池松壮亮と菅田将暉が“「喋る」だけの青春”『セトウツミ』の短編ムービーが公開!

特報は2分間の撮り下ろしムービー!?原作者描き下ろし&大森立嗣が演出

2月12日(金)、『セトウツミ』の特報映像が公開された。
今回、公開された『特報①けん玉』は、特報としては異例の約2分間にもおよぶ、オリジナルのショートムービーとなっている。

この映像は『セトウツミ』原作者である此元和津也が描き下した短編を、本編と同じく大森立嗣監督が演出をするという豪華な仕様。

特報は3パターンを予定しており、『特報②タイミング』、『特報③スタンディングオベーション』も順々に公開されるそうだ。

漫画『セトウツミ』と大森立嗣監督とは

特報も発表された通り、『別冊少年チャンピオン』で連載されている人気漫画『セトウツミ』(著:此元和津也)が大森立嗣監督(『さよなら渓谷』『まほろ駅前狂騒曲』)によって映画化され、7月2日から全国公開される。

原作は“関西の男子高校性2人が放課後にだらだら喋る”だけの物語。主な舞台は“行きつけの河原”だ。
そんな地味な設定にも関わらず、シニカルな“会話”の面白さや絶妙な“間”だけで物語を引っぱっていく“不思議な傑作”として漫画ファンの間で話題になっていた。

映画では、塾に通う秀才で、クールな内海役を池松壮亮。元サッカー部の天然な瀬戸役は菅田将暉が演じる。これからの日本映画界を背負うであろう若手実力派がダブル主演する。

大森監督の代表作『まほろ駅前』シリーズでは、多田(瑛太)と行天(松田龍平)の不器用ながらお互いを必要とする2人の関係に、世の中の“こじらせ男子”たちから共感と羨望のまなざしを集めた。
今回、再び大森監督が、旬な俳優を名コンビに仕立て上げることとなる。
“かっこいい男”のロールモデルが多様化している時代に、未だかつてない“平成いい男コンビ”をスクリーンに焼き付けてくれるはずだ。

中条あやみから宇野祥平まで、いまの日本映画界を実力で支えるキャストたち

本作はキャスティングも日本映画ファンにはたまらない豪華な面々がそろった。
瀬戸と内海と三角関係(?)を繰り広げる、高校のマドンナ・樫村役には人気急上昇中の中条あやみ。
原作漫画における樫村のセリフはコテコテの関西弁。実写化では“方言で話す”中条あやみが拝めるかもしれない。このキャラ設定は“中条あやみ”ファンにとっても見逃せないはずだ。
他にも、大森立嗣監督の『ぼっちゃん』で準主役を演じた宇野祥平。
『ゲゲゲの女房』や『ジョギング渡り鳥』(2016年3月公開予定)の監督であり、名わき役俳優としても活躍する鈴木卓爾。『ライチ☆光クラブ』でメインキャストを演じた岡山天音ら、実力派が名を連ねる。

原作漫画『セトウツミ』と大森立嗣監督作品の日常の陰をきちんと描くという親和性

2

原作漫画で見られる、彼らの現代版落語のような会話劇は、笑いどころばかりだ。
しかし作品全体を覆う空気は底抜けに明るいわけではなく、どこか物哀しい。

サッカー部で有望な選手だったにも関わらず、不良の先輩に無理矢理に部活を辞めさせられた瀬戸。
姉が優秀すぎて、勉強ができなければ愛されない家庭で育ってしまった内海。

加えて、多くの高校生が抱える、“将来へのぼんやりとした不安”や“それぞれの家庭の悩み”が2人の日常に陰を落とす。
彼らはそれらの問題をネタにしながら、時に無理に目をそむけ、今しかできない「親友との喋り」を楽しむ。
その設定が“いつか終わりが来る放課後の時間”に趣をもたらしている。
大森監督の作品も“笑いがあるのに、どこか哀しい”という点において、『セトウツミ』の原作漫画と作中に流れる空気が似ているのだ。

大森監督の代表作、『まほろ駅前』シリーズにも“陰”があった。
主人公の多田と行天、2人の根底にあるのは“中学時代のある事件の被害者と加害者”という関係だ。

大森監督も、キャラクター造形に暗い陰をしっかり内包させることで、人間味ある登場人物と物語を生み出してきた。
そんな、ただの娯楽にとどまらず、“スクリーンの中の世界”に実感をもたらせてくれる大森監督の作品に勇気づけられた人も多いはずだ。
“ギャグテイストでも、人間をキチンと描く”大森監督が原作をどのような映画に仕上げてくれたのか、公開が楽しみで仕方がない。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

【作品詳細】
『セトウツミ』
キャスト:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ 鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美/ 宇野祥平
監督:大森立嗣  原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
製作:橋本太郎 エグゼクティブプロデューサー:泉 英次 
プロデューサー:宮崎 大 近藤貴彦 
宣伝プロデューサー:小口心平
構成・脚色:宮崎 大 大森立嗣 音楽:平本正宏 撮影:高木風太 照明:秋山恵二郎 録音・音響効果:西條博介
編集:早野亮 衣裳:纐纈春樹 ヘアメイク:寺沢ルミ VFX:田中貴志 スチール:三木匡宏 助監督:野尻克己
企画・製作プロダクション:アグン・インク 
製作協力:ハーベストフィルム 協力:堺フィルムオフィス
製作・配給:ブロードメディア・スタジオ
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会  www.setoutsumi.com

今、あなたにオススメ
PAGE TOP