唇の曲がり角は平均31歳!?アラサー女性必見!対策はリップクリームより〇〇

rip1

まさかのここにも!?徐々に現れる“○○の曲がり角”

“お肌の曲がり角”という言葉を聞くと、ドキッとする女性も多いのでは?

特に20代後半になると気になりだすこの曲がり角。
実はお肌だけではなく、意外な場所にもあらわれているということをご存知ですか。
それがなんです。

平均31歳で感じる“唇の曲がり角”

rip2

そんな唇の曲がり角について、資生堂薬品株式会社が25歳~49歳女性 500名に行った調査(※)では、7割以上の女性が、「20代前半よりも冬場にリップクリームなどで唇の保湿をする回数が増えたと思う」と回答。

rip3

さらに、「肌と同じように唇にも加齢による見た目の変化(曲がり角)があると思う」と回答した女性も約9割。

rip4

それらを自覚した年齢については、平均で31歳ということで、多くの女性たちが自身の唇に対して“曲がり角”を感じていることが明らかとなりました。

rip5

とりあえず使うのは「リップクリーム」だけど満足度は約3割

さらに同調査では、約9割の女性が、唇ケアはリップクリームだけを使用していることが判明。
それにも関わらず、約7割の方が唇ケアに満足出来ていないという、なんとも悩ましい結果となりました。

曲がり角には治療効果のある医薬品リップで!

rip6

思い返せば私も、10代の頃は何を選ぶにも、「とりあえず安くて可愛いもの」を選んでいましたが、20代後半になると、「少しでも肌にいいもの・効果が実感できるもの」を中心に選ぶようになりました。
これらと同じように唇ケアも、「なんとなく」「それっぽい」で選ぶのではなく、きちんと自分のニーズに合ったものを選ぶ必要がありそうです。

満足のいくリップケアのため、そして唇の曲がり角対策には、一時的な潤いを与えるだけではなく、ガサガサ唇のための、しっかりと治療効果のある医薬品リップクリームを選ぶことが大切なのかもしれません。

アラサー女性必見!「モアリップ」で唇の曲がり角対策を

そこで使ってみたのが「モアリップ」。

rip7

美容のプロや美容情報誌で人気が高いだけでなく、ウェブ上でもこの冬、個性的なラップ動画が話題になっている唇ケア用品です。

唇のあれに効く5つの成分を配合した口唇炎・口角炎治療薬として、ガサガサ唇や皮むけなどを治してくれるんだそう!

あれた唇の修復を促す「アラントイン」、唇の炎症を抑える「グリチルレチン酸」、皮膚の血行を良くして、新陳代謝を促す「ビタミンE」、皮膚・粘膜の健康を維持する「ビタミンB6」「パンテノール」。
これらの5つの成分が配合されています。

さらに、油分の中に潤い成分を閉じ込めてあるので、唇を守りながら潤いを補給。また、スティックタイプのものに比べて、のびがよくなめらかな使用感が特徴なんです。
だからあれた唇への刺激が少なく、つけると、しっかりと唇を保護してくれている感じがします。

rip8

寝る前のケアタイムはもちろん、口紅やグロスを塗る前に塗っても支障がないので、シーンを気にせず使えるのがうれしいです。

大人だからこそ、きちんと自分の唇と向き合い、曲がり角に負けない素敵な唇を目指しましょう!

(※)[調査概要]
・調査名:「唇の曲がり角」に関する意識・実態調査
・調査期間:2017年12月5日~6日
・調査方法:インターネット調査
・調査実施機関:楽天リサーチ
・調査対象:25~49歳 「唇の乾燥・あれ、ひびわれ」が気になっている女性500名(※5歳刻みで均等割付)

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
資生堂薬品株式会社

モアリップN

今、あなたにオススメ
PAGE TOP