ついに東京、原宿に初出店!金沢で話題の「“溶けない”自然派アイスクリーム」って?

今、話題の不思議なアイスクリーム『金座和アイス』

金沢・ひがし茶屋街でこの頃“新・名物スイーツ”として注目を集めている“溶けないアイスクリーム”こと『金座和アイス』。

これだけ聞くと、「え、溶けない!? どういうこと!?」と思われる人も多いでしょうが、なんと驚くことに、天然素材を使った自然派なアイスクリームでありながら、室温40℃で3時間経っても、ほとんど溶けてこないというのです!

※環境条件により多少変動あり

今年3月に店舗がオープンして以来、主に金沢への旅行客の間で「新しい」と話題を集めていますが、東京や福岡など、様々な場所で限定発売された際にも「オシャレ!」「美味しい!」との声が多数寄せられていました。限定発売を逃したという人からは「悔しい」という声も。

待望の東京初出店!原宿・竹下通りにオープン

そんな人に朗報です!
話題の不思議スイーツ『金座和アイス』が、ついに待望の東京初出店!
7月3日(月)に、 原宿の竹下通りにオープンします。

『金座和アイス』最大の特徴は「溶けにくい」ということですが、これが実現できることで、いろんな形状に仕上げられる、というのが副次的なメリット。
これまでにも、金沢ならではな“前田家家紋風”、博多どんたくのイベントで大人気だった“くまモンアイス”など、様々な形状が登場しています。

味もバニラやイチゴ、抹茶などいろいろなバリエーションが揃い、石川県能都町の契約生産農家から仕入れたイチゴとブルーベリーのソースや、加賀産の金箔をトッピングという贅沢さ。
舌も見た目も、そして「ひんやり」という体感までも楽しめる、大満足アイスクリームといえそうです。

「溶けない」ヒミツは“イチゴ”の力!?

とはいえ、「アイスクリームなのに溶けない」って、何か変なものが入っているんじゃないの……?と疑ってしまう人もいるかもしれません。
ところがこのアイスクリーム、冒頭でも書いた通り、天然素材を使った自然派志向のアイスクリーム。
なぜ溶けないのかといえば、イチゴ果実より抽出した「イチゴポリフェノール」を独自に研究し、クリームの保形性向上という機能を開発したからなのだそうです。2014年には特許(特許第5603088号)も取得しています。

天然素材にこだわった研究を続けていった結果、「溶けないアイスクリーム」が誕生したということなのですね。

「溶けない」を活かした、日本×かわいいアイスが楽しめそう!

7月3日(月)にオープンする原宿店は、『日本らしい×かわいい』のポップなコラボレーションを実現させた、「どこにもないアイスクリームショップ」とのこと。
ハート型、ペロペロキャンディ型アイスを先行販売予定だそうです。

じめじめ暑い夏は、毎日だって食べたくなるのが、ひんやりとした癒やしをくれるアイスクリーム。
一方で「暑すぎるところで食べるアイスクリームは微妙……」「硬めのアイスクリームの方が好きなのに」と思っていた人も少なくないことでしょう。
そんな人にとってはきっと待望のスイーツであるはずの、「溶けないアイスクリーム」。
本格的な夏が始まる前に、ぜひ一度試してみたいですね♪

(文・ソーシャルトレンドニュース編集部)

金座和アイス

[店舗情報]
金座和アイス 原宿 竹下通り店
所在地 : 東京都渋谷区神宮前1-7-3
電話番号 : 03-5411-1212(予定)
アクセス : 原宿駅竹下口・明治神宮前駅 竹下通りすぐ
営業時間 : 10時~20時
オープン日 : 2017年7月3日(月)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP