ったところ

「用を足す以外の目的でトイレを利用することはあるか」という質問に対し、男性は、あると回答したのが5%だったのに対し、女性では95%という高い数字が出た。
メイクも髪も直したい、ひとりになれる空間で、ほっとしたい。
今、そんな女性の気持ちに応えた「驚愕のトイレ」が、デパートやレストランに続々登場している。例えば、オープン当初から注目を集めているのが、渋谷ヒカリエにある女子トイレだ。
ジェット気流によって衣類についた花粉やホコリを落とすエアシャワーをはじめ、スマホを充電できる特設テーブル、マッサージ機や酸素バーまでが備え付けられており、まさに至れり尽くせり。従来のトイレのイメージを覆す空間となっている。

ヒカリエのトイレの写真を、男性20人に見せたところ「トイレにここまでの設備は必要ない」「綺麗すぎて逆に気を遣う」といった意見が続出。中には「俺の部屋より綺麗。住める」なんて声も。
確かにこれらの意見は、もっともである。なぜトイレにここまでする必要があるのだろうか?

その秘密は、女性のトイレに対する強いこだわりにあった。
前述のアンケートで「トイレ目的で、特定の商業施設に立ち寄ったことがあるか」と質問したところ、なんと約9割の女性が「ある」と答えたのだ。
理由としては「ヒカリエのトイレがすごいと聞いたので行こうと思った」「綺麗なトイレがあるデパートは少し遠くても利用する」などなど。
いまや「トイレでお店を選ぶ時代」といっても過言ではない・・。
これは、多くの女性客を獲得したい商業施設側としてもトイレに力を注ぐわけだ。

ちなみに、今後、トイレにどんな設備が欲しいか尋ねたところ「混雑状況が入口で分かるパネルがあると便利」「個室に鏡を設置してほしい」「コテやメイク道 具を揃えて欲しい」といった声が聞かれた。利用者の要望が拡大するにつれ、商業施設同士の「トイレ戦争」はさらに熾烈になりそうだ。

トイレが快適になるのは嬉しいが、懸念材料がひとつ。それは「女性のトイレ滞在時間がますます長くなるのでは?」ということである。アンケートによると 57%の男性が、女性のトイレ滞在時間を長いと感じているそうだ。一方、女性の76%がデート中、自身のトイレ滞在時間を気にしているという。
最近は、トイレの入り口付近にソファーや喫煙所を設置しているところも多い。男性には広い心で女性の帰りを待ってもらいたい。

(文:吉島ケイ子)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP