キーワードは「赤色」!現代人の悩みの種 あの「疲れ目」に負けない目薬の選び方とは

santen1

現代人の悩みの種といえば「疲れ目」
日々の仕事などで目を酷使し、知らず知らずの内に「疲れ目」になっている方も多いのではないでしょうか。
かくいう私も、毎日長時間パソコンと向き合っているため、万年疲れ目に悩まされている一人です……。

その行為、疲れ目を悪化させているかも……?チェックリストで確認!

ただでさえつらい疲れ目ですが、どうやら生活習慣によってさらに悪化させる恐れがあるそう。
気付かぬ内に疲れ目をひどくさせる行為を行っていないか、チェックしてみましょう。

<あなたは大丈夫? 「疲れ目」NG習慣チェックリスト>

□スマートフォンを長時間使っている
□仕事などでパソコンを使用することが多い
□目線よりも高い位置に、パソコンやテレビの画面がある
□姿勢が悪い
□メガネやコンタクトレンズの度数を強めにしている
□老眼ぎみだが、老眼鏡をまだ使用していない
□睡眠が不足しがちだ
□お酒をたくさん飲む
□エアコンのきいた部屋にいることが多い
□喫煙室など、たばこの煙の蔓延した部屋で過ごすことがある

【0~1個】 目の負担は少ないと考えられます。
【2~4個】 目にやや負担がかかっています。普段の習慣をみなおしましょう。
【5~7個】 目にかなり負担がかかっています。早めに疲れ目対策をおこないましょう。
【8~10個】 目に対して大変負担がかかっています。自覚症状がある場合は、眼科の受診をおすすめします。
(チェックリスト監修:だんのうえ眼科・二子玉川院 院長 大島由莉先生)

ちなみに私は……5個あてはまりました……。みなさんはどうでしたか?
2個以上あてはまった人は目に負担がかかっているとのことなので、早めに疲れ目対策をする必要がありそうです。

「疲れ目」に負けない目薬の選び方 ポイントは「赤色」

とはいっても、正直これらの生活習慣をいますぐ改善するのは厳しいものが……。
長時間のスマホ・パソコンの使用や睡眠不足は、仕事などをしているとどうしても避けては通れないのが現実。また、チェックリストの中に「お酒をたくさん飲む」もNG要素として入っていましたが、お酒好きな方にとっては、飲む量を減らすのもなかなかつらいですよね。

さらに、疲れ目対策には様々な方法がありますが、できれば目薬のように、「疲れた!」と思った時にいつでもどこでも手軽にすぐ出来るケアが理想です。
ただ、ここで気を付けたいのが、目薬ならなんでもいいというわけじゃないということ。

その選び方のポイントはズバリ“色”「赤色」の目薬を選ぶのが肝なんです。

キメ手は「赤色」!参天製薬目薬

「疲れ目」対策に有効とされるのが、赤色が特徴の「ビタミンB12」
このビタミンB12が配合されている目薬を選ぶのがポイントです。
ビタミンB12は目のピント調節を行っている筋肉に働きかけるので、目の疲れをほぐしてくれるんです。

ここで選びたいのが、参天製薬の赤色の目薬
疲れ目対策に有効な「ビタミンB12」を配合しているので、目薬の色も赤色
そう、疲れ目対策の目印は「赤色の目薬」です!

オススメは、「サンテメディカル12」

santen2

ビタミンB12を中心に4つの成分を最大濃度配合(※1)するなど、考え抜かれた12種の有効成分をバランスよく配合。
ピント調節筋 (※2) と副交感神経に働いて衰えたピント調節機能を高めるとともに、目の乾きをうるおし、さらに目に栄養を補給して組織代謝機能を促進する、眼疲労改善目薬なんです。

(※1)一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合:ビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩
(※2)毛様体筋

また、コンタクトユーザーの方には「ソフトサンティア ひとみストレッチ」がオススメ。

santen3

目の疲れの大きな原因であるピント調節筋(※2)のコリをほぐす2種類の成分、組織代謝を促進するビタミンB6を最大濃度配合(※3) 。防腐剤は無添加(※4)なのですべてのタイプのコンタクトレンズ(カラーレンズを除く)を装着したまま点眼することができます。
瞳をやさしく包む、しっとりとした差し心地が特徴です。

(※3)一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度
(※4)防腐剤(ベンザルコニウム塩化物など)は配合していません。

私も普段はコンタクトレンズを使用しているので、「コンタクト用」の目薬が用意されているのはとても嬉しいです。
また、小容量の5mLボトルが一箱に4本入っているので、オフィス用や自宅用、持ち運び用と、シーンに合わせて使用することが出来るんです!
ちなみに私はオフィスのデスクに一つと、持ち運び用のポーチの中に一つ入れています。
いつでもどこでも、使いたい時にサッと使用することが出来るのがお気に入りポイントですね 。

「疲れ目」には赤色で勝負!
賢い目薬選びで、悩みの種に打ち勝ちましょう!

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
参天製薬株式会社

「疲れ目」には赤色!

今、あなたにオススメ
PAGE TOP