ももクロは「*」でAKBは「ω」!? アイドルグループ別顔文字&ネット活用分析!

 

テレビに映れなくても、ステージで一列目に立てなくても、インターネット上ならいくらでもファンの視線を集められる。

そんなアイドルの女の子たちの必死な思いが詰まっている場所が、ブログだ。「今日のお昼ご飯はカレーだよ」「今はメンバーの○○ちゃんと遊んでいるよ」など、ちょっとしたことでも文章にしてファンへ発信していく。そう、現代のアイドルがアイドルでいるのは舞台上だけではない。朝起きてから寝るまで、ファンと繋がりのある環境に居続けるのが現代のアイドルなのだ。

最近では発信の手段はブログだけでなく、Google+やTwitterなどSNSを活用するアイドルも多い。これはグループによって違いがあり、その結果グループごとで内容に特徴が見えることもある。
今回は5つの人気アイドルグループのインターネット活動の特徴を分析。さらにブログに個性を加える「顔文字」が上手なメンバーを各グループからピックアップ!可愛い顔文字は女子としても参考にしたい。
<AKB48グループ>
【使用ツール】個人ブログ(ameba等)、Google+、Twitter、モバイルメール(メール配信サービス)など
【傾向】主に簡単に投稿できるGoogle+を活用するため、顔文字が少なく短文も多い。彼女から彼氏に送るメールのような内容で、「行ってきます」など細かな近況報告が続く。
【顔文字】渡辺美優紀の場合
(。・ω・。) (-ω-) (*´∀`*) (●´∀`●)/
可愛らしい印象になる「ω(オメガ)」の使用が多い。

<乃木坂46>
【使用ツール】個人ブログ・モバイルメールなど
【傾向】劇場公演がなく、ファンにアピールする機会が少ないため、ブログには写真を多く載せたり、質問に答えたりとそれぞれの工夫が見られる。
【顔文字】秋元真夏の場合
ヽ(〃v〃)ノ (`・v・´)ゞ (。・ω・)ノ゙ (*σ・ω・`*)
女の子らしさが詰まった顔文字。AKBよりも凝っている。

<ももいろクローバーZ>
【使用ツール】個人ブログ(ameba)など
【傾向】元気なイメージそのままで、自分を飾らない内容・写真が多い。他グループのブログに見られる可愛く加工した写真がほとんどない。
【顔文字】百田夏菜子の場合
(*゜▽゜*) (*`・ω・´)ノ (´・∀・`) (*´艸`)
「*(アスタリスク)」が多く、テンションが高く見える。

<℃-ute>
【使用ツール】グループブログ(GREE)など
【傾向】加工写真が多く、顔文字よりも絵文字を多用していてカラフル。おしゃれなメンバーが多いため、ファッション写真を見に来る女性も多い。
【顔文字】鈴木愛理の場合
(。・_・。)ゞ (`・∀・´) (。・∀・)ノ (´・ε・`)
凡庸性がある顔文字。セットでハートの絵文字をつけることが多い。

<でんぱ組.inc>
【使用ツール】個人ブログ(ameba)など
【傾向】デビュー前からニコニコ動画に自作動画をあげるなどネット慣れしているメンバーが多く、ブログの使い方も一般ブロガーのように不特定多数を楽しませる内容。
【顔文字】藤咲彩音の場合
✧٩( ‘ω’ )و ✧ ⊂((・◇・))⊃ (「`>ω<)「 (・◇・)/~~~
ポップで個性的。特殊顔文字を頻繁に使う。

インターネットはコンサート会場よりも熱い場所?
コンサートや握手会に行かなくてもインターネットさえあればアイドルを応援できる時代になった。またアイドルたちもインターネットを使えばファンの心を掴むことができるようになった。たとえ上手く歌えなくても踊れなくても、熱心に思いを伝えればそれを受け止め応援してくれる人がいる。そうしてファンとの関係性を築いていくのがこの時代を生きるアイドルなのだ。彼女たちの個性が一斉にぶつかる“インターネット”という場所は、もしかしたらコンサート会場よりも面白いかもしれない。

 

今、あなたにオススメ
PAGE TOP