500円で買えるオシャレな「オトナ文具」3選

学生の皆さんはそれぞれに試験をこなし、春を待ちわびているのではないでしょうか。今日は新社会人にも新大学生にも、そしてもちろん現役の大学生・高校生にも役立つ、“Around\500”のおしゃれな文房具3選をお送りします。

と言うのは、どうも今年は「おしゃれ文房具がキテる!」のです。昨年から“こだわり文房具”を特集した雑誌が多く見られ、また2012年にオープンした『文房具カフェ』が人気継続中。世の中の“文房具熱”の高まりを感じます。

しかし世に言うおしゃれ文房具はペン1つ買うにも、野口英世が何枚も必要なくらい、R20世代の我々にはちょっと高価です。そこで今回は“ちょっぴり文房具マニア”を自称するわたくしが、500円なのに「高級見えする文房具」をご紹介! 春休みのうちにおしゃれ文房具を購入して、スタートダッシュを切りましょう。

■手元はよく見えるから…\500

stationary1

ぱっと見\2000のボールペンに引けを取らないというか、見間違えるくらい落ち着きを醸し出しているこちらのボールペンは、『ゼブラ』のフォルティアという商品。

ノックタイプやスリムモデルもありますが、ちょっと背伸びしたいアナタにはふた付きタイプがおすすめ。

人前で書類にサインをする時、100円ボールペンよりも絶対かっこいいと思いませんか? しかもふたを取るという、言ってしまえば余分な動作が、オトナの余裕を演出します。

価格 \540(税込)
ボール径 0.7mm
インク色 全て黒

■大学ノートもいいけれど…\430

stationary2

大学ノートと呼ばれるくらいですから、「大学生が使って何が悪い」というところですが、ここは海外の大学生が使っていそうなロールバーンのノートはいかが?

ロールバーン“Rollbahn”とはドイツ語で滑走路という意味だそうで、日本のおしゃれ文房具メーカー『デルフォニックス』のロングセラー商品。一見ドイツ風な配色で、海外文具かと思わされます。カラーバリエーションは14色、サイズは10種類が展開されていて、また、限定版も時折出るため種類が豊富。個人的に、紺色はドイツの航空会社『ルフトハンザ』のロゴの色に似ていて、かっこいいと思います!

このノートの何がすごいって、リングにペンが挿せ、中にポケットがついていて、1ページずつハギトリ用の点線が入っているというサービスのきめ細やかさ。これ1冊持っていればたいていのことはまかなえる、ハイパーノートなのです。

\270~\1620(税込)
サイズ 全10種類
カラー 全14色
定番のLサイズ(A5より少し小さめ)は¥464(税込)

■スマートに見せたいなら…\560

授業や会議のレジュメやら資料やら、A4のコピー用紙に煩わされる毎日、気がつけばクリアファイルはいっぱいだったり、中身を落としたり……。

なら、ふたをしませんか?

image

こちらの写真右側は、『ナカノ』という、音楽雑貨などを制作・販売しているメーカーの商品で、A4シートケースというもの。もとは楽譜を入れておくのに便利なケースですが、楽譜はA4変版サイズなので、これならたいていのプリント・ノート類は収まりますし、A4のクリアファイルごと入れることもできます。

staitionary4

何よりかっこいいのが、ポケット右下のロゴ。金色でト音記号があしらわれていて、高級感があります。

\605(税込)
サイズ 336×256mm
素材 PVC、ブラス

■どこで買えるの?

今回ご紹介した3つの商品、どこのメーカーもLOFTや伊東屋など、大手文房具店で取り扱いがあります。
(ただし在庫があるかどうかは店舗によります)

文房具は安いものから高いものまで、その価格の幅が広く、安いものも快適に使えてしまうからこそ、その人の選択にこだわりや趣味が見えるところです。

憧れの先輩が“オトナ文具”を使っているのを見ると、キュンとしちゃいますよね! ご紹介した商品のほかにも、¥500クラスの価格帯で買える“オトナ文具”は意外にいろいろあります。お気に入りの文房具を見つけて、新生活・新学期は“新相棒”と始めましょう!

(文・原田真帆)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP