男子にも読んでみてほしい、女子心がわかるエッチな漫画3選

いい加減、世の男たちには気づいてほしいのです。
「女にとって大切なのは“何回打った”とかそんなことじゃない。
そこに至るまでの “モノローグ”なんだよ!」ってことを。

※打つ……世のヤリ○ンの間ではSEX行為のことを指すそうです。

少女漫画と少年漫画における価値観の違い

少女漫画をこよなく愛している筆者。
少年漫画も好きですが、圧倒的に物足りないものがあります。
それは男女の営み……つまり“ヤる”までに至る“心の描写”。

行為そのものよりも、女性はそこに至るまでのプロセス、情緒の方を重要視しているので、漫画にしても、そこに割くページ数のボリュームが多いのです。
なので、少女漫画に慣れた状態で少年漫画を読むと、
「え、もうくっついちゃうの!?」
「どうしてそうなったのかが気になるんですけど!!」

と、ヤキモキすることが多々あります。
その度「ああ、これが男女の感覚の差なんだなあ……」とも思ったり。
ですが反対に男性が少女漫画を読めば、微妙な“オンナゴコロ”を少しは理解する材料となるのかもしれません。

ということで、今回は男性にもぜひ読んでほしいくらい「心理描写が秀逸な女性向けエッチ漫画」を紹介したいと思います!

心理描写が秀逸!女性向けエッチ漫画3選

【1】S-friends~セフレの品格~(著:湊よりこ 双葉社)

manga01
S-friends~セフレの品格~(1) (ジュールコミックス)

「ちょっとストレートすぎやしないか……!?」というタイトルですが、電子書籍の売上ランキングで1位を多数獲得するなど、売れまくっている人気作です。

36歳、バツ2で子持ちの主人公が、同窓会で再会した初恋の相手 (イケメン産婦人科医)と一夜をともにしたことがきっかけで、セフレの関係になっていく物語。
ずっと“男女”でいることの悦びと困難さを、大人の女性を取り巻く職場や子育て、病気のことも交えて、リアルに描いています。

“セフレ”という、一見情緒がないように思える関係がテーマではあるのですが、「女性が男性に求めるもの」とは何なのかを、驚くほど繊細な心理描写から感じ取れる作品です。
絵も女性らしい美しさがあり、基本的な画力が高いので、エッチな漫画なのにどこか清潔感があるのも素晴らしい!
元々はエロ漫画に嫌悪感を持っていた筆者も、「女性の性欲って、恥ずかしいことじゃないんだ! むしろ向き合うべき、人間らしい姿なんだ!」なんて思いながら読めました。

【2】野獣オトコは本能むきだし(著:美波はるこ ZITTO)

manga02

野獣オトコは本能むきだし 第1巻 (セキララ文庫) [Kindle版]

表紙・タイトルともに女性であっても手にとるのは人目をはばかってしまうようなこちらの作品も、電子書籍で累計600万DL超えという人気作。

都会の社畜OL生活に疲れ果て、何の縁もない田舎でナチュラルライフを送ろうとIターンした主人公が、野獣のような地元の農業系イケメンといきなりヤッちゃう話。
そしてそのままなんとなく同棲することになって、なんとなくの関係のまま田舎に定着していく……という、ザックリまとめるとそんな話なのですが、「なんとなくの関係」に悩むオンナゴコロや、それでも求められると嬉しくなっちゃうオンナゴコロのメカニズムが、読んでいるうちにちょっぴりわかる気がする作品です。

あとはとにかく、“野獣”の農業系イケメンがかっこいい! 口数少なく、強引に引っ張って行くワイルドさ、最高です……!
とはいえ、いきなり普通の男が野獣に変わっても「ウザイ」と一蹴されてしまう危険が高いので、世の男性はぜひこの作品を読んだうえで、女性が喜ぶ“程良い野獣的迫り方”を感じ取ってみてほしいです(という無茶ぶり)。

【3】野獣は激しく奪う(著:水谷京子 白泉社)

manga03

野獣は激しく奪う 1 (花とゆめCOMICS)

「また野獣かよ!!」というツッコミが入りそうですが、それだけ女性は潜在的に「食べられたい」と思っているということでしょうか……。

会社で『鉄の処女』と呼ばれ、実際29歳にして処女という地味系OLの主人公が、ヨーロッパ駐在所から帰ってきた超有能イケメン上司と同じ寮に住むことになり恋に落ちるという話。

今回紹介した3作品の中では一番「ありえないだろう」感が強いかもしれません。
これを読むと、大人になってから恋を始めることの難しさも感じつつ、こんな“ありえない”少女漫画的展開は、いくつになっても女性の夢なんだなあ、と思い知らされます。

電子書籍でコッソリ浸って読むのがおすすめ

ということで、「心理描写が秀逸な女性向けエッチ漫画」を3つ紹介しました。
今回、「オンナゴコロを男性にわかってもらうため」なんて、ちょっと上から目線な思惑で作品をチョイスしたわけですが……冷静になってみると、3作品とも、男がハイスペックすぎましたね。
このままだと、「行為に至るまでの過程や心理描写が大切」なんて言っておきながら、結局は顔と金かよ!とツッこまれてしまいそうなのですが、まあ……。
そういうことなんでしょうね。
結局はそれがオンナゴコロということかもしれません。

そんなところも含めて女性のリアルな願望が、こと細かく描かれているのがエッチな漫画の良さもでもあるかと思います。
普段はいい子ぶって欲望を隠している女性たちは思いっきり共感していただいて、男性たちはドキドキの別世界をのぞき見るつもりで読んでみてはどうでしょうか。

ちなみに、今回紹介した3作品は書籍でも発売されていますが、いずれも電子書籍で人気を博している作品です。
いきなり男性に「エッチな少女漫画を本屋で買って勉強して!」と言ってもハードルが高いと思いますので、電子書籍で読むことを強くおすすめします!

(文:佐藤由紀奈)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP