オリックス・ドラフト1位!山崎福也の父親の「女性のタイプ」変遷が細かすぎる

今年も、明治大学の山崎福也投手という“2世選手”がドラフト1位でオリックスから指名を受けた。父親で、元巨人の山崎章弘氏は、いったいどんな選手だったのか。

選手名鑑研究家(選手名鑑評論家)で、ライターのシエ藤が『プロ野球選手名鑑』の『理想のタイプ』を元に、野球に興味のない人向けに、山崎章弘氏を紹介する。

:::::::::::

今年も、元プロ野球選手の父親のもとで育った“2世選手”がドラフト指名を受けた。オリックス1位指名の明治大学・山崎福也投手だ。
日大三高3年春の甲子園では、エースとして準優勝を果たした左腕。明大では2年春から先発を任され、六大学リーグ通算20勝を上げている。
先発左腕を求めていたオリックスでは、1年目から活躍が期待されている。

父親の山崎章弘氏は、長嶋茂雄監督第1次政権最後のドラフトとなった79年オフに、2位で巨人に入団。『打てる捕手』として、期待されていた。
王貞治監督時代の86年に一軍初出場を果たし、翌87年の日本シリーズ第2戦では、西武の先発左腕・工藤公康対策として、右打者の山崎は「9番・指名打者」でスタメン出場を果たしている。

だが、88年を最後に一軍出場から遠ざかる。当時の巨人は、山倉和博が正捕手。86年には、近鉄から有田修三が移籍。藤田元司監督就任の89年には、中日から中尾孝義が加入し、“捕手トロイカ体制”を導入。牙城を崩すのは、難しかった。
90年日本ハムに移籍し、翌年限りで12年間のプロ野球人生に幕を閉じている。
通算成績は、44試合出場42打数13安打7打点だった。

山崎氏のプロ野球生活を、駆け足で振り返ってみた。
ここからは、野球に興味のない人向けに、当時の『プロ野球選手写真名鑑』(日刊スポーツグラフ特別号)を元に、山崎氏を紹介しよう。

今も、選手名鑑には「好きな女性のタイプ」という項目がある。当時の名鑑は、今よりも詳細にわたって記述されていた。
『プロ野球選手写真名鑑』(日刊スポーツグラフ特別号)では、山崎章弘氏2年目の81年から、独身選手には「理想のお嫁さん像」(82年から「理想のタイプ」)という質問が設定されている。
いったい、山崎氏は何と答えていたのだろうか。
20歳の頃は、こう書いてある。

81年「常にスマイル精神があり背の高い女性」
82年「常にスマイル精神があり背の高い女性」

今で例えるなら、大林素子辺りか。“スマイル精神”という表現に時代を感じるが、おそらく河合奈保子の『スマイル・フォー・ミー』でも聞いていたのだろう。
4年目になると、突如として要求が高くなる。

83年「浅野ゆう子のように脚が長くスタイル抜群、しかも男性に尽くす家庭的な女性」

当時の浅野ゆう子は、トレンディードラマを始める前の23歳。企業のキャンペーンポスターで、スタイルの良さを見せつけており、山崎氏も心変わりしてしまったのかもしれない。だが、わずか1年で、またもやタイプが変化する。

84年「早見優のように明るくてオシャレな感じの女の子」

浅野ゆう子が早見優に変わり、「しかも男性に尽くす家庭的な女性」という部分が削除されている。さすがに、あまりに完璧を求め過ぎたと考えたのだろうか。
毎年のように変化を見せていた「理想のお嫁さん像」だが、85年以降、一貫してある人物を推すようになる。

85年「十朱幸代タイプの日本的熟女」
86年「十朱幸代タイプの日本的熟女」
87年「十朱幸代タイプの日本的熟女。でもぜいたくは言いません」
88年「十朱幸代タイプの純和風美女」

いったい、何があったのだろうか。

あくまで推測になるが、85〜86年、「十朱幸代タイプの日本的熟女」を狙ったが上手く行かなかったのか、87年に「でもぜいたくは言いません」を加えているところも、気にせずにはいられない。
そして、88年には「日本的熟女」を「純和風美女」に言い換え、熟女からの脱皮をアピールしたものの、十朱幸代好きは変わっていない。
89年に山崎氏は結婚。よほどの年上と結ばれたのかと思いきや、同い年の女性を伴侶にしている。

参考までに、山崎氏の挙げた「理想のタイプ」と自身との年齢差を列挙しておこう。
浅野ゆう子 1歳年上
早見優   5歳年下
十朱幸代  19歳年上

全般的な熟女好きではなく、単に十朱幸代の熱烈なファンだったのだろうか。いずれにしても、84〜85年にかけて、山崎氏が十朱幸代を好きになる出来事があったのだろう。

選手名鑑研究家の私としては、来年、息子の山崎福也投手が「好きなタイプ」にどのような名前を挙げるのか、気になって仕方がない。

今、あなたにオススメ
PAGE TOP