ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
チェリーについて

“宮藤官九郎監督の正解”を体現 森川葵インタビュー

01

宮藤官九郎監督の最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が6月25日(土)に公開された。
修学旅行に向かっている途中、事故に巻き込まれて、地獄に落ちた高校生・大助(神木隆之介)が片思い中のクラスメイト・ひろ美に再会すべく地獄の特訓に臨む、前代未聞の青春映画だ。

そんな、いい意味でハチャメチャな本作で“童貞男子が死んでも諦めきれない”ヒロイン・ひろ美を演じたのが、森川葵さんだ。
観る男子すべてに、思春期の甘酸っぱさを思い出させる名演技を魅せた森川さんに、“永遠に思春期を引きずっている”チェリー編集部が直撃した!

「こんなにキラキラにしてもらって、いいのかな……」

thumb_cherry

――ドラマ『ごめんね青春!』に続き、宮藤官九郎さん作品への出演でしたが、お話が来た時はどんなお気持ちでしたか?

morikawa

「こんなすぐに、宮藤さんに呼んでいただけるとは思ってもみなかったので、とても驚きました。『ごめんね青春!』からすーっと流れて『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』にたどり着いたような気持ちです」

thumb_cherry

――『ごめんね青春!』での森川さんの演技が、宮藤さんワールドにハマっていたので、ファンも「あまりん(※)絶対もう一回クドカン作品出るだろうなー」と思っていたはずです!

※森川さんが『ごめんね青春!』で演じた阿部あまりのニックネーム

morikawa

「とんでもないです……! ただ、『今度は監督作(※)にも呼んでもらえたらいいなー』とは思っていたので、ほんとにうれしかったです。ポスターに写る自分も、こんなにキラキラにしてもらっちゃって、いいのかな……(笑)」

※『ごめんね青春!』では、宮藤官九郎は脚本のみを担当している。

webmain

現世にいられてよかった!?

thumb_cherry

――さて、本作は大きく分けて現世パートと地獄パートに分かれていますが、現世のシーンが中心だった森川さんも地獄のセットには行かれたんですか?

morikawa

「自分の撮影が終わった後に、地獄のセットに遊びに行きました。
鬼がいるわ、繋がれた人がいるわ、血まみれの人がいるわで……。テーマパークに来て、アトラクションに乗っているような気分になりましたね。
『こっちはこっちで楽しそうだから地獄で撮影したかったなー』と一瞬思ったのですが……。実際に作品を観て、とても撮影が大変そうな場面がたくさん出てきたので、『やっぱり現世でよかったかも』と思いました(笑)」

sub3

thumb_cherry

――血まみれのメイクや地獄の住人の衣装はすごかったですね……。地獄のセットに行かれた時に他のキャストの方とお話はされたのですか?

morikawa

「地獄のセットへ遊びに行った時、ちょうど長瀬さんと桐谷さんがお昼ご飯を食べていたんです。
でも一人は顔が赤くて、もう一人の顔は緑で、『あれ? ほんとに長瀬さんと桐谷さんなのかな……』と思いながら、『ひろ美を演じました、森川です』と挨拶しました」

thumb_cherry

――そのやりとり自体が宮藤さんの作品のようで、画が浮かびますね(笑)。

制服を着崩して……森川葵の“JKライフ”

thumb_cherry

――今回演じた、ひろ美にはどんな第一印象を抱きましたか?

morikawa

「キャッキャッと騒ぐ性格ではないけれど、みんなの輪の中に自然といる子だと思いました。“可憐な女の子”をイメージして演じました」

thumb_cherry

――森川さんご自身の高校時代と比べて、重なる部分はありましたか?

morikawa

「高校の時は4人グループでよくいて、なるべくテンションを上げて、キャッキャッと騒いで過ごしていたので、ひろ美とは、少し違うかもしれません。
私自身はあえて制服を着崩しても問題ない学校を選んで、いわゆる“JKライフ”をとことん楽しもうと思って高校生活を送っていました。先生にも少し、反発しちゃったこともあります(笑)」

aoi03

thumb_cherry

――「なるべく」ということは、テンションを上げないと、理想の“JKライフ”を送れないという自覚があったのですか?

morikawa

「ベースがあんまり高いわけじゃないので、騒ぐ時は、『よし、やるぞ』と心の準備をして、テンションを上げていたみたいです。
この前、仲の良かった4人グループの子と高校時代を振り返っている時に、友達から『葵がいつも落ち着いていたから、みんなの空間が壊れずに済んだ』と言われました。
それまでは、自分のテンションは高いと思っていたのですが、周囲から見ると基本的に低いことを知りましたね(笑)」

グループは関係ない! 誰とでも仲の良かった高校時代

thumb_cherry

――大助はクラスで目立っている男子にはいじられキャラとして扱われているけど、本当はかっこよく見られたいと思っている自意識過剰な男子ですよね。
森川さんは、彼のような、こじらせ男子がクラスにいたら、仲良くできそうですか?

