実はその歴史50年超…動物と触れ合う「アニマルセラピー」実験動画

「アニマルセラピー」、それはかわいい動物たちとの触れ合いによって、精神的な不安を取り除くセラピーの1つです。今でこそその効果が注目されるようになりましたが、もともとアニマルセラピーが始まったのは1950年頃といわれ、意外と歴史が長いのです。

■超癒される謎のボックス

今日はそのアニマルセラピーの最前線ともいえる動画を皆さんに紹介したいと思います。日々のストレスに悩むあなた、ご自分がその場にいることを想像してご鑑賞ください。さあ、癒される準備はできましたか……?

作成者:SoulPancake

b1

日々ストレスにさらされる人々。

b2

この男性もその中の一人です。

b2_3

今までいろいろと試したみたが全く効果がなかったという人も、今日は騙されたと思ってこのボックスの中に入ってみましょう。

b3

b4

まずは靴をぬいで、

b5

ヘッドフォンをつけて、

b8

自分が落ち着ける場所に座ってみましょう。

b6

目を閉じて、

b7

ゆっくりと深呼吸をします。

b9

準備はいいですか?

b10

なんと! 壁の中から1匹の子猫が現れました!

b22

ウルウルした瞳でこちらを見つめます。

b11

いきなりの出来事にびっくりするお母さんと子供。

b12

さきほど険しい表情を浮かべていた男性もあまりの可愛さに子猫とキッス。

b13

こんな遊び道具もあります。毛玉を追っかける猫ちゃんはとても可愛いくて癒されますね。

b15

もちろん1匹だけではありません。どんどん数が増えていきます。

b14

道行く人々も、不思議そうにその様子を見つめます。

b16

こちらの女性、「かわいすぎるー!」という気持ちがそのまま表情に表れていますね。

b17

セラピー後。とっても清々しい表情で感想を語る女性。

b19

こちらの男性はシャボン玉をふいています。まるで童心に戻ったかのよう。

b20

100点満点の笑顔をうかべる女性。こっちまで楽しくなってきちゃいます。

b18

こちらの親子もセラピーを満喫した様子。「もう一度したい!」とねだる男の子。

 

■  進化するアニマルセラピー

いかかでしたか。見ているだけで癒される動画でした。アメリカのあるペット用品販売会社が企画した今回のセラピーボックスですが、一体どこで撮影されたのか、今でもボックスがそのまま残っているのかは不明。

最近では、老人ホームにウサギやハムスターとの触れ合いが盛んに導入されたり、ストレスと戦う学生たちのために、キャンパス内で動物を飼う大学も増えてきているのだそうです。

また、ペットの代名詞とも言える犬や猫のほかに、アヒルやミニヤギなど、ユニークな動物をペットとして飼う人も増えてきているようで、彼らがセラピー業界の主役となる日もそう遠くはなさそうですね。今後、アニマルセラピーがどのように進化していくのかとても楽しみです。
(文:hyang)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP