“圧倒的な暴力とエロス”は一気見必須!園子温監督「東京ヴァンパイアホテル」

amazon1

いつの時代も制限されるものほど、触れたくなるし、見たくなるもの。

特に映像作品における「エロス」や「グロ」、「暴力」は、その過激さから何かと規制がかけられることが多いが、世に出ている作品数の多さから見ても、やはり一定数需要があることは認めざるを得ない。

リミッターの外れた圧倒的世界観!『東京ヴァンパイアホテル』3つの魅力

そしていま、この記事を読んでくれているそこのあなたも、おそらくこの「制限を超えた、リミッターの外れた世界」を愛してやまない、そんな方なのではないだろうか。なにせ、“圧倒的な暴力とエロス” 、このタイトルがつけられた記事をすでにここまで読んでいるのだから……。

“2つの吸血族vs人類” 先の見えない死闘は迫力満点

ということで、もったいぶらずにご紹介したいのが、「Amazonプライム・ビデオ」で現在配信されている『東京ヴァンパイアホテル』だ。

amazon2

こちらは、園子温監督が制作した初の連続ドラマであり、日本とルーマニアを舞台に繰り広げられる、“地球と人類の滅亡を図る吸血族”と“人類”の戦いが描かれたものだ。

園子温監督作品ではすでにおなじみの、冨手麻妙さん演じるキーパーソン「マナミ」が、22歳の誕生日の日、突然大量殺人に遭遇するところから物語は始まる。

命からがら逃げた先々で、2つの吸血族のうちの一つである「ドラキュラ族」の「K」(夏帆)と、もう一つの吸血族、ネオ・ヴァンパイア族こと「コルビン族」の「山田」(満島真之介)からつけ狙われることになる。
マナミはKに捕まりそうになったところで、反ドラキュラ勢力であるコルビン族の山田に連れ去られ、彼らが人間を相手に営む「ホテル・レクイエム」、またの名を「東京ヴァンパイアホテル」に監禁されてしまう。
一体なぜ、マナミは2つの吸血族から狙われるのか?
そしてドラキュラ族とコルビン族はなぜ対立しているのか?
Kのミッションは? マナミの運命は? そして、人類とヴァンパイア族、ネオ・ヴァンパイア族の戦いの行方は……?
回を追うごとに増していくスピード感と、解き明かされていく秘密の意外性に、ドンドンのめり込んでしまう作品だ。
また、このドラマのポイントとなる圧倒的な世界観は、他の同ジャンルのドラマの中では群を抜いている。

1話目から繰り広げられる銃撃戦。常に色気を漂わせるマナミ……。
正直あまりの衝撃に、連続で見ると「お、おう……」となる瞬間もあるのだが、それでもやはり続きが気になり、いつの間にか、「もっと戦ってくれよ……!」とグロさを欲するようになってしまう何とも不思議な作品だ。

ではここで、『東京ヴァンパイアホテル』を1週間で一気に見終えてしまったほどドハマリした筆者が、一ファンとしてこの作品の見どころをさらにご紹介しようと思う。

[1]とにかくエロくてグロい。だから……求めてしまう!

やはり『東京ヴァンパイアホテル』一番の魅力は、その「内容」だ。
昨今地上波で放送されている映像作品は、年々激しくなっていく“放送規制”から、表現出来る内容に限りがある。
故に、もっとも規制の対象となりやすい表現である「エロ」や「グロ」、「暴力」 は、アニメからドラマ、さらにはバラエティ番組に至るまで、何かと避けられがちだ。
しかし、『東京ヴァンパイアホテル』は、地上波のような厳しい“放送規制”のない媒体であるAmazonプライム・ビデオで制作・配信されているドラマということで、非常に自由度が高い作品となっている。

記念すべき第1話目では、「ドラキュラ族」に属する中川翔子さんが、いきなり銃をぶっ放している。

amazon3

満面の笑みを浮かべ、ひょうひょうとした態度で、「痛みはない。私の腕は一流だから安心して」と、嬉しそうに次々と人間たちを撃ち殺していくその姿は、普段の可愛らしい中川さん、いや、あえて言おう、「しょこたん」からは想像がつかないほど狂気に満ちている。

また、物語が進むにつれて、「ドラキュラ族」と「コルビン族」、そして人間たちとの戦いは激しさを増していき、広間の床が全面血だらけ、なんていうシーンが当たり前になってくる。

amazon4

次々と殺されていく人々、そして夏帆さん演じる主人公Kによる鮮やかな「コルビン族殺し」。
思わず目を背けそうになる瞬間も正直あるのだが、すべてのシーンがあまりにも鮮やかに描かれているからなのか、なぜか気持ち悪さや不快感は残らないから不思議だ。

さらに物語のキーパーソンである、マナミが振りまくエロさや、吸血シーンの妖艶さも、この物語には外せない魅力である。(ここはぜひ冨手さんの妖艶な演技を映像で感じていただきたい!)

