毎年人気の“舞い泳ぐ金魚”、今年も『マンダリン オリエンタル 東京』から登場!

1

5つ星ホテル『マンダリン オリエンタル 東京』は、2018年7月6日(金)から9月24日(月・振休)まで開催される日本橋地域の夏イベント『ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』の会期に合わせ、日本の夏の風物詩“金魚”をテーマとする2種のグラスデザートを期間限定で販売するそうです!

“金魚”が優雅に泳ぐグラスデザートとは?

『マンダリン オリエンタル 東京』が今年も発売するのは、グラスの中でひらひらと優雅に舞い泳ぐ“金魚”をイメージした2種のグラスデザート「アクアリウム」。1階『ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ』で販売されるそう。
グラスデザート「アクアリウム」は柚子ゼリーにバニラパンナコッタとマスカットを合わせ、水中に光る石を表現しました。そして「マンダリン オリエンタル 東京の水ようかん」はピンクグレープフルーツゼリーと水ようかんを組み合わせ餡子で浅瀬の水辺をイメージした“和スイーツ”です。(各700円(税別))

また、本年も38階『オリエンタルラウンジ』ではグラスデザート「アクアリウム」も楽しめる「アフタヌーンティー“サマー”」も提供されるとのこと。こちらも楽しみにしているファンの方は多いのではないでしょうか。

『ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』とは

『ECO EDO 日本橋』は、江戸時代に日本橋で育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジした様々なイベントを日本橋の街中で開催するという企画。

“見て”涼を感じる「金魚」・「提灯」・「花火」、“食べて”“香って”涼をとる「限定グルメ」、“着て”涼をとる「浴衣」、涼やかな音を楽しむ「風鈴」など、日本情緒溢れる納涼気分を五感で体感できます。

まさに日本の伝統と現代が融合されたようなユニークなイベント。
じとっと暑い日本の夏、伝統的な街・日本橋ならではの “涼”を感じてみてはいかがでしょうか。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP