ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
チェリーについて

吉川晃司・泣いて曲づくり「イン・ザ・ヒーロー」で8年ぶりヒーロー映画主題歌

唐沢寿明主演の映画『イン・ザ・ヒーロー』(武正晴監督、配給:東映)のキックオフ会見が東京国際フォーラムで行われた。
本作の企画は『パッチギ!』『フラガール』などで知られる李鳳宇氏。「陽の当たらないところに光を当てる映画作りをしてきた」という彼が今回スポットを当てたのは、スーツアクター。ヒーローのスーツの中で顔を隠して演技する、まさに陽の当たらない存在である。

主演を務めるのは、過去に東映アクションクラブでスーツアクター経験のある唐沢寿明。脚本を読んだときは「自分の話かと思いましたね」と言い、アクター時代を「自分のことは誰かが見てると信じてた時代」と振り返った。

また、主題歌『Dream On』を歌うのは吉川晃司。2006年に『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』の主題歌を担当したり、2009年の『仮面ライダーW』にはライダー役として出演するなど、東映ヒーローと縁の深い吉川。曲を作るために作品を見た際は「泣きましたね」と言い、「泣きどころでその役目が果たせなかったら創り手としてアウト」と作品へかけた想いを語った。

そして、脚本を務めたのは200万部超えのベストセラー『夢をかなえるゾウ』の水野敬也。本作は、今年上半期も『それでも僕は夢を見る』『人生はニャンとかなる!』といった著作がベストセラーランキングを席巻している彼の劇映画初挑戦作品となる。
“現実を変えるエンターテイメント”を標榜し、多くのベストセラーを出してきた水野敬也。本作の手応えと今後の目標を聞かれ「本から顔をあげたときや、映画館を出たときに世界の見え方が変わるような作品を作っていきたい」と語った。

監督・脚本・プロデューサー・主演俳優・主題歌歌手と、役割は違えど、全員の熱い想いが一方向に向いているように感じられたキックオフ会見。
『イン・ザ・ヒーロー』は9月6日(土)より全国にて公開される。

『イン・ザ・ヒーロー』作品情報
主演:唐沢寿明 出演:福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ほか
企画:李鳳宇/監督:武正晴/脚本:水野敬也・李鳳宇
配給:東映/(C)2014 Team REAL HERO(RESPECT、東映、木下グループ、読売テレビ、中央映画貿易、文響社)
公式サイト:http://in-the-hero.com/

今、あなたにオススメ
ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
PAGE TOP