若いから平気…じゃない!?増加する「スマホ“労”眼」 今からやるべき対策3選

enkin01

仕事中、夕方くらいになってくると、なんだか目がショボショボ……。
ひどい時は、そこから肩こりや頭痛がすること、ありませんか?

単純な身体の疲れというよりも、目の奥の方が痛いというか、しっかり開けているのがツラくなるこの感じ。
これってもしかしたら、現代人の必需品 “PCやスマホの酷使”が原因の1つなのかも!?

「若いから平気」は盲点 老眼ならぬ「スマホ“労”眼」に注意

みなさんは、こういった目のショボショボに悩む時、どんなケアをしていますか?
目薬やアイマスクを使っているという人は多いかもしれませんが、どうしても一時的なケアという感じ。

目の疲れって病気やケガと違って、「疲れているだけ」「寝れば治る」と思ってしまい、すぐに治そうという意識がなかなか持てないものですよね。
特に30代くらいであれば、「言っても、まだ若いし!」なんて、つい自分の回復力を過信してしまいがち。

enkin02

ところが今、若者を中心に「スマホ労眼」が危惧されている、という情報をご存知でしょうか。
実は若くても、スマホの使いすぎによる日常的な疲れがきっかけで近視が進行してしまう可能性がある、というのです!
「気になったら即スマホで検索」「ゲームも本もスマホで楽しむ」というデジタル世代な若者たちこそ、慢性的にスマホ労眼に悩まされている人が多いのではないでしょうか。

目薬やアイマスクといった瞬間的なケアだけではなく、もっと日常的で継続的なケアが必要になってきているのです。

現代人、必読!スマホと上手につきあっていくための工夫

「自分ももしかしたら、スマホ労眼かも!?」
この記事を読んでそんな危機感を抱いた人のために。
目に負担をかけずに上手にスマホとつきあっていくための、ちょっとした工夫をご紹介したいと思います!

【1】ブルーライトを抑える

enkin03

いま、自分のスマホの照明設定はどうなっていますか?
ブルーライトを抑えるためには、通常の設定は「ちょっと暗すぎかな?」と思うくらいがむしろオススメです。
徐々に目が暗さに慣れてくると、「今までが明るすぎたんだ!」とハッとするはず。

また、家電量販店などで販売されているブルーライトをカットしてくれる液晶フィルムを使うのも、有効な手。
透明なのでほとんど視認性に影響はなく、落下時の保護フィルムの役割も果たしてくれます。

enkin04

【2】目のピントをリラックスさせる

“目が疲れる原因”として、ブルーライトと並んでもうひとつ大きいのが、実は “目のピントが合わせづらいこと”
スマホを使うシーンって、ゲームをしたりニュース記事を読んだり、近くのものをジッと見続けるということがほとんどですよね。
ところがその状況下では目のピント調節をする筋肉が緊張してしまっており、結果、疲労を感じてしまっているのです。

enkin05

その対策としては、シンプルに「遠くにあるものを見るようにする」こと
遠くといっても、ほんの3m先くらいでもOKです。
スマホの使用中、意識的に何か遠くの対象物を見つめるようにすることで、筋肉はリラックスしやすくなります。

【3】スマホ断ちする時間を作る

そして最終奥義は、“スマホ絶ち”の時間を作ること!

enkin06

たとえば「夜21時以降は朝まで絶対にスマホをいじらない!」といったマイルールを決めて、強制的にスマホから目を解放してみましょう。
超スマホ時代なだけに、無意識でいつまでもダラダラとスマホをいじってしまいがちな現代人には、なかなか難しいかも……!?

スマホ時代の若者に向けたデイリーケアアイテムも新登場

と、3つほどスマホとの付き合い方についてオススメを紹介しましたが、「ブルーライトを抑える」「目のピントをリラックスさせる」というだけでは、正直なところ目の疲れを完全になくすのは難しいかもしれません。
「スマホ絶ち」に至っては最終奥義と書きましたが、まあ、ぶっちゃけ、この現代の超スマホ社会でそれを完遂するのはそもそも無理がありますよね(当の筆者だってそう思います)。

上記の工夫はできるだけやるとして、もう少ししっかり目の疲れ自体を緩和するデイリーケアも検討したいところ。

そこで最新のオススメケアとして紹介したいのが、「サプリメントを使う」という手なのです!
実は“スマホ疲れの目をケアする”サプリメントが登場したのをご存知でしょうか。

enkin07

3月17日より新発売となったファンケルの「スマホえんきん」は、PCやスマホを酷使しがちな現代人のために誕生した、目の疲れを緩和してくれるというサプリメント。
他にはないスマホ労眼の手軽なデイリーケアとして、早速注目を集めています。

enkin08

1日2粒が摂取目安なので、仕事の合間など、思い出した時にサッと飲めばOK。デスクの上などに置いておけば手軽に続けられそうです。

もっと快適にスマホを使いたいから、もっと自分を大切にする。

考えてみれば、よく起こる目の疲れって、奥の方からくる感じというか、あまり自覚はないけれど、体の不調には違いないのですよね。
そうなると、サプリメントのような“飲むデイリーケア”は、当たり前といえば当たり前のようにも感じます。

enkin09

スマホはすでにわたしたちの生活に欠かせないものだからこそ、こうしたスマホと上手に付き合っていくためのアイテムも、どんどん需要が増えていくかもしれませんね。
自分の体をしっかりケアしていくことは、スマホライフをもっともっとたくさんエンジョイできるようになるということでもあるのです。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
株式会社ファンケル

スマホえんきん

今、あなたにオススメ
PAGE TOP