六本木ヒルズ内に突如雪山が! 「ストリートスノーボード」今週土曜日開催!

いよいよ今年も寒い冬が到来。ウインタースポーツファンが待ちわびた胸躍る季節がやって来ました。スキーと並んで、日本でポピュラーなウインタースポーツといえば、やっぱりスノーボードですよね。そんなスノーボードカルチャーの中で近年注目を集める「ストリートスノーボード」。

整備されたゲレンデで滑走する普通のスノーボードとは異なり、雪が積もった街を舞台に、手すりや階段を使ってトリックやグラトリなどのさまざまな技を披露するニュースタイルのスノーボードです。

こちらが実際の様子。

作成:Best GoPro Channel

スノーボードはもともと、スケートボードのようにファッションや音楽などのいわゆる「ストリート系」の文化が強く根付いたスポーツなので「ストリートスノーボード」と聞いてもやけにシックリきますよね。

しかしながら、そのパフォーマンスは想像を遥かに超えてスリリング。

不安定な手すりや階段などの上を滑るため、激しい転倒は当たり前。しかもゲレンデとは違って雪の下がコンクリートの路面なので、ちょっとした転倒でも大怪我につながりやすいというリスクもあるのです。

作成:Kanal von SVDsnowboard

そんなストリートスノーボードの世界最大規模といわれるコンテスト「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」が、11月15日(土)に東京で開催されます。
競技用の特設コースが作られるのは、なんと「六本木ヒルズアリーナ」。
100トンの雪を使った、高さ9m、全長40mのコースには、トランスファー、ギャップとステップからのダウンレール、ブラントストール、DFDレール、レッジ、ウォールと多彩なオプションがあり、世界から集まるプロスノーボーダーを迎え撃ちます。

東京のど真ん中に雪のコースが出現するだなんて、それだけでも興奮してしまいますよね。

実はこのコンテスト、今回で4回目の開催。去年の模様がこちら。

作成:Burton Snowboards

昨年は日本人の阿部祐麻さんが2位に入り、集まった5,000人の観客を沸かせました。

観戦は無料なうえに、子ども向けパークでのスノーボード無料体験や、個性派アーティストによる、特設ステージを使った巨大ペイントなど、スノーボードカルチャーを存分に感じられるコンテンツが満載!

スノーボードファンでなくてもお祭り気分で楽しめる大注目のモンスターイベントです。

 

BURTON RAIL DAYS presented by MINI
日程:2014年11月15日(土)
場所:六本木ヒルズアリーナ
住所:東京都港区六本木6-10-1
観戦:無料

スケジュール
11:00 キッズコーナー、スポンサーブースオープン
17:00 コンテストスタート
19:30 イベントクローズ
※スケジュールは変更される場合があります。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP