夏の乾燥に要注意……紫外線ダメージを受けた肌には「Wのヒアルロン酸」が効果的!

kewtopia00

「肌の乾燥」と聞くと冬のイメージばかりが浮かびますが、実は夏こそ要注意!
強烈な紫外線が降り注ぐ夏は、お肌が深刻なダメージを受けがちです。冷房も肌を乾燥させる大きな原因の1つ。
汗や皮脂が多く分泌するので、一見しっとりしているような気がしている人も多いのでは?
しかし冬と同じくらいにしっかり保湿ケアをしないと、乾燥やシミに繋がり、後々大変なことに……!

“ヒアルロン酸”の保湿力に注目!

そこで今回は、保湿成分として有名な“ヒアルロン酸”に注目してみたいと思います!
 

そもそもヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は非常に高い保水能力があるということはすでに知られていますが、1gに対して、約6リットルの水分を保持するとも言われています。
もともと人間の細胞内に存在している物質で、皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分。つまり、体にとってとても大切な成分なのです!
 

ヒアルロン酸には“高分子”と“低分子”がある!

基本的にヒアルロン酸は分子が大きく、角質層の内部には浸透しにくい成分。
しかし近年は研究が進み、角質層に浸透する“低分子ヒアルロン酸”が開発されたそうです。
“低分子”は、使用感はサッパリ目で、水に近いのが特長。

kewtopia01

 
それに対し、“高分子ヒアルロン酸”は角質層に浸透しない分、表面に留まるのが特長。保湿力の継続時間が長めで、とろりとしていて、しっとりしたつけ心地です。

kewtopia02

2種類のヒアルロン酸は、目的に合わせて使い分けるとより効果的なんだそう。

キユーピーの“Wのヒアルロン酸”スキンケアシリーズ

例えばマヨネーズで有名なキユーピーから発売されている化粧品『キユートピア』シリーズ。

kewtopia03

“低分子ヒアルロン酸”を使ったミスト状化粧水『モイスチャーミスト』と、“高分子ヒアルロン酸”を使った美容液の『ピュアヒアロ』があります。
この“Wのヒアルロン酸”をうまく使い分けることで、“浸透”“持続”を実現しているのだとか。

kewtopia04

特に化粧水の『モイスチャーミスト』には、キユーピー独自開発の低分子ヒアルロン酸(ヒアロオリゴ(R))が高配合されているそうです。
ところで「キユーピーがヒアルロン酸を独自開発」……と聞くと、不思議に思う人もいるのでは?
実はキユーピーは食品会社でありながら、「ヒアルロン酸を研究して30年」という、業界の第一人者でもあるのです(これはトリビア!)。

話題の“機能性表示食品”も新発売

さらにキユーピーからは、6月12日に美容サプリメント『ヒアロモイスチャー240』が新発売されました。

kewtopia05

話題の新制度である“機能性表示食品”として発売され、美容では初めての商品なのだそうです。
中に含まれている“ヒアルロン酸Na”は、肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能があります。

今回紹介した『キユートピア』と『ヒアロモイスチャー240』を組み合わせれば、ヒアルロン酸を内からも外からも、習慣的に取り入れられそうですね。

内からも外からもヒアルロン酸パワーで、うる肌へ!

kewtopia06

ヒアルロン酸化粧品は多く展開されていますが、それぞれ使われているヒアルロン酸や、配合量が違っています。それ1つで済むこともあれば、普段使っている化粧品にうまくプラスして使うことも大切。
ヒアルロン酸をうまく取り入れつつ、乾燥を防ぐことができれば、夏の日差しは女性の美しさを後押ししてくれるはずです!

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■取材先/関連リンク
株式会社トウ・キユーピー/キユーピーアヲハタネットショップ

商品お問い合わせ先はトウ・キユーピーお客様相談室
0120-0365-52/http://www.blueflag.co.jp

今、あなたにオススメ
PAGE TOP