Social Trend News

更新

久石譲全曲書き下ろし!「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」 2018年12月19日グランドオープン

ソーシャルトレンドニュース編集部

Creator

ソーシャルトレンドニュース編集部

Read more

Share!!

有楽町に新たなプラネタリウムエンターテイメント施設が開設!その名も、『コニカミノルタプラネタリア TOKYO』。2018年12月19日(水)から開業します!

世界的作曲家・久石譲さんによって作曲された壮大な音楽や、最新の音楽システム、DREAMS COME TRUEとのコラボなど、新たなエンターテイメント施設として期待大です!

テーマは「本当の宇宙」

『プラネタリア TOKYO』のテーマは、宇宙飛行士が体験した“本当の宇宙”!
日本人宇宙飛行士の土井隆雄さん、山崎直子さん、大西卓哉さんの3名の体験を元に、そこから見える宇宙のすがたを見ることができるのだとか。

久石譲キャリア初の全曲書き下ろし

そして何といっても『プラネタリア TOKYO』で注目したいのが、世界的作曲家の久石譲さんが全て書き下ろしたという楽曲!プラネタリウムの楽曲制作は自身のキャリアとしても初の試みとのこと。
「宇宙」をテーマにしたオーケストラ編成による壮大な仕上がりになっているとのことで、期待が高まります。

DREAMS COME TRUEとのコラボ

『プラネタリア TOKYO』のもう1つのオープニング作品として、なんとドリカムことDREAMS COME TRUEとのコラボも実現!

作品のテーマは“夜空を見上げ、星空に魅了され、星を知ろうとした人々の想い”。DREAMS COME TRUEの紡ぐ歌詩、メロディ、そして吉田美和の歌声が、本作品のテーマと重なり壮大なプラネタリウム作品を創り上げます。

最新の立体音響システム「SOUND DOME(R)」

『プラネタリア TOKYO』では、これらの楽曲を実際に目の前でオーケストラが演奏しているかのような、重厚かつ繊細な音響で楽しめるのだとか。

その秘密は、最新の立体音響システム「SOUND DOME(R)」にあります。

プラネタリウムドームの裏側に43個のスピーカーと、壁の背面に4個のウーハーが配置され、前後左右に加え上下や回転といった、きめ細かな音像移動を表現。

オーケストラによる演奏や環境音が忠実に再現されれていて、まるで“その場所”に居るような「リアルな体験」をすることができます。

宇宙飛行士が体験した「本当の宇宙」を、目と耳を使って楽しめる新たなエンターテイメント施設として誕生する『コニカミノルタプラネタリア TOKYO』。

最新の技術を駆使したプラネタリウムを早く体験してみたいですね!

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにおすすめ
PAGE TOP