あなたはどっち派?おうちで超有名店「麺屋一燈」VS「無鉄砲」の東西対決が実現

nissin01

全国各地の名店がしのぎを削っている、ラーメン戦国時代の昨今。
様々なタイプのラーメンが続々と登場しつつ、年々そのレベルは高くなっており、ラーメン好き達を楽しませている。

日清推し麺!シリーズを知っているか?

中でも今注目したいのが、家で有名店の味が楽しめる「日清推し麺!」シリーズ
なんと、食べログで高得点を維持し続けている人気ラーメン店、関東の「麺屋一燈」、関西の「無鉄砲」が冷凍麺になって販売されているのだ。

nissin02

nissin03

イズミヤで試食ができる

その美味しさを多くの人に知ってもらうべく、イズミヤでは試食を行っているようだ。

【3月10日】
千本北大路店/天下茶屋店/和歌山店/学園前店/堀川丸太町店/洛北店

【3月11日】
エキスポシティ店/玉造店/八幡店

【3月17日】
長岡店/昆陽店/白梅町店/紀伊川辺店/広陵店/樋ノ口店

※試食できるのは「無鉄砲」のみとなります。

東西の超有名店の味を家で手軽に食べ比べすることができるのであれば、筆者も、これは試さないわけにはいかない。
早速商品を手に入れ、その味を確かめてみることに。

東代表「麺屋一燈」

まず食べてみたのは、東の代表「麺屋一燈」の濃厚魚介ラーメン。
名前の通り、濃厚な鶏がらと魚介の旨みがきいたスープとコシのある麺がこの店の特徴だ。

nissin04

写真は筆者が実際に、新小岩にある本店で休日に1時間並んで食べたものだが、まさしく行列に値するクオリティだった。
果たして冷凍麺でもしっかりと再現できるのだろうか……?
少し疑いながら調理をスタート。

電子レンジで具付きの麺を温める。
どんぶりには濃厚なスープの素をお湯で溶かして準備。

nissin05

熱々のスープの中に、先程レンジで温めた具付きの麺を入れていけば……。

nissin06

10分もかからず、あっという間にラーメンの完成だ。

nissin07

まず一口麺をすすってみると、口いっぱいに魚介の香りが広がっていく。
この香りのよさは、まさにお店で初めて食べた時の感動に近いものがあった。

麺はもちもちとしていて、濃厚なスープと非常によくからむ。
今まで食べてきた冷凍麺と比較しても別格のコシに感動すら覚えた。

さらに具材にもこだわりが感じられる。
チャーシューにはしっかりとした厚みがあり、肉々しい。
カップ麺に比べると、やや調理の時間はかかるが、とろけるような食感は冷凍だからこそ再現できるものなのかもしれない。

麺の量もしっかりと入っていて、食べた後の満足感は「麺屋一燈」ファンをも納得させることだろう。

西代表「無鉄砲」

そして西の代表「無鉄砲」の濃厚豚骨正油ラーメンへ。
こちらは、コラーゲンがたっぷりのどろっとした超濃厚な豚骨ラーメンを出す店として有名だ。
初めて店舗で食べた際は、スープのインパクトに目をまるくした。
冷凍麺ではこのスープをどう再現するのか……?

nissin08

先程と同様に、電子レンジで温めた麺をスープに入れて、あっという間に調理が完了。

すると、なんということだろう!
麺と一緒に凍っていた背油や豚骨が溶けだし、一気にとろみがかったスープへと変貌。
お店で食べた時のビジュアルに近づいて、これにはテンションが上がる。

nissin09

早速麺を口へと運ぶ。
溶けだした脂の旨みのとろっとした食感と、濃厚な豚骨スープの美味しさが一口目にしてガツンと伝わってくる。

そして「無鉄砲」特有のちぢれ麺も見事に再現されており、スープが麺にしっかりとからみ合う。
まるで“スープを食べているかのような感覚”になれるのが、「無鉄砲」の特徴だが、これが家でも体験できるとは驚きだ。

濃厚な豚骨系が好きな方には堪らない商品なのではないか。

冷凍麺の進化がスゴかった

東の「麺屋一燈」は、深みのある魚介鶏白湯スープ。
西の「無鉄砲」はとても濃厚な豚骨正油スープ。
それぞれの個性ある味わいが忠実に再現された、「日清推し麺!」シリーズは間違いなく要注目の商品だ。

自宅で手軽に、これだけ本格的な一杯を楽しめるようになったワケは、冷凍麺ならではの“ワザ”にあるんだそう。

袋を開けてみると分かるが、冷凍麺の中央にはへこみがあり、端には氷の層が成形されている。
実はこの形状こそが、コシのある麺を楽しむことができる秘密だという。

nissin10

電子レンジで加熱することで、この氷が溶け、麺と具がムラなく蒸し茹で状態になり、冷凍麺とは思えない本格的なコシとツルツル感を楽しめるようになるのだ。
そのため、麺の加熱方法は鍋調理ではなく電子レンジがオススメとのこと。

普段冷凍麺を食べないという人にこそ、このコシのある麺の食感に驚いてほしい。

さらに注目すべきはこだわりのスープ。
お店の味に近づけるための、濃度の濃い、とろみあのある本格的なスープは、乾燥させるカップ麺ではなかなか再現することができないだろう。

調理法はとっても簡単なのにも関わらず、ここまで美味しい一杯を楽しめるとは……。
お店で食べると800円くらいの味が、半額程度で手に入るのも嬉しい。
想像をはるかに超えた冷凍麺の進化に、実際に食べてみた筆者は感動しきりだった。

この味を家で楽しめる幸せ

今もなお、進化し続け、人々を魅了してやまない奥深いラーメンの魅力。
有名店の味を忠実に再現した、「日清推し麺!」シリーズは、ラーメン好きの夢を叶えてくれる、情熱のこもった逸品だった。
東西の有名店の美味しさを手軽に家で食べ比べできる贅沢を、ラーメン通はもちろん、そうでない人にもぜひ一度体験してみてほしい。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供/関連リンク
日清食品冷凍

日清推し麺!

 

今、あなたにオススメ
PAGE TOP