ユニコーン、レインボー、パステル “ゆめかわいい”は誰のもの?

あなたは“ゆめかわいい”という言葉を聞いて、どんなものが思い浮かびますか……?

ご存知の方は、原宿系、パステルカラー、ツインテールなど、女の子らしいファンシーなイメージがまず浮かんでくる人が多いのではないでしょうか。
この“ゆめかわいい”という言葉を生み出したと言われているのが、原宿系のモデルとして有名なAMOさん。
彼女が2013年に、個人のブログで『shu uemura』の新作コスメの、可愛らしくファンタジックな雰囲気を形容して作った造語が“ゆめかわいい”でした。

どこか儚げでアンニュイな世界観を表す“ゆめかわいい”という言葉は、その後「メルヘン+病み=ゆめかわいい」というように、新たに“病み”という要素が加わり、それまでの明るいファンシーさというよりも、紫系の色みに寄った、儚さ、見方によってはどこか不安感を感じさせるような世界観として、この頃から世間にも認知されるように。
ですが、この頃はまだ“ゆめかわいい”アイテムや世界観を楽しんでいるのは原宿系の女の子たちに留まっていました。

“ゆめかわいい”に惹かれる人々

そんな“ゆめかわいい”の人気に最近変化が見られるように。
実は最近この“ゆめかわいい”の世界観に惹かれる女性が、原宿系だけでなく、派手好きなファッションを好むギャルなど、さまざまな女性の間でブームとなっているんです。

そんな“ゆめかわいい”の象徴的なアイコンといえば、パステルカラーを取り入れてデフォルメされた、非現実的な存在である「ユニコーン」なのではないでしょうか。
ここ数年、世界中のあちこちでユニコーン人気をキッカケに“ゆめかわいい”世界観が浸透し始めています。

タイ バンコクのカフェ

アジアでも有数の観光都市として、めまぐるしい進化を遂げている、タイの首都バンコク。
若者の間ではSNSの人気も相まって、インスタグラムなどで写真映えするカフェが次々と登場している中、これでもかと派手なコンセプトで現れたのがこちらの『Unicorn Café』。
  


文字通り、ユニコーンをテーマにしたこちらのカフェは、外装、内装、メニュー、どこをとっても“ゆめかわいい”世界観でフォトジェニック!
観光客だけでなく、タイの有名インフルエンサーたちがこぞって訪れたことから、現地の若者にも人気の様子。
  

スイーツやドリンクまで、徹底したパステルカラーへのこだわりに驚かされます。
 

店内のあちこちに置かれているユニコーンと写真を撮れば、それだけで自分も“ゆめかわいい”世界の住人に。

あのスタバも

 

また、昨年には、北米を中心としたスターバックスで「ユニコーンフラペチーノ」が発売され、そのファンシーな見た目がSNSを中心に話題に。
残念ながら日本では発売されませんでしたが、ネットニュースなどで“ゆめかわいすぎるドリンク”として紹介されているのをよくみかけました。
 

このファンシーな見た目に、誰しも飲む前に必ずスマホのシャッターを押してしまうはず。

“ゆめかわいい”世界観は、日本を超えて世界中で注目されながら、様々なものに形を変えて女の子の市場を動かしています。

派手好きなギャルたちに愛されるように

当初は、原宿系や青文字系と形容されるような女の子たちが“ゆめかわいい”世界観のファッションやコスメを好んでいたイメージですが、最近では流行に敏感なストリート系やギャル系ファッションの女の子に、この“ゆめかわいい”というコンセプトが刺さっているよう。

特に、コスメやネイルの業界ではいま最も熱い視線が注がれています。

とにかく目立つユニコーンネイル

 

今年の夏、街でよく見かけた「ユニコーンネイル」。
ピンクやホワイト、スカイブルーといったパステルカラーに、微細なラメでキラキラとミラーのようにきらめくネイルがとても目立つので、派手目なファッションを好む女性から特に人気が高かった印象です。
 

Nails incさん(@nailsinc)がシェアした投稿

ネイルサロンに行かずとも、セルフでユニコーンネイルが再現できる!と話題になったのは、イギリスのブランド『NAILS INC』の「スパークル ライク ア ユニコーン キット」。
今でも売り切れが続く人気アイテムです。

レインボーカラーをメイクにも

顔に陰影をつけて小顔にみせることのできる定番コスメとして「ハイライト」がありますが、最近では光を多く取り入れるハイライトが、欧米を中心にトレンドになっています。
 

特に近頃は、ただ肌に明るさを取り入れるのでなく、パステルカラーの色みのあるハイライトが充実しています。
「ちょっと肌色から浮いていない?」くらいに目立たせるのが今っぽくて人気のようです。
その中でも、見た目の可愛さと使いやすさで話題となったのがロンドンのコスメブランド『I Heart Makeup』 の「ユニコーン ハート レインボー ハイライター」。
 

名前の通り、ユニコーンをイメージしたパッケージと、虹色のパステルカラーで出来た“ゆめかわいい”ハイライトです。
日本でも百貨店などで発売され、売り切れでなかなか手に入らないといった声もTwitterなどで見られました。
 

サッと広げるだけで、パステルのラメで顔が華やかな印象に。
アイメイクもパステルカラーに統一すると一気にファンシーな仕上がりになります。

なぜ“ゆめかわいい”がウケるのか

このように、女の子たちにとって普遍的なトレンドとなりつつある“ゆめかわいい”世界観。
その人気のワケについて考えてみると、やはりインスタグラムでシェアしたくなる、わかりやすいファンシーさや、幻想的な雰囲気を醸し出せることにあるのではないでしょうか。

普段“メルヘン”や“パステル”といったアイテムやファッションのイメージのない女の子たちが「あえて」ユニコーンのような“ゆめかわいい”アイテムを身につけることで生まれる“ギャップ”。
それをインスタグラムにあげた時の周りからの反応を感じたくて、彼女たちは「あえて」、“ゆめかわいい”を楽しんでいるのです。

それまで「メルヘン+病み」という概念から程遠かった女の子たちが、今もっとも“ゆめかわいい”市場を支えているといっても過言ではありません。

だれもがSNSを通して発信者となることのできる時代。
たくさんのインフルエンサーたちによって、これまで一部の女の子たちだけが楽しんでいた“ゆめかわいい”は、こうして世界中の女の子たちの間でムーブメントとなったのです。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP