のん出演【銀河のしずく宇宙最強米への道】怒涛の後半戦へ!!「おにぎり」篇公開!

jaiwate01

全国各地で続々と新しいブランド米の開発がされている近年。
特に新米のこの時季には、例年様々な人気タレントを起用したCMや広告をよく見かけるのではないか。

そんな群雄割拠のブランド米戦国時代に、日本有数の米どころである岩手から、炊きあがりの白さ・味のバランスの良さが自慢のブランド米、『銀河のしずく』が発売されている。
PRに起用されたのは、今年1月に「純情産地いわて宣伝本部長」に就任した、のん。
そしてそれに華を添えるのは、どぶろっく、ゴー☆ジャスら人気者から、最近話題のANZEN漫才、カミナリといったお笑い芸人達。
そんな豪華メンバーが出演しているCMが、WEB公開のロング版を中心に展開中。
初回からすでに公開ずみのエピソード4まで、衝撃のストーリー展開の連続で、話題を呼んでいる。

『宇宙最強米への道』 –Road of The Rice-

エピソード0

jaiwate02
「会議」篇

岩手の新ブランド米、『銀河のしずく』を全国にPRすべく、PR戦略会議が開かれた。
PR本部長を務めるのんへ、PR部員のカミナリ、ANZEN漫才らが様々な提案をするものの、なかなか良いアイディアが出ず、会議は紛糾してしまう。
行き詰ってしまった会議に、キャンペーンソングを引っ提げてやって来たのがどぶろっくの2人。
彼らのハッピーなテーマソングを聞いていたのんに、とある名案が浮かんだ。
それは、銀河のしずくを宇宙に進出させ「宇宙最強のおにぎりを作る」という壮大なプロジェクトだった……。

そしてこの会議を皮切りに、のん達の宇宙最強米への挑戦が始まったのだ。

エピソード1

jaiwate03
「田植え」篇

岩手から宇宙へ。
壮大なプロジェクトは田植えからスタートした。
地元の人々と一丸となって、一つ一つ丁寧に稲を植えていくのん達。
体力仕事を終えた後、皆で美味しそうにおにぎりを頬張るシーンでは、「宇宙最強おにぎり」完成への期待感が膨らんでいく。

エピソード2

jaiwate04
「羽釜」篇

「米を炊くなら、やっぱり羽釜!」
宇宙最強米への情熱は、なんとお米を炊く釜探しまで彼らを走らせた。

盛岡にある南部鉄器の工房を訪れた、のんとゴー☆ジャス。
目の前で真っ赤に熱された鉄が、どんどんと釜へと形を変えていく様子に、興味津々。
こうして職人のこだわりの技が光る、羽釜をゲットしたのだった。

エピソード3

jaiwate05
「仙人秘水」篇

次に彼らが探しに行ったのは、お米を炊くのに適した超軟水。
155年の歴史を持つ『釜石鉱山』に湧き出る「仙人秘水」の源水へ、トロッコに乗り訪れた。
湧き出た水を飲み「めっちゃやわらか~い!」と満足げなのん。
こうしてトラックの荷台いっぱいに、宇宙最強米を炊くための「仙人秘水」を手に入れた。

エピソード4

jaiwate06
「稲刈り」篇

米を炊くための羽釜、仙人秘水を手に入れたのん達。
ついに銀河のしずくの収穫の時季がやってきた。
のん達プロジェクトメンバーに加え、地元の人々も田んぼに集まって稲刈りがスタート。
最新の稲刈り機を駆使して、どんどんと稲を刈っていく。

積み上がった黄金色の稲に、「銀河のしずく、ゲットー!」と達成感いっぱいに稲刈りを終えたのだった。

ついにこのときが……!!宇宙最強おにぎりが完成

 