sub6

morikawa

「大助は1クラスに1人はいるようなタイプですよね。
むしろ彼のような人の方が面白いので、仲良くできると思います。
自分の学校は、40人のクラスが3年間変わらない高校だったので、グループ内の人に限らず、誰とでも仲がよかったですね」

thumb_cherry

――違うグループの人と話しても、問題のない雰囲気だったのですか?

morikawa

「私が他のグループの人と絡んでも何も言われないし、誰かが私たちのグループにいることもあったので……グループ同士の間に壁はなかったですね」

「大人になったら宮沢りえさんのような綺麗な女性になりたい」

thumb_cherry

――ひろ美の役は、高校時代だけではなく、宮沢りえさんが演じる“大人になったひろ美”も登場しますね。森川さんが歳を重ねると宮沢さんになるという設定は、とても説得力がありました。

sub11

morikawa

「宮沢さん、本当に綺麗な方ですよね……! 実は一度、宮沢さんと親子の設定で、一緒にドラマ(※『神様のボート』)に出たことがあったので、またご一緒できてすごくうれしかったです。
今回は親子ではなく、自分の成長した姿が、宮沢さんだったので、映画を観て『もしかして、ちょっとだけ似てるかも?』と思えてしまいました(笑)。私も成長して、何年後かに、宮沢さんのような綺麗な女性になれたらうれしいです」

sub9

thumb_cherry

――宮沢さんの演技の中に、森川さんの面影が残っていて、とても切なかったです。
切ないといえば……ひろ美がバスの中で『私もー!』と叫ぶシーンにぐっとこない男子はいないと思います。

morikawa

「あの叫び方をするひろ美の気持ちには、共感できました……。あ……あまり詳しく言い過ぎるとネタバレになっちゃいますね(笑)」

thumb_cherry

――確かに、あのシーンを初めて見る男子たちのときめきを守るためにもその話はこの辺りで……。

“周りから見た正解”を再現したい

thumb_cherry

――最近では月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で演じられた役も話題になりました。女優というお仕事をされる上で、役の印象で嫌われてしまう怖さはありますか?

morikawa

「この仕事においては、逆に嫌われた方が意外と印象に残るので、嫌われた方がいいのではないか……と思うことがあります(笑)。
そう思っているせいなのか、実際に会った人に『イメージと違う』と言われることは多いですね」

thumb_cherry

――演じられた役柄が多種多様なので、森川さんのイメージは人によって幅がありそうですね(笑)。

morikawa

「最近よく『もっと冷めている人かと思った』と言われますね……。たしかに、熱い性格ではないですけどね(笑)。マネージャーさんには『可愛く笑えるように』とよく言われます…(笑)」

aoi02

thumb_cherry

――「可愛く笑う練習をする」という行為が可愛らしいですね(笑)。
セリフを覚える際に心がけていることはありますか?

morikawa

「いつも、物語や場面の流れに乗ることだけ考えています。セリフの言い回しに関して、特別な練習はしていないです。
セリフを単体で覚えるのが苦手なこともあって『このシーンの二人はだいたいこういう話をしているから、あのセリフだ!』と流れで覚えることが多いですね」

thumb_cherry

――「流れに委ねることが多い」のは、監督からの演出についても同様ですか?

morikawa

「監督の演出に任せっぱなしです。自分を丸投げして、監督に言われたことを再現することが第一だと思って演じています。基本的には自分の感覚よりも、“周りから見た正解”を再現したいんです」

このインタビューが行われたのは森川さんがTBSのバラエティ番組『A-Studio』で進行アシスタントを任される前のことだ。

『Seventeen』のモデルとしてそのキャリアをスタートさせた森川葵さんは、その後、インディーズ映画から、深夜ドラマに月9など、どんどんと活躍の場を広げ、ついにこの取材の後には、TBS『A-Studio』のアシスタントに抜擢。つい先日、21歳を迎えた。

まさに毎回、その場での“正解”を体現している森川さんだが、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』では王道の女子高生ヒロインでありながら、一筋縄ではいかない宮藤官九郎作品ヒロインとしての正解をダブルで導き出してくれている。

森川さんが、考えに考えた『私もー!』の叫びの演技に、その正解の一端を垣間見れるはず。インタビュー中、言及しきれなかったその演技を見るためだけでも、一見の価値はアリ。映画館まで、いましか見れない彼女に会いに行ってみてほしい!

(取材・文:小峰克彦)

【関連情報】
aoi01
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ 6月25日(土)全国ロードショー

出演: 長瀬智也 神木隆之介/尾野真千子 森川葵/桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清/古田新太/宮沢りえ
監督・脚本: 宮藤官九郎
配給:東宝=アスミック・エース
©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
■公式サイト:TooYoungToDie.jp
■公式twitter : @TYTDmovie
■公式FB :https://www.facebook.com/TYTDmovie
<<STORY>>
フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。
修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。
目覚めるとそこは―――深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!
なんで俺だけ!? まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!
慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼のキラーK。
キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!
キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!

今、あなたにオススメ
ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
PAGE TOP