ネット上で賛否両論のリア充ポーズ「六芒星ポーズ」とは

この世にはリア充しかできない写真の写り方があるのをご存知でしょうか。
以下をご覧ください。

rokubousei
(作成元:http://yumecawaii.com

今、いちばん「やりたい!」と言われているこの六芒星ポーズこそが、いつメン(いつも一緒にいるメンツ)が6人以上いる人でないとつくることが出来ないという、なんとも非リア泣かせのポーズなのです!!(筆者も撮影を試みましたが、人が集まりませんでした……)

今、ゆめかわいいファッション界では六芒星ブーム

このポーズの元ネタは1940年代に中東のとある国の少年兵たちがユダヤ教徒をアピールするために撮ったとされる記念写真からなのですが、日本の若者たちがどうしてこのポーズを見つけたのかについては分かりません。

しかし、このポーズが流行しているのには、ゆめかわいいファッション界での六芒星ブームが背景にあるのではないかと考えられます。六芒星は以前、レゲエファッションのモチーフとして使われていたため、暗い色と合わせることが多かったのですが、最近は「メルヘン+病み」という要素で作られている、ゆめかわいいファッションで使われるようになったため、ピンクや薄紫などの明るい色と一緒に使われるようになりました。

ゆめかわいいファッションは、先述したように、メルヘンと病みの要素が混ざったもので、パステルカラーでふんわりしたイメージのなかに薬や血液、死といったブラックなモチーフを合わせているのが特徴です。ゆめかわいいを好む人の中には、童顔でかわいい女の子が顔にピアスをたくさん開けていたり、かわいいモチーフをリストカットに取り入れたりしていて、彼女達は「病弱女子」の究極とも言えるでしょう。

ちなみに、iOSの絵文字ではなぜか紫色の四角形の中に白字で六芒星が描かれているので、ゆめかわ女子は多用しています。今、ゆめかわ女子を見分けるならコレでしょう。

そして、ゆめかわ女子に憧れる女子高生たちが次々と「六芒星ってかわいいよね!」と言いだすようになり、さらに団結力や仲の良さをアピールすることが出来るこの「六芒星ポーズ」にハマったのではないかと思います。そして、このポーズは女子高生だけでなく、大学生やママ友にまで波及していったのです。

「宗教色が強すぎる」と批判の声も

ただ、このポーズができない非リアたちからは、暗い過去の多いユダヤ教のモチーフを使っていることや、元ネタとなっている写真の歴史的背景の解釈を用いて批判している人も少なくありません。Twitterでは、「六芒星ポーズは暗い歴史背景を持った元ネタが利用されているので記念写真で用いるのはやめましょう。歴史的なことの詳細はググれカス!」という内容の長文ツイートにより注意喚起が呼び掛けられていたりします。この横暴な言い方に、某大型掲示板でも「このポーズとこの注意喚起はどういう意味?」というスレが立っていました。

日本では元来、魔除けとして使われていることから中二病モチーフとして見られている

ということで、同じ非リアの中でも、日本では同じマークが「籠目紋」と呼ばれ、昔から魔除けの意味で使われていることから、言うなれば、ヤンキーがネット上のハンドルネームのうしろにつけたりする「卍」と同じ扱いをしているとの見方をしている人もいます。

さまざまな見方をされているこのポーズですが、筆者はInstagramで「#六芒星ポーズ」「#ヘキサグラムポーズ」、「#ダビデの星」(どれも六芒星ポーズの言い換え)で出てくる写真を眺めている中で、高校生たちが男女込みでこのポーズをしている写真が数枚あったことに「こんなの、絶対片想い同士が手をつなぐための口実になるじゃん! 笑顔で写真撮りながら皆ちょっとドキドキしてるんだろ!!」と羨ましすぎて、むしろこっちの方が爆発しそうでした。

(文:たなかもみこ)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP