インテリアとしても優秀!“光るテープ”で秋の夜長をいつも以上に楽しむ♡

「秋の夜長」は、太陽が出ていない時間が1年で1番長くなる季節を指す言葉です。
長い長い秋の夜、涼しくなってきて自宅で映画やゲームを楽しむ人も多いでしょう。

その際、皆さんは部屋の照明を落としますか?
部屋を暗くすると、映画館やゲームセンターのような臨場感を得ることができ、明るい部屋以上に映像を楽しむことができます。待ちに待っていた作品であればあるほど、ついついやりたくなってしまいますよね。
でも、暗い部屋で映像を見続けるとなると、気になるのは視力の低下……。

暗い中でテレビを見ると、なぜ目が悪くなるの?

暗い部屋で映像を見ることで視力が低下してしまうのは、目の疲労が原因です。
通常、瞳孔は光に反応して閉じたり開いたりします。暗い部屋では少しでも光を集めようとして瞳孔が開いた状態になるのですが、そこで映像を見ることで画面の光に反応し過剰な開閉が起きてしまうのです。これが目にとっては酷使となり、視力の低下を招くことに……。

だけどもし、目への影響を気にせずに臨場感のある中で映画やゲームを楽しめる方法があったら嬉しいですよね。

インテリアにも◎目のストレスを解消する間接照明

暗い環境での映像鑑賞で視力低下を予防するためには、画面とその周辺の明るさのコントラストを減らすことが必要です。

そこでおすすめなのが、インテリアとしてもお洒落なUSB接続LEDバックライト「Luminoodle TV Backlight(ルミヌードルTVバックライト)」。
液晶テレビやPCモニターの背面に取り付けることで、テレビやモニター周りをふんわりと照らします。

「Luminoodle TV Backlight」はライトを埋め込んだテープになっているので、取り付けも簡単。
また、テープは画面の大きさに応じて選べるよう全長2mと3mの2種類あり、5.5cmごとにカットポイントも設けられているため最適な長さに調整が可能です。

映画やゲームは、環境を整えることで楽しみも倍増します。
今年は部屋のお洒落にもこだわりつつ、臨場感のある映像を楽しむ秋の夜長を過ごしてみませんか?

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

Luminoodle TV Backlight

今、あなたにオススメ
PAGE TOP