王室御用達!?子どもでもオタクでもない 「大人のリュック」が「逆にオシャレ」で浸透中

■これがリュック?!

ご覧ください、このリュック。なんてかわいいのでしょう。わたしも初めて見た時には「え、これがリュック?」と思ったものです。そう、イマドキリュックはこんなにもカジュアルに使える鞄と化していたのです。

思えば最近大学でリュックを背負う学生をたくさん見かけます。20歳前後の女性のリュック所持率が格段に上がりました。電車に乗ればリュック、信号待ちでリュック。リュックを目にしない日はありません。はて、もともと「ヲタの持つもの」というイメージの強かったリュックが、なぜこんなにも一般に定着したのでしょうか。そのルーツはどうやら海の向こうにありそうです。

■発祥は韓国

もともと、韓国の大学生はリュックスタイルの通学が多いことから発展したという「かわいいリュック文化」。ファッション大国大韓民国ですから、従来の子どもっぽいデザインでは飽き足りなかったわけです。ファッションスナップを通じて、そのスタイルが日本にも取り入れられるようになりました。

インターネットで「リュック」と検索すれば、革製のコンパクトフェイスから、その大きさすらかわいい大容量タイプまで、その通販ページが尽きることがないほどのラインナップ。かわいいレディースリュックの台頭に伴い、メンズリュックもどんどんおしゃれ化、かえって女性陣がメンズものを購入するケースもあるほどです。

■小さいものから大きいものまで

では、今どんなリュックが流行しているのか、ご紹介いたします。

先の写真はAxes femmeのリュック。裏地がチェック柄で、開けた時のかわいさが半端ありません。写真の彼女曰く、こちらのリュックはA4がジャストサイズとのこと。ノートやプリントなどB5、A4サイズ使いが多い大学生にはピッタリですね。

また、最近の女子は「アイコンバッグ」と呼ばれる、おサイフとハンカチだけを入れるような小さい鞄を持ちますが、こちらもリュック化しています。背中にちょこん、と下がっているスタイルを見かけることが増えました。

image2

お次はメンズバージョン。アウトドアや登山グッズのThe North Faceのリュックです。このリュック、通称「大人のランドセル」と呼ばれているそうで、30リットルの大容量。所有者曰く、A3まで入ると言うのですから驚きです。パソコン用ポケットもあり、外身は水に強い素材。それでいながら、めちゃくちゃかっこいいデザインフォルムと背負いやすさを両立させています。カラーバリエーションも豊富で、ピンクが入ったバージョンを背負っている女性を見かけたこともあります。

近頃話題なのが、スウェーデン王室御用達ブランド・フェールラーベンによる「カンケンバッグ」。トートバッグのような持ち手がついたこちらのリュック、北欧初の独特のカラーヴァリエーションに惚れる人がじわじわ増えている模様です。

また、芸能人・有名人に人気のMarc Jacobsや、LongchampにLANVINといった海外高級ブランドから、SnidelやLAWRYS FARMのようなカジュアルラインまで、数々のブランドがリュックを販売しています。

■メリットと注意点

リュックで気になるのが、人の邪魔にならないかどうか。The North Face愛用者からは、「電車でめっちゃ人とぶつかる…」との声もあります。リュックを背負う際は、「背面マナー」をお忘れなく。わたし自身「キミキミ、そのリュックの膨らみがわたしの顔面を打ちかねないのに気づいていないのかね!」とイライラしてしまう経験を日々しています。ちょっと意識を背中に持っていくだけで、小さなトラブル・イライラの種は改善されます。

そして、誰かのリュックが邪魔な時、優しく一声かけられるような心の余裕もほしいですね。邪魔になっている側は気づいていないだけ、「すみません通ります」と声をかければ、すぐさま「すみません」と言ってどいてくれることでしょう。舌打ちしながら当たり散らしていくイライラおじさまに会うと「カルシウム足りてないのかなぁ…」なんて思ってしまいます。

わたしは毎日楽器をリュック式に背負っていますが、朝の混雑している電車の乗り降りの際には、「わざとかな?」という勢いでぶつかっていく人も少なくありません。こんな時に背面をかばってくれるイケメンがいたら、今日も1日がんばれるなぁ……と思いながら自分を慰めます。周りの人への配慮はしつつも、鮮やかなリュックで軽やかな通勤・通学ライフになったら楽しいですね! わたしは今日も、缶バッジがたくさんついた楽器ケースを背負って出かけます。

(文:原田真帆)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP