モテる女の心遣い術 男性からの「なに食べたい?」ベスト回答は○○!?

niku01

モテる女は「お肉」をねだる――。

もちろん、すべてのモテ女がそうなわけではないし、寿司をねだるモテ女だっている。
お肉をねだったからって、モテるとも言い切れない。

しかし、だ。気になる男性からの「なに食べたい?」の問いに対しては、今のところベターな回答ではないかと思う。
実際に、数々の男性からお誘いを受けることの多いモテ女から聞いた模範回答だからだ。

ではなぜ、「女性はお肉をねだるべきなのか」、もう少し深ぼりしてみたい。

悩める男性に、女性だって手を差し伸べるべき。

たとえば合コンで出会った男性。後日二人で食事に行こうとなると、お店選びは非情に重要だ。
お店の雰囲気、味、価格。どれか1つでも微妙だと感じてしまうと、まとまるものもまとまらなくなる可能性がある。

しかしこういった時、男性側にかかる負担は大きい。
“いいお店”を“スマートに予約できる”。今の世の中、これがモテる男のスキルとして求められてしまっているからだ。しかも支払まで全負担することもある。

これじゃあ、まっとうな感覚で見ればいくらなんでも男性側が気の毒に感じてしまう。
女性側だって、少しは男性側が動きやすいように手を差し伸べる必要があるんじゃないだろうか。

そこで大変便利なフレーズが、「お肉たべたい」なのだ!

女性がお肉をねだるとモテる3つの理由

【1】嫌いな男性が少ない

まず男性は、(その女性のタイプにもよるが)女性はみんな“イタリアン”だとか、こじゃれたお店を求めているのではと考えがち。
もちろん間違いではないけれど、“こじゃれた店”ってそれこそ評価基準が多岐に渡るし、絞り込むのが非常に難しいジャンルなのだ。第一、男性側が本当はあまり好きじゃないってパターンも多い。

じゃあ男性が好きな食べ物っていえば、やっぱり“お肉”でしょう。
女性から「お肉がたべたい」と伝えれば、「俺もお肉大好き!→気が合うね!→いい子だな!→付き合ったら楽しそうだな!」という、好印象ラインが生まれやすいはず。あくまで、はず!

【2】お店選びが楽になる

先ほど、「こじゃれた店は難しい」と書いたが、“焼肉”となると、一気にお店の絞り込みは楽になる。低価格・中価格・高価格で品質のランクがハッキリしているし、あまりそこと評価がビックリするほどかけ離れてるってことも少ない。
なので、後は立地だとか、目玉のメニューだとか、詳細ポイントでの絞り込みに集中できる。
これだけでも、お店選びはずいぶんと楽になる、はず。

【3】エロイ

最後に、これは結構な主観になってしまうのだが、「お肉が食べたいオンナ」って、なんか……エロイ
そしてオトコは結局、エロイ女が好きだと思うのだ(程度はあるけど、これは本能でしょう)。

niku04

つまり、デートの前にお肉をねだることによって「食事の好みが合う」「一緒にいて楽」「エロくてイイ女」。この3つのポイントを獲得できる!という説だ。肉女子最強説!

肉女子におすすめ最新バイブル

そんな肉女子には、さらなる肉力を高めるための資料を紹介。

niku05

2月15日発売の『おとなの週末』3月号(講談社)では、「今夜は少し興奮モード焼肉だッ!」「ここに行けば間違いなし!絶品赤身肉の三ツ星店」「カルビ、ロース、ハラミ……ゴク旨部位を堪能するならココ!」「焼肉奉行への道焼き方&部位図鑑」などなど、焼肉にまつわるエトセトラががっつり特集として組まれている。

niku06

ちなみに『おとなの週末』は、東京の美容室に置かれている確率ナンバーワンのグルメ誌らしい(おとなの週末編集部調べ)。
デートの前には、美容院で女子力を高めつつ、『おとなの週末』で肉力もアップ……。
これ、いいオンナへの最強ルートじゃないですか?

この記事を読んで「ほんとかよ」と疑ったアナタにこそ、まずは試してみてほしい。
肉女子最強説の真偽を!

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

今、あなたにオススメ
PAGE TOP