そして11月10日、ついに待望のエピソード5(Web版)が公開。
のん達プロジェクトメンバーだけでなく、地元の人々も集まって、ついにおにぎり作りが始まった。
熱心に視線を向ける先には、地元岩手こだわりの南部鉄器、羽釜が……。

jaiwate07

そして、ついに炊きあがった「宇宙最強米」。
皆が固唾をのみながら見守る中、蓋をあけると……。

jaiwate08

真っ白でつやつやとしたご飯が!!
これには一同から「おおー!!」と、大きな声が漏れる。

jaiwate09

こうしてついに出来あがった、炊きたて握りたてのおにぎり。
皆で一斉に「いただきまーす!!」

自分たちでイチから作り上げたお米で作ったおにぎりを頬張る姿は、幸せそのもの。
そんな感動的な空気の中、とあることに気付いたメンバーから、こんなツッコミが。
「今のままだと、地球最強止まりだっぺ」
そうである。目指すは「宇宙最強のおにぎり」にも関わらず、まだ宇宙に進出していないのだ。
それに対し、のんが一言。

「忘れてはいけない。私たちには宇宙船があるじゃないか!!」と、指さした先には……。

jaiwate10

なんと、軽トラ!?に似た宇宙船が!

jaiwate11

どうやら、この宇宙船で宇宙の人々におにぎりを配ろうと計画をしていたようだ。
しかし宇宙への進出を意気込むのん達に、ゴー☆ジャスから、衝撃の告白が。

「軽トラは二人乗り。それは全宇宙の常識」
さらに、衝撃の一言。
「のんちゃん、君も(宇宙に)連れて行くことは出来ない」

jaiwate12

なんと、この宇宙船には片道分の燃料しか残っていないということが発覚したのだ。
地球に戻ることが出来ないため、のんを連れていけないと言い放ったゴー☆ジャス。
それに対しのんが、
「かまうもんか! 片道切符上等じゃねえか!」と啖呵をきると……。

jaiwate13

「のんちゃん、君はよく頑張った! 君は君にしか出来ないことをするんだ!
この地球で、女優として、アーティストとして大活躍するんだ。
それをみんなが待ってるんだ!!」
そう熱い思いを吐露したゴー☆ジャス。

なんとのん達を置いて、おにぎりを宇宙に広めるため、一人飛び立っていってしまったのだ。

jaiwate14

突然すぎる別れに、驚きを隠せないのん達。
そこにさらに、ショッキングな出来事が……。

なんと、最も大切なお米を地球に全部置き忘れていってしまったのだ。

jaiwate15

山積みになった『銀河のしずく』に唖然とする、のん達……。
そしてお米を持たずして宇宙へと飛び立っていってしまったゴー☆ジャス。

一体、この後プロジェクトはどういった結末を見せるのか。
まさかの展開が続き、ますますこのプロジェクトの続きが気になってしかたない。

『銀河のしずく』とは

のん達が奮闘してきた「宇宙最強おにぎりプロジェクト」。
「宇宙最強米」という壮大な目標を掲げた岩手のブランド米、『銀河のしずく』は、いったいどんなお米なのか気になる読者も多いのではないだろうか。

jaiwate16

『銀河のしずく』は、2016年より販売を開始した、岩手県オリジナルの新しい水稲品種。
2015年、2016年産米の「食味ランキング」で最高位の特Aを獲得し、その他複数のランキングでも入賞を果たした岩手が誇るブランド米だ。
なんと開発にかけた年月は10年以上。
味、育てやすさ、岩手の気候との相性を重視して開発され、炊きあがりの白さ、粘りと硬さのバランスの良さ、かむほどに広がる甘さが特徴。
岩手県内の米穀店・スーパーはもちろん、東京をはじめとした岩手県外の一部販売店でも販売されている。

日本でも有数の米どころである岩手が本気で作り上げた『銀河のしずく』。
ぜひとも出来たてのお米で「宇宙最強おにぎり」を作ってみたいものだ。

どんな結末を迎えるのか……?

「宇宙最強米」という壮大な目標を掲げ、のん達が全力でPRしている『銀河のしずく』。
美味しさへの飽くなき追求から生まれた「宇宙最強おにぎりプロジェクト」は無事、完遂されるのか……?
お米を持たずして宇宙に飛び立ったゴー☆ジャスは一体どうなってしまうのか……?

これから公開される動画に、最後の最後まで目が離せない。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
JA全農いわて

銀河のしずく

今、あなたにオススメ
PAGE TOP