[2]園子温監督初の完全オリジナル脚本ドラマシリーズ

『東京ヴァンパイアホテル』の総監督・オリジナル脚本を手がけたのは、「園子温」監督。
園子温といえば、『冷たい熱帯魚』や『地獄でなぜ悪い』など、過激な暴力、性描写を盛り込んだ作品が魅力の監督。故に彼の作品は地上波放送のドラマではどうしても放送が出来ず、お目にかかることはまずない。

しかし今回は、地上波の放送ではなく、Amazonプライム・ビデオというSVOD(定額制動画配信サービス)で配信されるということで、リミッターのない園子温監督作品が、初のオリジナル脚本となる連続ドラマとして見ることが出来るのだ。

園子温監督は、『東京ヴァンパイアホテル』の制作を振り返って、「以前からオリジナルのヴァンパイア映画を作りたいと考えていましたので、念願が叶って今回アマゾンさんでオリジナルドラマが制作できることとなり、私としては映画を作るのだというマインドで挑みました。いままでのどんな長編映画にもテレビドラマにもなかったものが出来上がったと自負していますので、お楽しみいただければと思います」と、園子温ワールド全開に仕上がっている作品への自信をのぞかせていた。

『東京ヴァンパイアホテル』に登場するのは2つの吸血族だが、園子温監督が表現したかったのは、ただの「吸血族」ではなく、「ドラキュラ族」と「ヴァンパイア族」この2つである。
本来、ドラキュラと、人の生き血を吸うヴァンパイアは別の生き物であるとされているが、その違いを理解している者は日本人の中にはまだまだ少ないのではないだろうか。
だからこそ園子温監督は、その2つをあえて別々に表現し、対立させることで、その違いを明確にしている。

この作品は、そんな園子温監督の細かいこだわりや思いが、十二分に発揮されたドラマなのである。

[3]豪華キャスト陣の共演! 実力派俳優なのに脇役も……?

『東京ヴァンパイアホテル』の魅力はこれだけではない。
登場するキャラクターを演じるキャスト陣の豪華さがすごいのだ。

主役の「K」を演じるのは、日本アカデミー賞で優秀助演女優賞などを受賞している夏帆さん。
ドラキュラ族の戦士として、コルビン族との死闘を繰り広げている。

amazon5

さらに、夏帆さんの敵役「山田」を演じているのは、最近注目を集めている若手俳優の満島真之介さん。
謎の少女「マナミ」を演じるのは、園子温作品『アンチポルノ』『Love Of Love』『みんな!エスパーだよ!』『リアル鬼ごっこ』『新宿スワン』などにも出演している冨手麻妙さんだ。

amazon6

amazon7

そしてさらにここで注目したいのが、メインではなく脇役として出演している俳優陣も豪華であるということだ。
第1話に登場する中川翔子さん、謎の姫を演じる安達祐実さん、マナミの彼氏として登場する斎藤工さん。全員、今をときめく豪華なメンバーだが、ドラマの中で登場するのはほんの一瞬だったり、すぐ殺されたり……。普通だったら「え!? もう映らないの!?」と驚いてしまうような役として出演しているのだ。
「どんな役でも園子温監督の作品なら出たい」、そんな俳優陣のこだわりがあったのだろうか。

そんなキャストの布陣からも、園子温監督の力の入れようが感じられる。

全9話公開中!夏の夜に一気見のチャンス

さて、ここまで『東京ヴァンパイアホテル』の魅力を紹介してきたが、いかがだっただろうか。
梅雨も明け、本格的に夏がはじまり、少し刺激が欲しくなる夏の夜にこそ、ぜひ見てほしい作品だ。

この作品を見ていると、Amazonプライム・ビデオだからこそ、決して規制に縛られることのない、オリジナリティの詰まったハイクオリティな作品が今後も楽しめるのではないかと期待してしまう。
たくさんの作品が世に放たれ、それらの作品を多様なスタイルで見ることが出来る今の時代だからこそ、唯一無二の個性的な映像作品が楽しめるこのサービスは、映像作品好きたちの「より刺激的なものが見たい」という欲望を満たしてくれるだろう。

年会費3,900円、月額にして325円相当、あるいは月額400円(税込)という価格で大量の動画が見放題であるAmazonプライム・ビデオ。
今回ご紹介した『東京ヴァンパイアホテル』は、既存のプライム会員であれば今すぐ無料で見ることが出来るもの。まだ会員登録をしていない方でも、なんと30日間無料トライアル視聴が可能だ。
さらに嬉しいことに、本作品は全9話がすでに全話公開されているので、トライアル期間内に一気に見ることも出来るのだ。

「制限を超えた、リミッターの外れた世界」を愛してやまないという方も、まだその魅力に気付いてないという方も、この機会にぜひ、刺激的な夜を過ごしてみてはどうだろうか。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
Amazon プライム・ビデオ

東京ヴァンパイアホテル

今、あなたにオススメ
PAGE TOP