フジテレビ視聴率完全復活のカギは午後帯の再放送ドラマ撤退にあり

フジテレビが一時期の低迷を脱しつつある。
7月〜9月期の連続ドラマ『HERO』『昼顔』が大ヒット。『HERO』のヒットに比例するように、『SMAP×SMAP』の視聴率も上昇。最近になって、『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ2イケてるッ!』という長寿番組の数字も回復中だ。
そして、10月の改編では、タモリ司会のトーク番組『ヨルタモリ』、フリーになった田中みな実アナ司会の『ニュースな晩餐会』といった目玉番組が始まる。このまま、かつての勢いを取り戻せるのだろうか。

最近ではゴールデン帯やプライム帯の視聴率で、首位を獲得する日もある。日テレの独走状態だった数ヶ月前から考えれば、フジが盛り返してきた印象だ。しかし、全日帯ではなかなか勝てない。
たとえば、9月16日(火曜)、フジはゴールデン帯14.2%、プライム帯12.7%で首位に躍り出た。日テレはゴールデン帯10.1%、プライム帯10.3%でいずれも民放2位。
これだけ離していれば、通常は全日でもフジが首位になるはず。しかし、全日で見ると、日テレが7.8%で首位。フジは7.2%で民放2位に終わっている。
『HERO』の最終回だった9月22日(月曜)は、ゴールデン帯15.4%、プライム帯16.3%と他局を圧倒して、堂々の首位。2位は、ともに13.1%の日テレだった。しかし、全日帯では同じ8.4%で、首位を分け合う形になってしまった。

テレビ界で重視されるゴールデン帯やプライム帯で圧倒しているのに、なぜ、全日帯になると追い抜かれてしまうのだろうか。

『バイキング』から『スーパーニュース』までの午後帯の視聴率が足を引っ張っているのだ。いくらドラマが当たったり、バラエティが復活したりしても、毎日放送する帯番組が悪ければ、全日視聴率で勝つことは難しい。フジの場合、『めざましテレビ』『とくダネ!』『ノンストップ!』までは好調で、同時間帯1位を取る日が多い。
それに反して、午後帯は他局に大きく引き離されてしまう。『バイキング』の不振に合わせて、後番組『ごきげんよう』も数字が落ちている。

そして、14時から約3時間もドラマを放送し続ける編成には、首を傾げざるを得ない。13時30分からのいわゆる昼ドラを含めれば、4本連続ドラマだ。
家にいる主婦が午後帯に、3時間半もドラマを見続けることは考えづらい。買い物に出かけることもあれば、夕飯の準備もしなければならない。その時間帯に、集中力の要するドラマを4本も見ることは、よほどのセレブでもない限り無理だろう。主婦ではなくても、3時間半連続でドラマを見る人は稀だ。
そもそも、ドラマを見たいなら、DVDをレンタルしたり、CSで好きなドラマの連続放送を見たりするはず。わざわざ、地上波のドラマにチャンネルを合わせる人は少ないのだ。

このような生活習慣からしても、午後帯は“ながら見”のできる情報番組が適している。日テレの『ミヤネ屋』が圧倒的に強いのもうなずける話だ。
一昨年と昨年、フジは『知りたがり!』『アゲるテレビ』という情報番組を放送していたが、低視聴率で打ち切りに。ドラマ枠に戻したが、数字は芳しくない。その影響が『スーパーニュース』にも出てしまっている。

午後帯の低迷は連綿と続いているのだ。
『バイキング』『ごきげんよう』は、なかなか結果に結びつかないものの、視聴率回復に向けて、新企画を打ち出している。一方で、14時からのドラマ再放送枠には、特に工夫が見られない。

情報番組『知りたがり!』が始まる以前、00年4月から12年3月までフジテレビの午後帯は、時間の長短はあれ、ドラマ再放送枠だった。長いときは今のように約3時間にわたり、ドラマを流していた。05年から09年にかけての出来事である。当時、フジテレビは視聴率3冠王を獲得している。
この成功体験に基づいたのか、情報番組が失敗に終わると、フジはドラマ枠に戻した。
しかし、この試みは前述のように成功しているとは言い難い。

11年の地デジ化で、BSの普及率が一気に高まった。
ビデオリサーチの「BS世帯普及率調査」によれば、BSデジタル放送視聴可能世帯は09年の50.4%から13年の72.4%までに上昇している。来年3月のデジアナ変換終了予定に向けて、その数字はさらに上向いているだろう。
05年〜09年当時は地上波しか観られない視聴者も多かった。しかし、今は無料でBSを観られる時代なのだ。その点を忘れてはならない。
ドラマの再放送をただ垂れ流しても、視聴者がついてくる時代ではないのだ。

いくらドラマやバラエティがヒットしようとも、平日14時からの3時間連続ドラマを止めない限り、フジテレビの全日帯視聴率上昇はありえない。ドラマは1時間程度なら効果があるが、3時間はさすがに長過ぎる。
たとえ苦戦が予想されても情報番組で勝負をするのか。それとも、新機軸を打ち出すのか。10月改編ではイジらなかったが、今すぐにでも変えるべき枠なのである。

 

今、あなたにオススメ
PAGE TOP