ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
チェリーについて

「福士蒼汰の吹き替えならやる」映画『イン・ザ・ヒーロー』会見で唐沢寿明・後輩を絶妙フォロー

作家・水野敬也による初脚本映画『イン・ザ・ヒーロー』(9月6日公開)の完成披露プレミアが11日、丸の内TOEI1で行われ、唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、杉咲花、加藤雅也、和久井映見、武正晴監督が登壇した。

本作は、ヒーロー作品のスーツアクターという、顔を出さずに“演技の吹き替え”をするアクション俳優たちにスポットを当てた物語。唐沢自身もかつてスーツアクターを務めた経験がある上に、一方の福士は、若手俳優の登竜門となっている『仮面ライダーフォーゼ』で主演を務めたこともあり、絶妙のキャスティング。

「海外からの映画オファーが来たらどうしますか?」という質問に、「是非、アクションもやりたいです」と答えた福士に対し、唐沢はすかさず「吹き替えは俺がやりますよ」と、劇中の役柄のようなコンビネーションで、後輩に絶妙なフォローを見せた。

22kaiken honoo22

そんな唐沢を、共演の寺島進は「50代のスター」と大絶賛。また、折しもこの前日に、モントリオールで開催された第18回ファンタジア国際映画祭で最優秀主演男優賞をとった“斬られ役”の福本清三氏にもふれた。

寺島は「福本さんの『どこかで誰かが見ていてくれる』という本も映画の中にうつっている』と、スーツアクターと時代劇の斬られ役、共に、映画界の中にいながらも、陽の当たらない役であることに絡めて解説。「71歳の彼を俺達は見習って頑張んなきゃいけない」と同い年である唐沢、加藤と共に誓っていた。

唐沢は本作を「アクションだけじゃなくて、最後は感動の方に持ってかれてしまう不思議な作りの映画」と評し、最後には「テレビドラマや映画は10本やってだいたい9本は外します。外したときに、相当色んなところから文句言われます。10本全部当てるのは難しい。でも、ひとつ当たるかもしれない、いいことがあるかも知れないと信じて僕らは頑張るんです」と熱いメッセージ。

「まあ、僕らがハズしてるのを見てネタにしてください!」とおどける唐沢からは、この作品は絶対にハズさないぞという熱気が感じられた。

 

【『イン・ザ・ヒーロー』作品情報】

主演:唐沢寿明 出演:福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ほか
企画:李鳳宇/監督:武正晴/脚本:水野敬也・李鳳宇
配給:東映/(C)2014 Team REAL HERO(RESPECT、東映、木下グループ、読売テレビ、中央映画貿易、文響社)
公式サイト:http://in-the-hero.com/

 

 

今、あなたにオススメ
ー3カ月前、童貞を捨てた。思ったほど、世界は変わらなかったー
PAGE TOP