日焼け止めのおすすめはコレ!日焼け対策は紫外線だけじゃダメと判明

uvcare01

この季節、女性にとって欠かせないアイテムといえば日焼け止め。

でも、きちんと塗っているつもりなのにどうしても焼けてしまう……。
もしくは日焼けは防げても、肌トラブルが起きてしまう……。

今回はそんな女性のために、正しいUVケアに関する知識をまとめてみました。
そこから、紫外線“以外”もカットするという画期的な日焼け止めをおすすめしたいと思います。

「日焼け止め」の役割とは

健康的に焼けた女性も魅力的ですが、基本的に日焼けというのは皮膚の炎症のようなものです。
これが原因で肌の老化に繋がるので、日焼け止めは日常的に使うことをおすすめします。

日焼け止めの選び方ポイント3つ

今回は日焼け止めを選ぶ時にチェックすべきポイントを3つにまとめてみました。

まず、日焼け止めにはSPFとPAという数値がありますが、この2つの違いを簡単に言うと、「防ぐ紫外線の種類が違う」ということです。

【1】SPF値を見る

SPFは“紫外線UV-B”を防ぐ

紫外線UV-Bは、肌に炎症を起こす原因となる紫外線なので、きちんと防ぐことは必要です。
かといって数値が高ければいいというわけでもありません。SPFは肌に与える負担も大きく、乾燥の原因になることもあります。日常では日傘を使うこともおすすめです。

【2】PA値を見る

PAは“紫外線UV-A”を防ぐ

紫外線UV-Aは肌老化の原因になります。紫外線UV-Bよりも、肌の奥にまで届く紫外線です。しかもガラスなどもすり抜けやすいという恐ろしさ! 屋内にいても日焼け止めで対策することをおすすめします。

【3】赤外線を防げるかどうかを見る

そして実は、これがあまり知られていない事実。
日光の中には紫外線の他に赤外線も含まれており、これもきちんと防がないといけないということが近年わかってきています。
SPF、PA値に加えて、パッケージに“赤外線カット”と書いてある日焼け止めがおすすめです。

赤外線って、いいの?悪いの?

“赤外線カット”の日焼け止めがおすすめと書きましたが、赤外線はこれまでずっと「美容や健康にいいもの」というイメージでした。
美容グッズやエステでもよく使われているのを耳にしますよね。

「あれ……じゃあ今までの努力は無駄だったの……?」
と、いうわけでは決してありません。

なぜ日焼けにおいて赤外線対策が必要なのかを専門家に聞いてみました。

太陽光の赤外線はしわ・たるみの原因になる

「最新の研究で太陽光に含まれる赤外線は、紫外線同様、肌にダメージを与えることが判明しました。
赤外線は紫外線よりも波長が長く、より肌の奥深くにまで浸透するため、メラニンの生成だけでなく、しわ・たるみ等の原因にもなるのです」

皮膚臨床薬理研究所(株) 中田和人様

uvcare02

つまり赤外線そのものが悪いわけではなく、“太陽光に含まれる赤外線”が、日焼けにおいてはよくないということなのですね。

紫外線は浴びた直後に肌のダメージが大きいですが、徐々に減少していくそう。それに対して、赤外線は日を追うごとにダメージが増加していき、これがたるみの原因になってしまうのだとか!

数年後の自分を想像すると、赤外線対策の大切さを痛感しますね……。

話題の最新日焼け止めをおすすめ!

今年発売の日焼け止めには、赤外線カットができるものがいくつかあります。
ただ、全体的に少しお値段は高め……。
そこで今回は、比較的お手頃価格の商品を紹介します。

オフィスオーガスタ UV ハンター

uvcare03

クリームタイプ(¥2,700[税抜])と、泡タイプ(¥1,600[税抜])が販売中です。

クリームタイプはSPF50+、PA++++という高スペックなのに、サラッと軽いつけ心地。しっかり伸ばせば白浮きもしません。

uvcare04

専用クレンジングが不要なので、楽な上に肌に負担がかからないのもいいですね。

また、薬用美白スキンケア処方でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐのも大きなポイント! 真夏の日常使いにおすすめです。

泡タイプは、肌にのせるとパチパチ弾けて新感覚。

uvcare05

ひんやりするので、レジャー先などで塗り直すのにいいかも。

めざせ絶対に焼かない美白肌!

今回紹介した内容を参考に、本当に自分自身に合った日焼け止めを選び直してみてはいかがでしょうか。

透明感のある美肌を目指すためには、どうしたって日焼けは大敵なのです。
美肌の第一ステップは、ここからと言っても過言ではないかも……!

■提供/関連リンク
株式会社オフィスオーガスタ/UVハンター

今、あなたにオススメ
PAGE TOP