あなたも経験アリ!? 女子大生の「実は友達と寝ちゃったんです」体験

最近ゆったり寝たなーって感じたのはいつだっけ…?と考えてみたら、大学のみんなと部屋で雑魚寝したときだった。人肌恋しい季節がやって来ましたね、女子大生の宮崎◎です。
イベントごとの多いこの季節、楽しい半面、街ゆくカップルを見て、「彼氏がいたらな…」と思う方も多いのではないのだろうか(笑)そんなことを思っていると、「しましま」という、添い寝屋を題材にした漫画を発見!(添い寝屋ビジネスを通し人間模様を描いた漫画。)内容に共感!人のぬくもりは必要だ!!
私は思う、添い寝は女子を救うのではないだろうか。そこで、都内の女子大生(21~23歳)20人に「添い寝」に関してアンケートをとってみた。

添い寝のいいところは“安心感”と“癒し”
まず、『添い寝が好きか?』という質問には、8割の女子が「好き」と回答。『添い寝のいいところは?(複数可)』と聞くと、9割の女子が「安心感」と回答 し、続いて多かったのが「人肌に触れられる」「相手の匂いが好き」「癒される」という答え。『今、添い寝を求めているか?』に関しては、2人に1人or半 数の女子が“求めて”いた。理由は、「夜一人で眠れない」「癒されたい」と寂しさからくると予想される回答が多く、「安心したい!切実に」と嘆きが伝わる 回答も。

■添い寝するのにお障りNG…、女は男と寝て強くなるのか…?!
「添い寝」は彼氏とするのが一番だが、「添い寝」に関するアンケートに回答してくれた女子たちの半数は彼氏がいない…。
しかし!彼氏がいない女子の3割が、3カ月以内に「添い寝をしている」と答えているではないか!「彼氏以外のお相手は?」と聞くと、「長い付き合いの友 人」や「家族のように仲の良い先輩」などと、添い寝には「安心感」「癒し」を求める傾向なので、相手は信頼できる人に限る様子。でもここでひとつ単純な疑 問が。添い寝までして、その後“一線”を越えてしまわないのだろうか…??

 

一線は超えない?!女子大生の複雑心理を解剖!→

■女子は男の人にただそばにいてほしいときがある…
エピソードを聞いてみると、「お酒を飲んだ後の雑魚寝で、友人が腕枕をしてきた。手は出されなかったので、大事にされていると思った」「宅飲みで一年以上 の付き合いの友人と二人でベットに入ることになった。しかし眠くならず、お互いの幼少期の思い出、家族の話、恋愛話、と気付けば朝の7時まで喋り倒してい た。友人関係を壊したくないという暗黙の了解があり、何もしなかったが、とても胸がドキドキした」とのこと…。

女子大生たちは暗黙の了解で友だち関係を壊しては行けないと判断し、“一線”は超えない。どうやら、求めてくる相手よりも、癒してくれる相手を選んでいるご様子。

また「一線を超えないことで中途半端な関係を保てる」と女子にとって都合のいい関係を保とうとする意見も。
こういう媚びないけれど、相手と上手に接することができる女性は、自分を中心に周りと上手にコミュニケーションが取れ、低リスクで目標を達成でき、将来出世していくのかもしれない。

とまぁ、こういう強め女子も内心は“癒されたくて”添い寝も求めている訳で、やっぱり好きな人やかっこいい人が近くにいるだけで癒されるというか、元気に なってしまう。今ドキの女子大生って、女子会をしたりキラキラ・ワイワイ毎日楽しそうに見えるかもしれまんけど、実は切実に癒しや安心感を求めているんで すよ!

事実、彼氏以外の添い寝に関しては、「彼だからこその安心感がある」との意見の反面、「本当はいけないと思うのですが、フリーでさみしい時はありだと思い ます!」「一人で寝るのと比べて、隣で寝てくれるだけで、起きたときの安心感、やすらぎが全然違う」「イケメンで仲良しなら。あり」「友達の中でも添い寝 はありの人もいる」との声も…!!

添い寝のようなことは彼氏とするものだと、わかってはいるけれど、時と場合によっては近くの人に甘えてしまう…女子大生は弱い部分も持っている“女の子”なんだなぁ。

(文:宮崎◎)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP